お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

クリーク・アンド・リバー社企画・製作の映画『赤い鯨と白い蛇』の監督・出演者が第16回「日本映画批評家大賞」で3つの賞を受賞

コンテンツ(映像、Web、広告・出版、ゲーム、モバイル等)の制作プロデュース及びクリエイター・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広、以下「C&R社」)が企画・製作した映画『赤い鯨と白い蛇』の監督・出演者が、第16回「日本映画批評家大賞」で3つの賞を受賞しました。

「日本映画批評家大賞」とは、評論家による評論家だけの目で選んだ他に類のない賞です。現代文化の一翼を担う映画を、更に充実・向上させたいという願いで純粋に観続け、長い歴史を知り尽くした評論家たちが、限りない愛情を注いで選出しており、今回で16回目を迎えました。


● 第16回日本映画批評家大賞 (日本映画批評家大賞HP リンク
特別女性監督賞:せんぼんよしこ監督
サファイア大賞:香川 京子
助演女優賞:樹木 希林

 授賞式典は3月27日(火)に行われ、せんぼんよしこ監督、香川 京子さん、樹木 希林さんを初めとする多くの受賞者が登壇されました。
 
 C&R社は、「クリエイターの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」のため、今後ともクリエイターの優れた企画を発掘・作品化し、良質な作品の提供に努めてまいります。



● 映画『赤い鯨と白い蛇』について
 映画『赤い鯨と白い蛇』は、脚本家の冨川元文氏がC&R社に企画を持ち込んだことがきっかけとなり、作品化されました。C&R社が、この企画に賛同した奥山和由氏をプロデューサーとして起用し、株式会社東北新社(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 洋)と共同で製作を手掛けました。本作品は 2006 年 11 月 25 日より、岩波ホールでの3ヶ月間のロングラン公開後、順次各地の劇場で公開しております。
『赤い鯨と白い蛇』公式サイト リンク


<ストーリー>
「私が忘れたら、あの人は二度死ぬことになるのよね・・・。」

老境を迎えた雨見保江(香川京子)は、孫娘・明美(宮地真緒)に連れられて息子夫婦の家に向かう途中、まるで引き寄せられるかのように、かつて戦時中に疎開していた館山の古い茅葺きの家を訪れた。
そこには、この家の持ち主である女性・光子(浅田美代子)が、小学生の娘と二人、姿を消した夫を待ちながら暮らしていた。まもなく、詐欺まがいのセールスをして逃げ回っている美土里(樹木希林)も現れる・・・。古い茅葺きの家に集まった5世代の女性たちは、そこで互いの人生を交差させながら、自分の胸の中にある本当の想いを、今一度見つめ直していく。


● 『赤い鯨と白い蛇』劇場公開日程
11 月 25 日(土)より岩波ホールにて公開後、順次他の劇場にて公開しております。
 (岩波ホールでの上映は終了いたしました。)

[北海道] シアターキノ 4/7~、シネマ・トーラス 4/28~
[宮 城] 仙台コロナシネマワールド 3/10~、仙台フォーラム 3/10~
[山 形] 山形フォーラム 3/31~
[群 馬] 太田コロナシネマワールド 3/10~
[千 葉] 千葉劇場(日程未定)
[東 京] 下高井戸シネマ 6/23~
[神奈川] 小田原コロナシネマワールド 3/31~ 、 シネマ・ジャック&ベティ 3/10~
[富 山] フォルツァ総曲輪 5/12~
[石 川] イオンシネマ金沢 1/6~1/19
[福 井] 福井コロナシネマワールド 4/21~
[岐 阜] 大垣コロナシネマワールド 3/31~
[静 岡] 静岡シネ・ギャラリー 4/14~
[愛 知] 小牧コロナシネマワールド 2/17~3/2 、安城コロナシネマワールド 2/17~3/2、
半田コロナシネマワールド 2/17~3/2 、シネマスコーレ 1/13~2/9
[三 重] 四日市中映シネマックス 3/24~ 、 津大門シネマ 4/14~
[京 都] 京都シネマ 2/24~3/9
[大 阪] OS名画座 1/27~2/9
[兵 庫] シネカノン神戸 4/7~、三宮シネフェニックス 2/10~2/23
[広 島] サロンシネマ(日程未定)
[愛 媛] シネマルナティック湊町 4/28~、アイシネマ今治 5/12~
[福 岡] KBCシネマ 2/3~2/23、 T・ジョイ リバーウォーク北九州 2/3~2/16
[熊 本] 熊本シネパラダイス 3/31~

● 株式会社クリーク・アンド・リバー社 概要
社名:株式会社クリーク・アンド・リバー社
本社:東京都千代田区麹町2-10-9 C&Rグループビル
設立:1990年3月
代表者:代表取締役社長 井川幸広
事業内容: クリエイティブに特化したエージェント、プロデュース、アウトソーシング、
      教育、出版、著作権およびコンテンツの管理・流通
URL:リンク (コーポレートサイト)
    リンク
    (クリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」) 

本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社クリーク・アンド・リバー社 
リンク
経営企画部 出口 まゆみ 
creek@hq.cri.co.jp
TEL:03-4550-0008 FAX:03-4550-0018

このプレスリリースの付帯情報

映画『赤い鯨と白い蛇』

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.cri.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。