お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

RFID 非接触型支払い市場

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

非接触型支払い技術は、現在限定的な範囲での試行と導入がはじまったばかりであるが、決済バリューチェーンの主要企業にとっての大きな潜在性を示している。非接触型支払いは、クレジットカード会社製品の利用を増加させ、製品とサービスの差別化を計りたいと考えているクレジットカードの発行者、決済のスピードと決済額を短縮できる商人、現金を持ち歩く必要がなく商品の支払い時間を短縮できるクレジットカード所持者と、それぞれのユーザにとって有益である。これらの潜在的な利点に関わらず、オープンシステム非接触型支払いの機能が主流になるためには、あらゆる関係者の賛同が必要となる。既存の支払システムにおける地域や場合によっては、国の違いを考慮すると、国境を越えた非接触型の導入はしばらくの間足並みがそろわない可能性がある。
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「RFID 非接触型支払い市場」は、世界の非接触型支払いのアクセス環境と、技術の導入を拡大するうえで直面する技術とビジネスの両面の課題を詳細に記載している。また、非接触型支払が世界で導入される方法、理由、地域を説明している。


◆調査レポート
RFID 非接触型支払い市場:オープン非接触型支払いシステムへの移行
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。