logo

RADVISION SIP Server Platform が企業向けのセキュアな IP 音声サービスソリューションを実現

BlueNote Networks が同社の SessionSuite Business Communications Platform 向けに RADVISION SIP Server Platform およびセキュアな Media Framework パッケージを選択

 2007 年 3 月 21 日 (テルアビブ、イスラエル) -- IP、3G、そして次世代 IMS ネットワークにおける統合ビジュアルコミュニケーションを実現するビデオネットワークインフラ、および開発者向けツールキットのリーディングプロバイダーである RADVISION (Nasdaq: RVSN) は本日、RADVISION の SIP Server Platform および Advanced RTP Toolkit が、BlueNote Networks のサービス指向アーキテクチャ (Service Oriented Architecture: SOA) 基盤の IP テレフォニー製品に組み込まれたことを発表しました。 SessionSuite(TM) は、RADVISION の SIP Server Platform を活用し、標準ベースのセキュアな音声サービスを IP テレフォニーユーザーに提供します。また、メディア暗号化機能を統合するため、RADVISION の SRTP アドオンであり、Advanced RTP Toolkit を構成するメディアセキュリティライブラリを統合しています。

「RADVISION の SIP Server Platform により、われわれは相互運用可能なセキュアな音声サービスを顧客に提供することができます」と BlueNoteNetworks のエンジニアリング担当副社長である Mike Regan 氏は述べています。「これにより、シグナリング暗号化のための TLS やメディア暗号化のための SRTP を備えたソリューションを提供し、盗聴やコールハイジャックといったセキュリティ脅威から顧客を保護することが可能になります。RADVISION のテクノロジーにより、我々は開発を合理化し、強固な安全性と高いパフォーマンスを実現しました」

「SessionSuite ソフトウェアにとっては、RADVISION のテクノロジー、重要なシグナリング、およびメディア暗号化の使用が必要不可欠です」と RADVISION のテクノロジービジネスユニット、プロダクトマネジメントおよびマーケティング担当シニアディレクターである Adi Paz は語っています。「SessionSuite 製品は、特殊な用途の VPN アプリケーションやクライアントが不要です。また、標準ベースのテクノロジーにより、サードパーティ製 SIP 製品との完全な相互運用性が実現します。」

RADVISION SIP Server Platform および補完的なアドオンツールキットにより、開発者は IMS および SIP ソリューション開発用の包括的なツールセットを得ることになり、顧客は差別化されたアプリケーションの特性 (迅速な市場投入を可能にするために大幅に短縮された開発サイクル、エンドユーザーのための低 TCO) にフォーカスすることが可能になります。RADVISION SIP Server Platform では、プレゼンスサービス/イベントサービス、プロキシサービス/リダイレクトサービス、レジスターサービスといった標準の SIP サービスが提供されます。さらに、柔軟なサービス作成フレームワークが提供されるため、高可用性サポートの付属する高度なサービスを迅速に開発できます。

RADVISION のセキュアな RTP/RTCP (リアルタイム トランスポート プロトコル/リアルタイム トランスポート制御プロトコル) ツールキットは、実際に運用されている高度な IP テレフォニー アプリケーションおよびメディア暗号化の要件に対応します。また、このツールキットは、小型の埋め込みプラットフォームから高密度実装の並列処理環境にいたるまで、シームレスに対応できます。

RADVISION について
RADVISION (Nasdaq:RVSN) はテレビ会議、ビデオ通信、IP および 3G ネットワーク上における音声・映像・文字画像を複合的に活用する「リッチ・メディア・ソリューション」のリーダー企業で、高品質で使いやすい製品と技術を提供しています。ISDN 網、SIP、H.323 および 3G を統合し、IP ベースのテレビ会議およびマスメディア網の開発をサポートしています。モバイルのビデオ電話への展開、IP ベースのビデオテレフォニーおよび双方向テレビストリーミング・アプリケーションの配信を世界規模で可能にしています。より詳しい情報は、ウェブサイト リンク でご覧下さい。

お問い合わせ
ラドビジョン・ジャパン
東京都新宿区西新宿 3-2-11
新宿三井ビル 2 号館 11 階
電話: 03-5339-0170 infoJAPAN@radvision.com
リンク

このプレスリリースには、リスクと不確定性を伴う将来的な声明が含まれています。これらの将来を予想する声明とは異なる現実の結果を生じさせる可能性がある要素には、業界における一般的なビジネス条件、製品の需要の変化、オーダーのタイミングおよび量または取り消し、および証券取引審議会に関する RADVISION の書類 (RADVISION の Form 20-F の年次報告書を含む) で適宜説明されるその他のリスク (ただし、これらのみに限定されない) が含まれます。これらの文書は、計画や将来予想の声明に含まれているものとは実際に異なる結果を生じさせる可能性があるその他の重要な要素を含んでおり、それらを明らかにします。株主とその他の読者は、これらの将来を予想する声明を過度に信用しないように注意してください。それらは、作成日現在の声明に過ぎません。当社は、将来を予想する声明を公に更新したり、改訂する義務を負いません。
ここに言及された実際の会社および製品はそれぞれの所有者の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。