logo

産業プロセス管理に効率化とコスト削減をもたらす無線センサーネットワークス

米国調査会社ABIリサーチの調査レポートは、無線ネットワークによる工業モニタリングのグローバル市場を分析している。

アリゾナ州スコッツデール、2007年2月22日
1984年12月2日の夜に起こった、インドのボパールにあるユニオンカーバイド工場で水が誤ってイソシアン酸メチル貯蔵タンクに混入した事件を思い出せば、産業プロセスを管理する重要性がわかるだろう。温度や気圧の計測器は正確ではないと考えられていたため、工場のスタッフは事故の初期兆候を見逃した。その結果、有毒ガスが労働者階級の住宅地区に流出した。世界最悪の産業災害と言われる同事件では、少なくとも3000人が死亡し、負傷者は数十万人に上った。工場はこの事件が原因で閉鎖された。

信頼性が高い工業監視システムは必須であると、米国調査会社ABIリサーチのシニアアナリストSam Lucero氏は言う。「無線監視システムならば、多くの場所に設置して監視できる。また少ない従業員でプロセスに関する多くの情報が得られ、計測器の指示値を手動で確認する必要もない。」

ABIリサーチの調査レポートは、無線ネットワークによる工業モニタリングのグローバル市場を分析している。世界をリードする2社の有線産業管理システムのベンダ、EmersonとHoneywellは、無線モニタ技術を市場に投入した。今後数年間に、これ以外のベンダがさらに多くの無線製品を投入すると予測されている。2007年夏には、無線は多くの工業モニタネットワークの基礎である、ユビキタスHARTプロトコルに拡大され、また2008年にISASP-100.11規格、産業レベルのZigBee市場の成長も見込まれている。

これは本来用心深い産業だが、Lucero氏によれば、「財政的利点と無線技術が導入し易いことから、非常に高い成長率が予測される。2006年、およそ10万の 802.15.4のチップセットが産業セクタに流れ、2012年にはほぼ500万に達する。有線プロセス監視ノードに代わって、無線技術によって実現したプロセス監視ノード全体の成長によって、コンディション監視アプリケーションにおける無線技術の利用によって、市場は促進されるだろう」とのことである。

ABIリサーチの「産業オートメーションの無線センサーネットワーク(WSN):監視と管理アプリケーションの市場」は、産業導入におけるWSNのビジネスチャンスを分析し、需要の高い分野と低い分野、Wireless HART、Sp-100.11a、産業ZigBeeなどの主な規格の取り組みとの関連性、市場とWSN導入との関連性、工業オートメーションでWSNに取り組んでいる主要企業を詳細に記載している。この調査レポートはABIリサーチの「M2M年間リサーチサービス」と「短距離無線年間リサーチサービス」の一環として提供されている。


◆調査レポート
産業オートメーションの無線センサーネットワーク(WSN):監視と管理アプリケーションの市場
Wireless Sensor Networking (WSN) in Industrial Automation
Market Assessment for Monitoring and Control Applications
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。