logo

「サービス化するビジネス・アプリケーションのビジネスモデルとSaaS市場の動向2007」を販売開始

SaaS/オンデマンドが創り出す新たなソフト・ビジネスの潮流を探る

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社マーケティングビジョン研究所(東京都千代田区)が提供する調査レポート「サービス化するビジネス・アプリケーションのビジネスモデルとSaaS市場の動向2007」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成19年6月11日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「サービス化するビジネス・アプリケーションのビジネスモデルとSaaS市場の動向2007」を販売開始

 ~SaaS/オンデマンドが創り出す新たなソフト・ビジネスの潮流を探る~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社マーケティングビジョン研究所(東京都千代田区)が提供する調査レポート「サービス化するビジネス・アプリケーションのビジネスモデルとSaaS市場の動向2007」の販売を開始しました。

【詳細URL: リンク


■■ 資料概要 ■■

インターネットを通じて、アプリケーション・ソフトウェア機能を提供するモデルは、従来ASPサービスとして存在していましたが、このASPサービスのなかから、よりユーザへのサービス機能を強めたものとして、SaaSと呼ばれる新しいサービスが台頭してきています。SaaSは、旧来のASPサービスでは見られなかった、(1)ユーザ側でのカスタマイズ、(2)他のアプリケーションとの連携が可能な点を強みにしており、こうしたサービス指向型のソフトウェアが今後、国内企業の間に浸透してくると考えられます。

こうしたSaaSモデルの先鞭をつけたのが、Salesforce.comですが、国内市場においても同社を始め、先行する米国SaaSベンダが進出し、また、有力ISVによるSaaSモデルへの一部展開も目立っています。

そしてこれらベンダとのアライアンスを図るSIer/ソリューションベンダやiDC/通信キャリアなどもSaaSベースによるビジネス展開が構想され、また、国内ベンダもSaaSモデルへの展開を計画しており、今後数年のうちに、国内市場の急速な立ち上がりが予想されます。

本調査は、こうした市場環境を踏まえ、「国内におけるSaaSビジネスがどのようなかたちになるのか」、また、「どのような市場成長が期待されるのか」の視点に立ち、SaaSビジネスを促進させていく上での課題解決視点で、SaaS型ビジネスモデルの構造やサービス提供のあり方/考え方を捉えます。調査については、台頭するSaaSベンダとそのパートナの動きについて事業者の視点から分析を行うSaaSベンダ/ソリューションベンダ調査研究編とビジネス・ユーザに対し、アンケートを通じてSaaS利用のあり方について問うビジネスユーザ(アンケート)調査研究編の二部構成です。

これら調査を通じ、ソフトウェア・ビジネスの新たな成長とSaaSモデルによるビジネス・アプリケーションを活用したエンドユーザのビジネス発展に寄与したいと考えています。

■■ 調査レポートの構成 ■■

本調査レポートは第1部「ソフト/ソリューションベンダ調査研究編」と第2部「ビジネスユーザ(アンケート)調査研究編」の二部構成になっています。

それぞれの構成は以下の通りです。

【第1部 SaaSベンダ/ソリューションベンダ調査研究編】

 〔総合分析編(SaaS事業動向のまとめ)〕
  1. SaaSとはどのようなサービスなのか
   -ベンダ各社のSaaSビジネスから見えるものとは-
  2. SaaS関連市場のマーケット(市場規模)動向と成長性-
  3. ベンダ/パートナ各社のSaaSビジネスの位置づけ方
   (SaaS専業/SaaS+パッケージ/SaaS取扱パートナ)
  4. ベンダ/パートナ各社の事業戦略/マーケティング戦略の考え方
   (SaaS専業/SaaS+パッケージ/SaaS取扱パートナ)
  5. ITベンダ各社のSaaS関連ビジネス参入の動き(ビジネストレンド)
  6. SaaSビジネスにおける課題と方向性
   -ソフトウェアのサービス化はどのように進むのか-
   (1) 事業者の視点から見たSaaSビジネスの課題とは何か
   (2) 事業者の視点から見たSaaS市場の方向とは
     (今後の市場展望について)

