お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「WindowsVista & 2007 Office system 企業導入調査報告書2007」を販売開始

Vista企業導入のための判断材料に

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「WindowsVista & 2007 Office system 企業導入調査報告書2007」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成19年5月2日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「WindowsVista & 2007 Office system 企業導入調査報告書2007」を販売開始

~Vista企業導入のための判断材料に~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「WindowsVista & 2007 Office system 企業導入調査報告書2007」の販売を開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 資料概要 ■■

Windows Vista、Windowsサーバー、exchangeサーバー、Office Systemなど、新しいWindowsプラットフォームの企業での導入意向や、Windows VistaとOffice Systemで採用された新技術や機能、企業への導入意向についてのアンケート調査などについてまとめた調査報告書です。

ビジネスシーンでは、ほぼデファクトスタンダードといっても過言ではないマイクロソフトのWindowsとOffice。本調査報告書では、5年ぶりにバージョンアップしたデスクトップOS「Windows Vista」と、Officeの新バージョン「2007 Office system」に的を絞り、技術解説に加えて、5社の導入企業事例を紹介しております。また、1,000人以上のITプロフェッショナルに対し、同製品の導入意向やIT全般に対する意識をアンケート調査を実施し、その結果もあわせて掲載しております。


■■ 資料目次 ■■

はじめに

第1章 マイクロソフトに聞くWindows Vista & 2007 Office systemの魅力
 1.1. 製品の魅力と多様な施策の効果で
    Windows Vistaを企業に浸透させていく
  1.1.1. 選択の幅が広いWINDOWS VISTAのラインアップ
  1.1.2. 製品自体の魅力でWINDOWS VISTAへの移行を促す
  1.1.3. ソフトウェアアシュアランスを利用した
      WINDOWS VISTAへの移行を推奨
  1.1.4. 多様な施策の効果でWINDOWS VISTAを1~2年で企業に浸透させる
 1.2. 10年ぶりの大変革を遂げたMicrosoft Office
    新たなワークスタイルの創造をねらう
  1.2.1. 進化した2007 OFFICE SYSTEMのねらい
  1.2.2. サーバー連携を深めた2007 OFFICE SYSTEM
  1.2.3. 情報の共有と管理のプラットフォーム
      「SHAREPOINT SERVER 2007」
  1.2.4. サーバー不要な手軽なコラボレーション「OFFICE GROOVE」
  1.2.5. リプレースのカギを握るパートナー戦略

第2章 ITソリューションとMicrosoft Office system
 2.1. ITソリューションとMicrosoft製品
 2.2. マイクロソフトの製品群
 2.3. WindowsとOffice
 2.4. COMから.NETへ
 2.5. Windows Vista
 2.6. 2007 Office system
 2.7. .NET Framework
 2.8. .NET Framework 3.0
 2.9. .NETとCOM
 2.10. Live
 2.11. 次の段階
 2.12. まとめ

第3章 早期導入企業事例
 3.1. 早期導入企業事例 概要
 3.2. 日本ヒューレット・パッカード株式会社
 3.3. 株式会社ニコン
 3.4. 株式会社フジタ
 3.5. 株式会社ゼネテック
 3.6. インデックス・ホールディングス株式会社

第4章 企業調査
 4.1. 調査概要
 4.2. 調査対象者の属性
 4.3. 利用しているサーバーOSの種類
 4.4. システム化している基幹業務の範囲
 4.5. 基幹システムからの移行先
 4.6. 基幹システムからの移行目的
 4.7. 社内のITに関する課題
 4.8. IT導入効果
 4.9. IT導入により特に効果のあると思われる基幹業務
 4.10. IT導入により特に効果のあると思われる情報系業務
 4.11. サーバーのアウトソーシング状況
 4.12. アウトソーシングの利用形態
 4.13. ITの導入状況
 4.14. IT導入の阻害要因
 4.15. IT導入についての意志決定者
 4.16. IT導入に使用できる予算規模
 4.17. 期待しているITソリューション
 4.18. オープンソースに期待するIT分野
 4.19. マイクロソフトに期待するIT分野
 4.20. Webベースのシステムに期待する分野
 4.21. 業務での電子メールの利用率
 4.22. 利用しているメールクライアントソフト
 4.23. メールサーバの設置場所
 4.24. グループウェアの導入状況
 4.25. 利用しているグループウェアソフト
 4.26. 稟議やワークフローにおけるソフトウェア利用状況
 4.27. 稟議やワークフローで利用しているソフトウェア
 4.28. 会社全体のPCの保有台数
 4.29. 会社で使っているPCのOSの種類
 4.30. Windows Vistaの企業導入意向
 4.31. マイクロソフトのOffice製品の導入状況
 4.32. 導入しているOffice製品のバージョン
 4.33. Office製品のライセンスの購入方法
 4.34. Officeの新バージョンの「2007 Office System」への関心
 4.35. 「2007 Office System」の導入意向
 4.36. ITの情報収集で最も使うメディア
 4.37. IT情報の収集でアクセスするWebサイト
 4.38. よく読むIT系情報誌

