お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

急成長の段階に入ったワイヤレスM2Mセクタは、2009年までに440億ドルに達する

ジュニパーリサーチ社は調査レポート「無線テレマティクスとM2M市場調査:成長期を迎える2006-2011年の予測」において、無線M2Mによる収益は2011年に740億ドルに達すると予測している。

英国の調査会社ジュニパーリサーチ社によると、無線技術によるM2M(Machine-to-Machine)アプリケーションは新たな成長段階に入り、収益は2006年の200億ドルから2009年の440億ドル、2011年には740億ドルにまで達するだろうと報告している。

ジュニパーリサーチ社の調査レポート「無線テレマティクスとM2M市場調査:成長期を迎える2006-2011年の予測」の著者Therese Cory博士は、「ワイヤレスのM2Mは、すべての産業にわたって大きな組織の作業を変革するものであり、従来では想像できなかったような方法でIT設備を拡充し、ビジネスチャンスをつかむというヴィジョンを示した。M2Mは、成功した導入モデルや、実現技術がすべて出揃い、コンセプトが証明済みであることが、いくつかの産業において目に見えて示されているというめずらしい市場である」と語っている。

これまでM2M技術の急速な市場採用を防げてきたのは、以下の項目である。
■ 長くて複雑で相互に依存しているサプライチェーン
■ スタッフにいきなり新しい働き方やバックオフィスシステムを要求するビジネスケース
■ ソリューションは注文設計であるという性質
■ ハードウェア、ソフトウェア、システムインテグレーションにおける高額な
コスト


これらの要因によって、ビジネスへの採用が制限され、完全には市場に発表されない多くの小規模のプロトタイプに終わるという結果になってきた。 にもかかわらず、今日の市場は多くの重要な要因によって変わった。
■ より魅力的な法的環境
■ 無線技術の改良
■ コンポーネントコストの減少
■ インタフェースの規格化
■ 新しい産業とアプリケーションによる採用

これらの新しい牽引要因が、ワイヤレスM2Mの真の価値についての理解を深め、マス採用を妨げる障害を取り除いている。例えば、家庭での糖尿病患者の管理や、モバイルハンドセット機能の無線アップデートなどの新しいアプリケーションなどにおいてである。

特に無線オペレータには、長期的に見ればほとんど無制限のビジネスチャンスがある。この機会を理解するには、各社が単独で接続を提供するという現状から、バリューチェーンを高めるための革新的な新しい戦略への転換が必要である。巨大な接続デバイス数、音声に比べて顧客獲得の費用が低いことなどから、M2Mには大きなビジネスチャンスがある。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
無線テレマティクスとM2M市場調査:成長期を迎える2006-2011年の予測
Wireless Telematics & Machine to Machine- Entering the Growth Phase (2006-2011)
リンク

ジュニパーリサーチ社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

ワイヤレスM2Mの地域別収益予測 2006-2011年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。