logo

jigletコンテスト結果発表、ユーザーが生んだオリジナル作品応募多数!

『jiglet.jp』、jigletダウンロード数が10万件を突破!

携帯電話初のPCサイトが閲覧できるフルブラウザ「jigブラウザ」の企画・開発・販売を行う株式会社jig.jp(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:福野 泰介)は、2006年10月1日より11月30日まで開催した『jiglet contest 2006 autumn』(以下『jigletコンテスト』)の入賞者を決定致しました。

『jigletコンテスト』は、jigブラウザの認知度向上とjigletのさらなる普及を目的にjig.jpが主催した、ユーザー参加によるオリジナルjiglet作成のコンテストです。
今回、初の試みにもかかわらず、ユーザーの自由な発想によって作成されたオリジナルjigletの応募を多数頂きました。

審査はユーザーが選ぶものとし、応募頂いた各オリジナルjigletの作成者ごとのダウンロード合計数を元に、上位10名の入賞者を選定致しました。

入賞者の皆様には「jigブラウザ」1年分のライセンスをプレゼント致します。

■ jiglet contest 2006 autumn 入賞者結果発表(順不動)
 【jiglet.jp 作者登録名】
 ・HIDさん
 ・ameさん
 ・daisukeさん
 ・だめ狼。さん
 ・F90Xさん
 ・たまさん
 ・ユンさん
 ・Yukiさん
 ・SGさん
 ・雷凪耕太さん

■ 期間中に応募された主なオリジナルjiglet
 ・「jigモン」     :リンク
 ・「コルクボード」 :リンク
 ・「読心君」    :リンク
  ※その他の応募作品は下記をご参考ください。
   URL:リンク

また、この度『jiglet.jp』からのjiglet累計ダウンロード数が、サービス提供開始から7ヶ月で10万件を突破致しました。2006年5月8日、32個のjiglet登録数にてサービスを開始した『jiglet.jp』では、現在登録数が168個を超え、提供jiglet数も順調に増加しております。

■ jiglet.jp サービス開始から現在までの総合ダウンロードランキング
  URL:リンク
  2006年12月13日現在 1位:jigマルチリモコン
                2位:jigベンチマーク
                3位:jigメーラー
                4位:jigポッドキャストプレイヤー
                5位:jigスケジューラ

今後とも、jig.jpでは携帯電話をより便利に利用できるjigletの開発を行っていくと共に、一般のjiglet開発者に公開の場を提供することで、さらなる自社サービスの向上を目指してまいります。

【 概 要 】
■ jiglet contest 2006 autumn 結果発表日
  2006年12月13日(水)

■ jiglet contest 2006 autumn サイトURL
  リンク

■ jiglet.jp サイトURL
  リンク

■ jigブラウザ サイトURL
  リンク
  ※報道関係者向けにjigブラウザのフリーライセンスを発行致します。
    ご希望の方は< info@jig.jp >までご連絡ください。

■ jigブラウザ対応機種
 ・NTTドコモ  
  FOMA903i/902i/901i/900i/800i/702i/701i/700iシリーズ、mova506i/505iシリーズ、
  Music Porter II/prosolid II/premini-II/premini-IIS/MUSIC PORTER X
 ・KDDI
  W11H/W11K/A5407CA/A5406CA/A5403CA
 ・ソフトバンクモバイル
  3Gシリーズ
  (911SH/910SH/910T/905SH/904SH/904T/903SH/903T/902SH/902T
   811T/811SH/810T/810SH/804N/804SH/804SS/803T/802SH/802N/
   706SC/705SC/705N/705P/705T/705SH/703SHf/703SH/703N)
 ・ウィルコム
  W-ZERO3シリーズ(WS003SH/WS004SH/WS007SH)、WX310SA/WX310J

用語解説

※ jigletとは
jigletVM上で動作する事ができるアプリケーションです。jigブラウザのプラグインとして利用することができる他、単体のアプリケーションとして動作することもできます。jig.jpが提供しているアプリケーションの他、『jiglet.jp』で公開されている開発キットを使用しユーザーが開発して提供することもできます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事