logo

衛星セットトップボックスの競争と買換え市場が推進する新機能

米国調査会社インスタット社の報告によると、衛星テレビ市場が成熟し、セットトップボックス(STB)産業は、ゆっくり新機能とサービスを発表し、また衛星産業では、双方向性、HD、DVR機能によって、1ユーザあたりの収入(ARPU)を向上し、解約率を下げている。STBメーカーは順次これらを採用しているという。

衛星テレビ市場が成熟し、セットトップボックス(STB)産業は、ゆっくり新機能とサービスを発表していると米国調査会社インスタット社は報告する。衛星産業では、双方向性、HD、DVR機能によって、1ユーザあたりの収入(ARPU)を向上し、解約率を下げている。STBメーカーは順次これらを採用している。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 世界の衛星セットトップボックス市場は、2010年までに、無料放送と有料放送を併せて8100万ユニットを超えるだろう
■ 先進市場では、今後数年間でHDへの移行が進み、新しいセットトップボックスの販売は、加入者数総計の減速によって相殺されるだろう
■ より多くのプロバイダがブロードバンドプロバイダと提携してサービスを提供するようになり、今後衛星セットトップボックス市場におけるイサネット接続が増加するだろう

インスタット社の調査レポート「デジタル衛星放送向けセットトップボックス市場の最新情報 - Digital Satellite Set Top Boxes」は、衛星テレビ向けセットトップボックス市場を調査した。主要市場の分析、技術傾向が産業に与える影響、世界のデジタル衛星テレビセットトップボックスの出荷数、平均価格、2010年までの地域別の収益予測、主要シリコンベンダのプロファイルなどを提供している。


[調査レポート]
デジタル衛星放送向けセットトップボックス市場の最新情報
Digital Satellite Set Top Boxes
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。