logo

大きな成長が予測される小売業におけるオートメーション技術

米国VDC社は欧州の小売業におけるオートメーション市場での最新技術(電子棚札、RFID、セルフチェックアウト端末)の出荷額が2006年に1億5700万ドルを超えたという調査結果を発表した。

ヨーロッパの小売業におけるオートメーション市場での最新技術(電子棚札、RFID、セルフチェックアウト端末)の出荷額は、2006年に1億5700万ドルを超えたと、米国の調査会社VDC(ベンチャーデベロップメント)社の調査レポートは報告している。VDC社の調査サービス「小売業向けオートメーション機器世界市場の情報サービス(2006年版) - Retail Automation Equipment Planning Service」は、この市場は年平均成長率約23%で成長して、2008年までには2億3800万ドルの収入に接近すると予測している。今後しばらくは既存の技術がシェアの大半を占めるだろうが、これらの最新の技術は、既に市場でROI(投資収益率)を立証しているように、エンドユーザの快適性を向上し、かつ急速な価格の下落によって競争力を保ちつつ、技術の更新サイクルに従って、長期的な成長が予測できる。

これらの技術は、小売業者に下記のような、多くの利益をもたらすだろう。
■ オンデマンドの価格の変更/価格の更新を一斉に実施
■ 価格の正確性向上
■ 在庫管理の追加的支援
■ 顧客対応の向上
■ 手作業や人為的ミスの減少

VDC社の自動認識とデータ収集部門のディレクターであるAndrew Nathanson氏は、「小売業者が、これらの戦略的価格設定、在庫調整や管理などの最新技術を、単に既存技術と置き換えるのではなく、顧客の店舗における経験を改良するための技術とみなして活用できれば、この市場は最大限にまで拡大するだろう」と語る。


[調査レポート]
小売業向けオートメーション機器世界市場の情報サービス(2006年版)-欧州市場
Retail Automation Equipment Planning Service (RAPS) : North American and European Vertical Market Analysis, 13th Edition
Europe
リンク

VDC社について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。