logo

NTTデータ関西「dotFAX」とウイングアークの帳票ソリューション「SVFX-Designer」が連携  PDF対応の次世代ソリューションを提供

 株式会社NTTデータ関西(大阪市北区、社長:佐々木康志 以下NTTデータ関西)とウイングアーク テクノロジーズ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸 以下ウイングアーク テクノロジーズ)は、企業システムにおける次世代FAXソリューションを共同で提供することになりましたので、お知らせいたします。
 NTTデータ関西が提供する、FAX送受信機能を企業システム内へ簡単に組込むためのサーバ・ソフトウェア「dotFAX」と、帳票分野で高い実績を持つウイングアーク テクノロジーズの帳票ソリューション「SVFX-Designer」が連携し、業務システム運用におけるPDF対応の次世代FAXソリューションを提供いたします。

 ITが急速な発展を続ける今日でも、どんな業務に関わる人でも簡単に操作でき、業務現場において100%に近い普及率があるFAXは、欠かすことのできない確実かつ安全な情報伝達手段といえます。注文書や受注伝票のやりとりなど、FAXは業務運用において重要な機能を担っています。

 両社の提供する次世代FAXソリューションは、「SVFX-Designer」で生成されたPDFデータを、「dotFAX」に連携することで、業務システムからのPDFデータによるダイレクトなFAX送信を実現し、業務を大幅に効率化します。また、FAXで送信されたデータをPDFデータとして保管、活用できるため、後からFAXでやりとりされたデータ内容を参照、確認することが可能です。
 また、XML/WEBサービスというアーキテクチャを利用する「dotFAX」と、XML形式の帳票運用環境を提供する「SVFX-Designer」は、標準技術を採用し、さまざまなプラットフォームから運用が可能です。簡単に業務システムへFAX機能を追加することができることに加え、お客様のニーズに合わせた多種多様な帳票設計・出力・運用を実現し、運用にあわせて少ない開発工数での早期導入を実現できます。

 「dotFAX」は、FAX通信機能はもちろん、サーバ運用管理機能も標準で準備されているため開発工数を短縮できます。また、システムからFAXへダイレクトに通信できるため、一度印刷した紙を人の手を介してFAX送信するという作業が短縮され、作業の効率化をはかるだけでなく、誤送信防止や情報漏えいの抑止にも役立ち、内部統制の観点からも有効な手立てとして活用できます。
 これらの機能に加え、dotFAXでは新たにPDFデータによるFAX送信に対応いたします。FAXシステムでは、TIFFデータを利用するのが一般的で、異なる画像フォーマットのデータをFAX送信する場合、予めTIFFデータへ変換しておく必要がありました。dotFAXではTIFFデータに加え、新たにPDFデータに対応することにより、PDFデータからTIFFデータへの変換を意識することなく、FAX送信を利用することが可能となります。

 「SVFX-Designer」は、業務要件に応じた帳票設計を実現し、システム開発の効率化と生産性向上をはかる設計機能を提供します。請求書や伝票、発注書、見積書や給与明細、出荷指図書や検品ラベルなど、業務に必要なあらゆる帳票を設計開発することができます。電子化した帳票は、PDFによるFAX出力のほか、大量出力・Webからのクライアント印刷・メールなど、業務の用途にあった運用を実現できます。

 両製品の連携によって、業務システムからの情報伝達の手段として、オフィス業務の窓口となるFAXに対応でき、メールや電話だけでは対応不十分な要件を補い、全方位的なソリューション提供いたします。

この度の次世代FAXソリューションについて、以下の通りセミナーを開催いたします。

<セミナー情報>
タイトル:XML/WEBサービスがFAX帳票送受信の常識を変える!「次世代FAXソリューション」
開催日:7月6日(金)
時間:14:30~16:40(開場14:00)
受講料:無料
定員:40名
会場:ウイングアーク テクノロジーズ セミナールーム
東京都港区港南1-8-15 Wビル14F / TEL:03-6710-1700

申し込みURL:リンク

◇両製品の連携詳細については以下URLをご参照ください。
リンク

[NTTデータ関西について] リンク
 株式会社NTTデータ関西は、地域に密着したIT企業として、NTTデータグループの関西エリアの営業拠点としての機能を強化し、地域の特性に応じた最適なビジネス戦略とマーケット密着型事業展開の推進を図ることを目的に、2003年7月1日、新たにスタートいたしました。NTTデータグループのシステム構築実績において培われた高いシステム構築力とソリューション提案力を基に、地域の企業・自治体・金融機関などあらゆるお客様に、つねに最新のITソリューションをご提案しています。

社名:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ関西
代表取締役社長:佐々木 康志
設立:1990年3月
資本金:4億円
従業員数:668名(2007年6月現在)

[ウイングアーク テクノロジーズについて] リンク
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。

社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
従業員数:146名(2007年2月現在)

<製品・セミナーに関するお問合せ先>
株式会社NTTデータ関西 クロスビジネス推進部
TEL / FAX:フリーダイヤル 0120-001728
( 携帯電話からは、TEL:06-6455-3680 )
E-mail:dotfax @nttdata-kansai.co.jp
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事