logo

ダウンロードしながら同時再生できる世界初の映像管理ツール「VIDEX STATION」の提供開始

ダウンロード開始からすぐにコンテンツを同時に再生することが可能な映像管理ツール
「VIDEX STATION」。視聴者にダウンロードの経過を待つストレスを与えず、ストリーミングの感覚で視聴することが可能です。

株式会社ビデックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:柳下洋 以下 ビデックス)は動画コンテンツをダウンロードしながら同時再生できる世界初の映像管理ツール「VIDEX STATION」を2007年4月17日より提供開始します。

従来、ダウンロードは全てのデータが届くまで再生することはできず、また2Mbps以上の高画質コンテンツはファイルサイズが大きいためダウンロードに時間を要しました。「VIDEX STATION」の同時再生機能により、ダウンロード開始からすぐにコンテンツを同時に再生することが可能となり、また高速ダウンロード機能により従来の約3倍の速度でダウンロードが可能となりました。視聴者にダウンロードの経過を待つストレスを与えず、ストリーミングの感覚で視聴することができます。さらに、本ツールのライブラリ機能によりダウンロードしたコンテンツを簡単に管理することも可能です。

ビデックスはダウンロード型レンタルサービス※1「ビデックスJP」を通じて「VIDEX STATION」をより多くのユーザーにご利用いただき、短時間で快適に、かつ、安定的に高画質映像の配信サービスを提供するとともに、さらなる新規ユーザーの獲得を目指します。また今後は、大手コンテンツプロバイダへの動画ダウンロードの支援を展開していく予定です。

■株式会社ビデックスについて リンク
株式会社ビデックスは、2004年2月に設立、映像配信ビジネスを展開しているお客様に、より快適な環境を提供しようとオンデマンド映像配信のためのプラットフォームのサービスを開始しました。また同時に自社サービスとして、映像配信サイトを運営しています。映像素材のエンコーディング、デジタル著作権管理(DRM)機能、映像配信用高速ネットワーク、決済、配信に伴うコンテンツの運用や管理など、映像配信ビジネスでのあらゆる面をサポート、より快適な配信環境を提供いたします。

本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ビデックス
〒151-0066 東京都渋谷区西原3-13-12 HG・ANNEX4F
TEL:03-6715-0330 Fax:03-5452-2110
E-mail:press@videx.co.jp

用語解説

(※1)ダウンロード型レンタルサービス
ビデックスが運営する映像のレンタル配信サービス「ビデックスJP」
リンク 。暗号化はマイクロソフト社のWindowsMedia9を使用し、著作権管理はWindowsDRM10を使用して、視聴期間と視聴デバイスを制限した映像ダウンロードを行っています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事