お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SL ジャパン、代表的な PIMS(プラント情報システム)である OSIsoft PI System に対応した Enterprise RTView 新バージョン 4.5 をリリース

SL ジャパン、米 OSIsoft 社と米 SL 社が、Java による PI System データの リアルタイムな可視化でパートナー提携したことを発表

株式会社 SL ジャパンは、OSIsoft 社と SL 社、Java による PI System データ
のリアルタイムな可視化でパートナー提携したことを発表。代表的な PIMS
(プラント情報システム) である OSIsoft PI System へのデータ接続コネクタを
追加した Enterprise RTView 新バージョン4.5 をリリースした。

株式会社 SL ジャパン
プレス・リリース

■■ OSIsoft 社と SL 社、Java による PI System データの
■■ リアルタイムな可視化で提携

SL ジャパン、代表的な PIMS (プラント情報システム) である OSIsoft PI
System へのデータ接続コネクタを追加した Enterprise RTView 新バージョン
4.5 をリリース

(注)米 OSIsoft の日本法人は、OSIsoft ジャパン株式会社です。
   また、OSIsoft 社の代理店として横河電機株式会社が PI System を
   販売しています。
   株式会社 SL ジャパンは、SL 社の日本法人です。

■■ 2007 年 5 月 8 日 日本時間 ■■

株式会社 SL ジャパンは、エンタープライズ・ヒストリアンの業界標準で
ある PI System を開発した OSIsoft, Inc.(以下、OSIsoft 社)と、
ミッション・クリティカルな情報のリアルタイムでダイナミックな可視化と
監視による意思決定の支援で業界をリードする SL Corporation (以下、SL 社)
が、PI Systemユーザ向けに SL 社の Java ベースのリアルタイム・ダッシュ
ボードならびに監視ソリューションを提供することでパートナー提携した
ことを、本日発表しました。

今回の提携は、カスタマイズ可能な Java ソリューションを必要としている
PI System ユーザのニーズに対応するもので、UNIX や Linux サーバで
稼動している Java アプリケーションで PI データを公開できます。

SL 社の Enterprise RTView ソリューションは、リアルタイム情報を柔軟に
提供できる可視化ツールで、カスタム・ダッシュボード、アラート、レポートを
迅速に設計して運用することが可能です。PI System をはじめ、企業内に
おける概ね任意のデータに直接接続することが可能です。OSIsoft 社では、
特別なハードウェアやクラスター環境を必要とすることなく、予定または予定
外の停止時間中においてもデータにアクセスできるようにして PI System
のリアルタイム機能をさらに拡張した High Availability PI System をリリース
しましたが、今回のパートナー提携はその値打ちをさらに高めるものです。

「今回のパートナー提携は、PI データを UNIX サーバに送りたい PI System
ユーザに、カスタマイズ可能な高価値ソリューションを提供するものだ」と、
OSIsoft 社のセールス・チャネル担当ディレクターであるパトリシア・ガーナー
は述べました。「SL 社と協業することによって、迅速なダッシュボード構築
によって意思決定プロセスを加速するソリ-ションを顧客に協同で提供する
ことができた。SL 社が、長年に渡って OSIsoft 社と同じ顧客ベースにリアル
タイム監視ソリューションを提供し、成功してきた企業であることも、同社との
提携決定において重要だった」と、同氏は加えました。

「SL 社は、ミッション・クリティカルなリアルタイム・ビジネス・アプリケーション
における明確なビジョンを持ち、リアルタイム・ダッシュボードならびに監視
機能をユーザに提供することの付加価値を認識している業界リーダーを
探し求め続けている」と、SL 社のプロダクト・マネジメント担当副社長である
ロドニー・モリソンは述べました。「OSIsoft ユーザは、Enterprise RTView を
使ってプログラミング削除または削減し、PI System の Java によるカスタム
監視アプリケーションを極めて簡単に設計して運用でき、その他のエンター
プライズ・アプリケーションも含めて監視することができる」と、加えました。

■■ OSIsoft 社 (OSIsoft, Inc.) について www.osisoft.com

OSIsoft 社は、リアルタイム・インフラストラクチャ・プラットフォームのコアと
して、エンタープライズ・ヒストリアンの業界標準である PI System を提供
しています。世界の製造業、エネルギー、公共、ライフ・サイエンス、その他
のプロセス産業において、11,000 システム以上の導入実績があり、企業内
データを保護し、オペレーション健全性へのビジビリティを全社規模で提供
できる OSIsoft PI System を使って、資産管理、リスク低減、新しい市場
機会の識別などを実現しています。

同社の日本法人は、OSIsoft ジャパン株式会社です。
また、OSIsoft 社の代理店として横河電機株式会社が PI System を販売
しています。

■■ SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について www.sl-j.co.jp

1983 年以来、20 年以上にわたって、リアルタイム・データのダイナミックで
グラフィックな可視化による意思決定の支援で業界をリードしてきた、専門
メーカーです。顧客企業は SL 社の技術を活用し、強力なリアルタイム・ビジ
ネス・インテリジェンス (BI) インフラストラクチャ/アプリケーション監視の
機能、ネットワーク管理やプロセス制御などの業界特有の監視制御アプリ
ケーションを、エンドユーザに提供しています。製造業、エネルギー/公益、
金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界の
ミッション・クリティカルなアプリケーションで、81,000 以上(2006 年末現在)
がライセンスされています。

株式会社 SL ジャパンは、1998 年に設立された SL 社の日本法人です。


■■ お問い合わせ先:

株式会社 SL ジャパン 広報担当 publicity@sl-j.co.jp
電話 03-3423-6051
〒107-0062 東京都港区南青山 3-1-30 エイベックス ビル3階


■記載される会社名・製品名は、
 それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。
OSIsoft and the OSIsoft logo are trademarks of OSIsoft, Inc.
SL, SL-GMS, Enterprise RTView and SL Corporation are trademarks or
registered trademarks of Sherrill-Lubinski Corporation in the United States
and other countries.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。