 〔個別分析編(個票)〕
  1. SaaS事業の位置づけ
   (ライセンスモデルとの棲み分け方/事業参入の経緯など)
  2. SaaSモデルの仕組みと提供するサービスの内容
   (提供するアプリケーションの種類と価格/サービス上の特徴)
  3. サービスエリア/顧客別に見た販売動向
   (顧客ごと/アプリケーションごとに見た販売動向/ターゲット等)
  4. 販売戦略とアライアンスの進め方/考え方
   (どのように売上拡大を目指すのか/
    どのようなアライアンスを行うのか等)
  5. 今後のSaaSビジネスの方向性
   (サービスの強化方向、今後のターゲット、パートナ強化に向けた
    取り組み等)
 
 〔本書での掲載企業 (約30社)〕
  セールスフォースドットコム(CRM)
  ネットスイート(CRM)
  ライトナウテクノロジーズ(CRM)
  シナジー・マーケティング(CRM)
  WebEXコミュニケーション(コラボ)
  ラクラス(人事/ワークフロー)
  デジター(セキュリティ)
  日本オラクル(CRM)
  SAPジャパン(CRM)
  マイクロソフト(コラボ)
  ネオジャパン(コラボ)
  フィードパス(コラボ)
  Google(コラボ)
  富士通(ERP)
  アスタリクス(コラボ)
  日本ビジネスオブジェクツ(BI)
  ウイングアークテクノロジー(帳票)
  日立ソフト
  ソフトバンクBB など

【第2部 ビジネスユーザ(アンケート)調査研究編】

ビジネスアプリケーション・ソフトを利用するビジネス・ユーザに対し、今後のSaaS活用意向に関するWebアンケート(実施期日は2007年4月18日~22日)を実施しました。対象者は、企業/団体に勤務するビジネスユーザ1,000人で、有効回答は347サンプル。

アンケート回答者の属性は、従業員規模1,000名以上が41%,300~999名が26%,30~299名が27%,29名以下(個人事業主/SOHOを含む)が8%。

 〔アンケートの対象者プロフィール〕
  (A)企業/団体内でソフトウェアやシステムの選定/導入など
     企画・管理業務に携わる方
  (B)企業/団体内でソフトウェアやシステムの
     開発や構築,運用管理などに携わる方
  (C)企業/団体内でソフトウェアやシステムを利用する立場の方

 〔アンケート構成と内容〕
  1. ビジネス・アプリケーション・ソフトの新規利用意向
    (どのような分野での利用を考えているのか)
  2. ソフトウェア選定・調達における課題意識の感じ方
    (どのような課題や問題を感じているのか)
  3. ソフトウェアの選定調達の仕方(方法)
  4. ビジネスユーザに見るSaaSの認知度(認識度合)と
    利用しているSaaS製品
  5. SaaSの注目ポイント(どのような点に魅力を感じるのか)
  6. インターネットを活用したソフトサービスの
    今後の活用意向/活用したい理由・活用したくない理由
  7. インターネットを活用したソフトサービスを
    利用する上での選定ポイント
    (何を重視しているのか/14の項目ごとに回答)


■■ 概要 ■■

資 料 名:サービス化するビジネス・アプリケーションの
      ビジネスモデルとSaaS市場の動向2007
発 刊 日:2007年5月
発   行:株式会社マーケティングビジョン研究所
調査・制作:株式会社マーケティングビジョン研究所
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
価   格:
    ■第1部 SaaSベンダ/ソリューションベンダ調査研究編
     〔ハードコピー版〕105,000円(税抜100,000円+消費税5,000円)
     〔CD-ROM (PDF)版〕157,500円(税抜150,000円+消費税7,500円)
    ■第2部 ビジネスユーザ(アンケート)調査研究編
     〔ハードコピー版〕105,000円(税抜100,000円+消費税5,000円)
     〔CD-ROM (PDF)版〕157,500円(税抜150,000円+消費税7,500円)
    全商品に別途送料500円がかかります。

【詳細URL: リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフ
ォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事