掲載資料一覧


■■ 図目次 ■■

第1章
 図 1.1.1 Windows Vistaのエディション構成
 図 1.1.2 Windows Vistaのエディション別機能比較
 図 1.1.3 MDOPに含まれる4種類のツール
 図 1.2.1 サーバー製品との連携を深めた2007 Office system
 図 1.2.2 Office SharePoint Server 2007のアーキテクチャ
 図 1.2.3 IW(インフォメーションワーカー)
      ソリューションコンピテンシー向けの特別プログラム
第2章
 図 2.2.1 マイクロソフト製品群
 図 2.2.2 マイクロソフトの組織
 図 2.3.1 プログラミングパラダイムの変遷
 図 2.6.1 Office2007 products
 図 6.2 Officeの役割
 図 2.8.1 .NET Framework 3.0のアーキテクチャ
 図 2.11.1  Longhorn Server登場後のシステム連携概念図
第3章
 図 3.1.1 早期導入企業一覧
 図 3.2.1 HPシステム概念図
 図 3.2.2 Collabo内のSOAコミュニティの表示画面
 図 3.3.1 ニコン システム概念図
 図 3.4.1 フジタ システム概念図
 図 3.4.2 フジタ概念図
 図 3.5.1 ゼネテック システム概念図
 図 3.6.1 インデックス システム概念図
第4章
 図 4.2.1 企業従業員規模
 図 4.2.2 性年齢階層
 図 4.2.3 職種構成
 図 4.2.4 ITベンダーとユーザー企業の比率
 図 4.3.1 サービス提供企業別利用しているサーバーOSの種類
 図 4.3.2 ユーザー企業別利用しているサーバーOSの種類
 図 4.3.3 従業員規模別利用しているサーバーOSの種類
 図 4.4.1 サービス提供企業別システム化している基幹業務の範囲
 図 4.4.2 ユーザー企業別システム化している基幹業務の範囲
 図 4.4.3 従業員規模別システム化している基幹業務の範囲
 図 4.5.1 サービス提供企業別基幹システムからの移行先
 図 4.5.2 ユーザー企業別基幹システムからの移行先
 図 4.5.3 従業員規模別基幹システムからの移行先
 図 4.6.1 サービス提供企業別基幹システムからの移行目的
 図 4.6.2 ユーザー企業別基幹システムからの移行目的
 図 4.6.3 従業員規模別基幹システムからの移行目的
 図 4.7.1 サービス提供企業別社内のITに関する課題
 図 4.7.2 ユーザー企業別社内のITに関する課題
 図 4.7.3 従業員規模別社内のITに関する課題
 図 4.8.1 サービス提供企業別IT導入効果
 図 4.8.2 ユーザー企業別IT導入効果
 図 4.8.3 従業員規模別IT導入効果
 図 4.9.1 サービス提供企業別IT導入により
      特に効果のあると思われる基幹業務
 図 4.9.2 ユーザー企業別IT導入により
      特に効果のあると思われる基幹業務
 図 4.9.3 従業員規模別IT導入により
      特に効果のあると思われる基幹業務
 図 4.10.1 サービス提供企業別IT導入により
       特に効果のあると思われる基幹業務
 図 4.10.2 ユーザー企業別IT導入により
       特に効果のあると思われる情報系業務
 図 4.10.3 従業員規模別IT導入により
       特に効果のあると思われる情報系業務
 図 4.11.1 サービス提供企業別サーバーのアウトソーシング状況
 図 4.11.2 ユーザー企業別サーバーのアウトソーシング状況
 図 4.11.3 従業員規模別サーバーのアウトソーシング状況
 図 4.12.1 サービス提供企業別サーバーのアウトソーシング状況
 図 4.12.2 ユーザー企業別サーバーのアウトソーシング状況
 図 4.12.3 従業員規模別サーバーのアウトソーシング状況
 図 4.13.1 サービス提供企業別ITの導入状況
 図 4.13.2 ユーザー企業別ITの導入状況
 図 4.13.3 従業員規模別ITの導入状況
 図 414.1 サービス提供企業別IT導入の阻害要因
 図 4.14.2 ユーザー企業別IT導入の阻害要因
 図 4.14.3 従業員規模別IT導入の阻害要因
 図 4.15.1 サービス提供企業別IT導入についての意志決定者
 図 4.15.2 ユーザー企業別IT導入についての意志決定者
 図 4.15.3 従業員規模別IT導入についての意志決定者
 図 416.1 サービス提供企業別IT導入に使用できる予算規模
 図 4.16.2 ユーザー企業別IT導入に使用できる予算規模
 図 4.16.3 従業員規模別IT導入に使用できる予算規模
 図 4.17.1 サービス提供企業別期待しているITソリューション
 図 4.17.2 ユーザー企業別期待しているITソリューション
 図 4.17.3 従業員規模別期待しているITソリューション
 図 4.18.1 サービス提供企業別オープンソースに期待するIT分野
 図 4.18.2 ユーザー企業別オープンソースに期待するIT分野
 図 4.18.3 従業員規模別オープンソースに期待するIT分野
 図 4.19.1 サービス提供企業別マイクロソフトに期待するIT分野
 図 4.19.2 ユーザー企業別マイクロソフトに期待するIT分野
 図 4.19.3 従業員規模別マイクロソフトに期待するIT分野
