お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ターボリナックス、AsteriskベースIP-PBXソフトウェアの新バージョンを発売

~NTT東西のひかり電話ビジネスタイプに正式対応、パートナープログラムも開始~

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、オープンソースソフトウェアである「Asterisk」をベースとしたIP-PBXソフトウェア「InfiniTalk(インフィニトーク)」の新バージョンを発売することを発表いたしました。

本バージョンでは、東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社が提供する「ひかり電話ビジネスタイプ(*1)」へ直接接続することが可能となりました。また、電話をより便利に使用できる新しい機能や、新たな接続可能端末を追加しました。
本製品を使用すれば、特別なメディアゲートウェイ装置無しに各種IP電話サービスへの接続が可能となり、従来のPBXと比べ非常に安価にオフィスの電話環境を構築することができます。

本製品は、2006年12月下旬(予定)よりターボリナックスおよび販売パートナー経由にて提供開始いたします。本製品の販売に合わせ、ターボリナックスでは販売パートナー制度をスタートします。これまで電話商材の取り扱いが無かったシステムインテグレーターを中心に、トレーニングやバックエンドサポートを提供し、ソフトウェアIP-PBXの市場をさらに拡大してまいります。

※本製品の詳細は以下のURLでご覧になれます。
リンク

(*1)
「ひかり電話ビジネスタイプ」は、NTT東日本、NTT西日本が提供する企業向けIP電話サービスです。「ひかり電話ビジネスタイプ」サービスの概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
NTT東日本 リンク
NTT西日本 リンク


■ 製品概要

【製品名】InfiniTalk SP1
【発 売 日】2006年12月下旬予定
【販売価格】198,000円(税別)/10ユーザー
【対応環境】OS:Turbolinux 10 Server
【無償(製品付属)サポート】90日間のインストールサポート
【有償サポート】1年間のサポートおよびバージョンアップ権利
その他、サーバーの構築から障害対応、24時間の監視まで各種サポートサービスメニューを提供いたします。
※本製品をご利用頂くためには、別途Turbolinux 10 Serverが必要となります。

【新機能の概要】
▼ひかり電話ビジネスタイプに正式対応
「固定電話並み」と定義される0AB~Jサービス(市外局番03や06などが使えるIP電話サービス)に直接接続が可能。厳しい検証項目をクリアした、キャリアグレードの通話品質を実現しました。高価なゲートウェイ装置も必要ありません。ダイヤルインにも対応しています。
※他のIP電話サービスにも順次対応予定です。

▼利用可能端末を追加
既存ユーザーからの要望が高かった、ソフトフォン用USBハンドセットおよび、構内放送/一斉告知/ドアフォンシステム(*2)を販売ラインナップに追加しました。これまでSIP電話機の価格がネックでIP-PBXの導入をためらっていた企業も、USBハンドセットを利用することにより非常に安価にシステムを導入することが可能になります。

(*2)
株式会社エイツー「LANdeVOICE PBSP-SIP/PBSP-SIO-SIP」
リンク

▼便利な機能を追加
特番での代理応答が可能になりました。また、ボイスメール着信を端末ランプを光らせてお知らせしたり、多機能ボタンに外線着信の割り当てを行えるなど、日本で使われるボタン電話の使用感により近づけました。さらに、時間外アナウンスやIVRの音声を電話機から録音できるようになったほか、当社で接続テストを行っていないSIP端末を接続するためのSIPテンプレート作成機能を搭載するなど、ユーザーからのご要望にお応えし、各種機能を追加しました。

【前バージョンからの主な変更点一覧】
- MWI(Message Waiting Indicator)
RFC3842に準拠したボイスメール通知。IP NETPHONE SXおよびVTL-ST02Hに対応。

- パーク保留
特番によるパーク保留の実行と解除。IP NETPHONE SX対応。

- 代理応答グループ
指定グループへの着信を特番でピックアップ。グループの作成は、電話機だけでなく、ユーザ名での指定が可能。

- SIP設定テンプレート
SIP設定用テンプレートのカスタマイズが可能。検証済みテンプレートはプリセット済み。

- SIPレジスタ
SIPレジスタの設定と状態表示。

- SIPの高度な設定
SIPの動作をカスタマイズ可能。上級者向け。

- SIPセッションタイマ
SIPのセッションタイマ拡張(RFC4028)をサポート。

- サウンド管理
システムで使用する音声ファイルを一元管理。ファイルのアップロードだけではなく、電話機から録音も可能。

- ダイヤルイン
外線着信を内線番号へ転送できるよう拡張。ユーザの内線設定が反映する。

- 新ダイヤルアクション
ダイヤル先に、電話機だけではなく電話番号を指定可能に。

- セットアップウィザード
初期設定がWeb画面上から操作可能に。

- TurboPhone(ソフトフォン)
SIPセッションタイマ
呼び出し音出力デバイスの設定
着信音カスタマイズ
着信音鳴り分け

- その他
スパイラルコール(折り返し発信)が可能に
シグナルが交差した場合の挙動を見直し
通話不可時の処理を見直し。無用な音声ガイダンスを削除して課金に配慮
RTP送信にZaptelが内蔵するクロックを使用して音質の向上外線側の保留音を再生可能に無応答転送(INVITEのフォーク)に対応
inband DTMFの透過処理
日本向けトーンの収録
再送処理タイマの仕様準拠
送信SIPヘッダの1行あたりの最長サイズ指定による折り返し、など


Linux はLinus Torvalds氏の商標または登録商標です。Asteriskは、Digium,Inc.の商標または登録商標です。ターボリナックスおよび Turbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。