logo

ベンチャー企業におけるCFO分掌人材の不足問題を解決!

ワークスシーズと未来予想、戦略的HRコンサルティング分野にて業務提携に合意 2006年12月22日 09時00分

人材紹介や人事コンサルティング活動を通じた企業支援を展開している株式会社ワークスシーズ(本社:東京都千代田区 代表者:代表取締役 渡邉克己)と、ベンチャー・中小企業の経営管理部門の実務支援を通じ、企業の未来予想図創造ビジネスを展開する未来予想株式会社(本社:東京都中央区 代表者:代表取締役 矢田峰之)は、ベンチャー企業のCFO分掌の人事コンサルティング分野において業務提携に合意いたしました。

1.業務提携の要旨
ワークスシーズは、人材紹介・派遣サービスや人事コンサルティングサービスをはじめ、「人的資源」を中心に顧客企業に対する成長支援を行い、多数の実績を挙げております。
一方で、未来予想は、経営企画・管理部門を対象としたコンサルティングを強みとしており、経営企画・管理部門におけるCFO(最高財務責任者)やCSO(最高経営戦略責任者)といった人材不足・採用難という問題を抱えるベンチャー・中小企業に対し、事業戦略の立案、利益計画の作成、資本政策の策定、資金調達などのアーリーステージ企業の成長支援から、内部統制の整備やシステム開発、IPO・M&Aといった局面のコンサルティングまでを「人・資金・知恵・情報・IT」を活用してカバーし、株式公開に向けた経営管理体制の構築・強化を支援しております。
この度、両社が業務提携を進めることで、圧倒的に不足しているCFO分掌の人材不足ニーズをワークスシーズが発掘し、未来予想は、経営管理・内部統制システムを「仕組化」。その後、自社内で運用管理出来る「人材」をワークスシーズが随時補充提供することで、IPOに向けた「仕組みと人材」の両輪を提供し、ベンチャー企業成長の後方支援体制を確立して参ります。

2.業務提携の背景
ベンチャー企業が成長する局面においては、様々な成長ストーリーが存在しますが、全てに共通しているのは、成長戦略を実施レベルに落とし込むことの出来る人材と、それを運営管理出来る人材が必要不可欠であるということです。
 成長スパイラルを描くためには、先ず資金が必要になります。ここでは、自社の事業計画を数値化し、IR資料を準備し、金融機関や投資事業会社との折衝ができ、且つ、事業を数値面で管理できるCFO(最高財務責任者)の存在が重要になります。そして、調達した資金をもとに売上を伸ばしていくためには、実際に営業計画を立案し、広報活動、宣伝・プロモーション活動を展開できる実務畑のマーケッターや、取り扱う商品・サービスを熟知した営業部門の責任者が必要になります。最後に、IPO(株式公開)に向けた内部統制や経営管理体制の強化を図るために、管理本部長といった経営管理面のプロフェッショナル人材の存在が重要になって参ります。
しかしながら、こういった実務で活躍しているプロフェッショナルな人材がマーケットに流出する量は非常に少ないのが実情です。更に、一般的にベンチャー企業にとって多大な採用コストを負担することは難しく、且つ、採用時に提示できる報酬にも限度があり、なかなか自社の力だけでは採用が進捗しないことが多いようです。
そこで、IPOに向けて優秀な人材の採用に注力している未来予想の顧問先に、ワークスシーズがプロフェッショナルな人材を斡旋することで、ベンチャー企業内の人的資源をバリューアップさせ、継続的な成長スパイラルの構築を支援して参ります。

                                          以上

■ワークスシーズ会社概要
(1)商   号:株式会社ワークスシーズ(リンク
(2)代 表 者:代表取締役 渡邉 克己
(3)本店所在地:東京都千代田区二番町9-10
(4)設立年月日:平成15年8月
(5)事業の内容:有料職業紹介事業
          一般労働者派遣事業
          人事コンサルティング事業
(6)資本金:9,500千円

■未来予想会社概要
(1)商   号:未来予想株式会社(リンク
(2)代 表 者:代表取締役 矢田 峰之
(3)本店所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目36番7号 蛎殻町千葉ビル2階
(4)設立年月日:平成18年9月
(5)事業の内容:経営企画・管理部門コンサルティング事業
           ファイナンスコーディネート事業
           システムインテグレーション事業
           IPO・M&Aアドバイザリー事業
(6)決算期:3月31日
(7)資本金:58,000千円

■本リリースに関するお問い合わせ
未来予想株式会社 経営管理部 広報担当
Tel: 03-6667-5880  Email: pr@miraiz.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事