お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

モバイルオペレータは前払い/後払い統合型の課金ソリューションを実現するため、2006-2011年に48億ドルを支出

英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は出版した調査レポートにおいて、前払い/後払い統合型課金ソリューションの実現のために、モバイルオペレータによるソリューションサプライヤへの総支出額は2006-2011年の間に48億ドルを超え、2006年の3億ドル未満から2011年の11億ドルにまで成長すると予測している。

英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は、モバイルオペレータは前払い/後払い統合型の課金ソリューションを実現するために、ソリューションサプライヤに2006-2011年の間に48億ドル以上を支出するだろうと予測する。支出額は、2006年の3億ドル未満から2011年の11億ドルにまで成長すると予測している。

調査レポートの著者であるBruce Gibson氏は、「これらの数字はかなり控えめである。ここには、”社内向け”の投資は含まれておらず、実質的にオペレータが負担する支出を表しているので、課金ソリューションのサプライヤやシステムインテグレータにとっては朗報である。市場を牽引するには時間はかかるだろうが、これらの課金ソリューションによってオペレータが成功のために努力し競争的に有利な立場を確保すれば、ドミノ倒し式に市場は拡大するだろう」と語る。

課金ソリューションはこれまで前払い方式にかなり依存してきた。発展途上の市場や、市場そのものが未開拓であった地域での導入に重点がおかれてきた。このような展開は継続し、サプライヤのビジネスチャンスも続くだろうが、この最も大きな収益源は、非常に競争の激しい欧州市場でより複雑な統合化へのデマンドが起こり、今後5年間で縮小する傾向がでてくるだろう。

■ 欧州のオペレータの欧州以外における統合モバイル課金ソリューションへの支出は、2006年の1億ドル強から2009年までに1年あたり3億5000万ドル成長すると予測される
■ 欧州のオペレータの欧州以外への、2006-2011年の累積的な支出は16億ドルを超え、世界総計の34%と予測される

支出の累計が次に大きい地域は、アフリカ、中東、ロシアなどの成長市場を含むROW(Rest of the World)である。多くの国々とモバイルオペレータを擁するロシア連邦は、2006-2011年の期間に世界の統合モバイル課金ソリューション支出の25%を占めるだろう。また、アジア太平洋地域とラテンアメリカの市場においても大きな支出が予測されるが、北米市場はこの予測期間にはサプライヤのビジネスチャンスは小さいだろう。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
携帯電話利用料金の統合課金ソリューション市場調査:ビジネスチャンスと予測 2006-2011年
Convergent Mobile Charging Solutions
Opportunities & Markets (2006-2011)
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。