logo

MVNOの新たな事業:西ヨーロッパのMVNO加入者は3千万、2年で60%増加

フランスの調査会社イダテ社は、MVNOはたった2年で、2006年半ばに西ヨーロッパ地域で3千万の加入者を獲得し、モバイルサービス加入者の約10%を占めるようになったと予測している。

2006年11月28日
ヨーロッパ、北米、アジアにおける多くのケーススタディに基づいて、フランスの調査会社イダテ社の調査レポート「MVNOの新たな事業 - MVNO:The new deal」は、MVNO現象を徹底的に調査した。2011年までの成長シナリオと戦略分析によって、新たな市場参入企業のバリューチェーン全体に与えるインパクトに関する理解を助けるだろう。MVNOはたった2年で、2006年半ばに西ヨーロッパ地域で3千万の加入者を獲得し、モバイルサービス加入者の約10%を占めるようになった。

国によって普及の速度は異なるが、MVNO現象はモバイルの先進市場においてはひとつの成長理論であり、途上国では成長促進要因である。MVNO(mobile virtual network operators)は、モバイル市場の競争を活性化するとして、規制機関のバックアップを得ている場合もある。したがって、MVNOの発展の道筋は、状況的にも、技術や規制環境にも、あらゆる面で開かれている。

*MVNOは、西ヨーロッパや北米のように既に飽和状態またはそれに近い市場においても、成長の余地を見つけ出すために必要な動きのひとつである
*MVNO現象はまたネットワーク統合の背景であり、付加価値サービスの採用をすすめた

ヨーロッパでMVNOが大きく成長した要因のひとつに、規制環境がある。NRAは、市場競争を促進するためにMVNOに協定を発令した。この規制機関の選択によって、ヨーロッパ周辺の国々によってばらつきが生じた。

新しいモバイル環境が整い、MNOなどのジェネラルなオペレータは支持され、専門分野に特化したオペレータはMNOによってますますユーザターゲットを選別するようになった。既存のMVNOは、下記の2つのアプローチの1つを選択した。

*安価のMVNO:利益を削って定価を下げる
*ニッチMVNO:品質の劣るサービスでニッチを探り、既存のユーザの要望に沿ってARPUを発生させる

MVNO現象の概説と衝撃の全容:MVNO現象は1998年に北欧でスタートし、2006年中頃までにはアジアで徐々に進みながら、西欧と北米で進捗した。アメリカはMVNO企業が60社以上と最も多く、アジアでは国によって異なる。

西欧でも国によるばらつきは大きく、ドイツ、ベルギー、イギリスなど北の国々ではMVNO加入者数が多く、フランス、スペインでは大幅に少なく、イタリアでは全くないという状況である。

MVNOがモバイル市場に登場して、着実なシェアを獲得し、MNOへの重大な脅威を立証し、特に北ヨーロッパでは影響が大きい。また市場の末端では、小売価格とARPUの急下落につながった。


◆調査レポート
MVNOの新たな事業
リンク

◆仏イダテ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事