 図 4.20.1 サービス提供企業別Webベースのシステムに期待する分野
 図 4.20.2 ユーザー企業別Webベースのシステムに期待する分野
 図 4.20.3 従業員規模別Webベースのシステムに期待する分野
 図 4.21.1 サービス提供企業別業務での電子メールの利用率
 図 4.21.2 ユーザー企業別業務での電子メールの利用率
 図 4.21.3 従業員規模別業務での電子メールの利用率
 図 4.22.1 サービス提供企業別利用しているメールクライアントソフト
 図 4.22.2 ユーザー企業別利用しているメールクライアントソフト
 図 4.22.3 従業員規模別利用しているメールクライアントソフト
 図 4.23.1 サービス提供企業別メールサーバの設置場所
 図 4.23.2 ユーザー企業別メールサーバの設置場所
 図 4.23.3 従業員規模別メールサーバの設置場所
 図 4.24.1 サービス提供企業別グループウェアの導入状況
 図 4.24.2 ユーザー企業別グループウェアの導入状況
 図 4.24.3 従業員規模別グループウェアの導入状況
 図 4.25.1 サービス提供企業別利用しているグループウェアソフト
 図 4.25.2 ユーザー企業別利用しているグループウェアソフト
 図 4.25.3 従業員規模別利用しているグループウェアソフト
 図 4.26.1 サービス提供企業別稟議やワークフローにおける
       ソフトウェア利用状況
 図 4.26.2 ユーザー企業別稟議やワークフローにおける
       ソフトウェア利用状況
 図 4.26.3 従業員規模別稟議やワークフローにおけるソフトウェア利用状況
 図 4.27.1 サービス提供企業別稟議やワークフローで
       利用しているソフトウェア
 図 4.27.2 ユーザー企業別稟議やワークフローで利用しているソフトウェア
 図 4.27.3 従業員規模別稟議やワークフローで利用しているソフトウェア
 図 4.28.1 サービス提供企業別会社全体のPCの保有台数
 図 4.28.2 ユーザー企業別会社全体のPCの保有台数
 図 4.28.3 従業員規模別会社全体のPCの保有台数
 図 4.29.1 サービス提供企業別会社で使っているPCのOSの種類
 図 4.29.2 ユーザー企業別会社で使っているPCのOSの種類
 図 4.29.3 従業員規模別会社で使っているPCのOSの種類
 図 4.30.1 サービス提供企業別Windows Vistaの企業導入意向
 図 4.30.2 ユーザー企業別Windows Vistaの企業導入意向
 図 4.30.3 従業員規模別Windows Vistaの企業導入意向
 図 4.31.1 サービス提供企業別マイクロソフトのOffice製品の導入状況
 図 431.2 ユーザー企業別マイクロソフトのOffice製品の導入状況
 図 4.31.3 従業員規模別マイクロソフトのOffice製品の導入状況
 図 4.32.1 サービス提供企業別導入しているOffice製品のバージョン
 図 4.32.2 ユーザー企業別導入しているOffice製品のバージョン
 図 4.32.3 従業員規模別導入しているOffice製品のバージョン
 図 4.33.1 サービス提供企業別Office製品のライセンスの購入方法
 図 4.33.2 ユーザー企業別Office製品のライセンスの購入方法
 図 4.33.3 従業員規模別Office製品のライセンスの購入方法
 図 4.34.1 サービス提供企業別「2007 Office System」への関心
 図 4.34.2 ユーザー企業別「2007 Office System」への関心
 図 4.34.3 従業員規模別「2007 Office System」への関心
 図 4.35.1 サービス提供企業別「2007 Office System」の導入意向
 図 4.35.2 ユーザー企業別「2007 Office System」の導入意向
 図 4.35.3 従業員規模別「2007 Office System」の導入意向
 図 4.36.1 サービス提供企業別ITの情報収集で最も使うメディア
 図 4.36.2 ユーザー企業別ITの情報収集で最も使うメディア
 図 4.37.1 サービス提供企業別IT情報の収集でアクセスするWebサイト
 図 4.37.2 ユーザー企業別IT情報の収集でアクセスするWebサイト
 図 4.38.1 サービス提供企業別よく読むIT系情報誌
 図 4.38.2 ユーザー企業別よく読むIT系情報誌


■■ 概要 ■■

商 品 名:WindowsVista & 2007 Office system 企業導入調査報告書2007
発 刊 日:2007年4月10日
発   行:株式会社インプレスR&D
調査・制作:インプレスR&D インターネット生活研究所
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4版100頁
価   格:
    ■ハードコピー版
     52,500円(税抜50,000円+消費税2,500円)別途送料500円
    ■PDF版(印刷可能タイプ)
     52,500円(税抜50,000円+消費税2,500円)別途送料500円
    ■PDF版(印刷不可能タイプ)
     26,250円(税抜25,000円+消費税1,250円)別途送料500円

詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。