お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「IMC TOKTO 2007」日本IBMブースにて、最新映像配信ソリューション「CastOnDemand」「CAST365PLUS」を出展

~映像配信の最新ソリューションをデモンストレーションを通じて体感~

株式会社エム・ピー・テクノロジーズ(東京都新宿区 代表取締役会長 吉本万寿夫、以下「MPT」という)は、この度、2007年6月13日(水)~15日(金)「IMC TOKTO 2007」日本IBMブースにて、6月4日に発表いたしました新製品、“配信サーバ負荷を最大約80%低減”グリッドストリーミング ソリューション「CastOnDemand」および、IPマルチキャストソリューション「CAST365PLUS」を、出展いたします。

○日時 : 2007年6月13日(水)~15日(金) 10:30~18:00
※初日のみ10:30~、最終日のみ17時終了
○場所 : 「IMC TOKTO 2007」幕張メッセ 国際展示場 ホール8 ブース8F16 日本IBMブース

■出展内容
○デジタル・メディア・センター(日本IBM)
IBMの一連のコア製品、及びテクノロジーから構成されており、デジタル環境でのコンテンツ制作・保管・管理を実現いたします。映像コンテンツへのリアルタイムアクセス、複数ユーザーによるコンテンツの共有・編集が可能となり、さらに、アーカイブ作業のコスト削減が実現することができます。
リンク

○P2P機能を兼ね備えたVODソリューション「CastOnDemand」(MPT)
従来のVOD配信とP2P技術を併用することにより、効率的なストリーミングサービスを行うことを可能にいたします。
リンク

○IP放送を実現するIPマルチキャストソリューション「CAST365PLUS」(MPT)
さまざまなISPで構成されるインターネット網でも、効率良く同報配信を行うことができるオーバーレイマルチキャストです。配信サーバやネットワークインフラに大きな負荷をかけずに理想的なIP放送を実現することができます。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。