logo

日本と韓国のフリートマネジメントシステム市場

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

GPS対応の携帯電話の普及によって、日本と韓国の中小企業による商用の車両向けテレマティックスの導入を妨げていた障害が減少した。両国の輸送キャリアは、減少した利益幅を補うため車両の効率性と運営コストを最小限に抑えるという問題を、電子フリートマネジメントシステム(FMS)を利用することによって解決した。日本政府が推進する画期的な高度道路交通システム(ITS)により、商用テレマティックスは国内の貨物輸送トラックのみならず救急車、レンタルカー、公共の交通機関に導入された。
韓国では、モバイル端末経由の位置情報サービス(LBS)によって、多数のサービスプロバイダやハードウェアメーカーが商用車両向けLBSアプリケーションを拡大した。日本と韓国の企業は、商用のテレマティックスサービスに関心を持っているが、理由のひとつにアプリケーションの多様さが挙げられる。ABIリサーチは、ロジスティックス業界と技術開発の向上によって両地域の商用テレマティクスサービスに新たに弾みがつくと予測している。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「日本と韓国のフリートマネジメントシステム市場」は、主要な商用車両向けテレマティックスサービスの概要とFMSハードウェアソリューションプロバイダとオペレータのプロファイルを記載し、FMSの導入に拍車をかける政府のイニシアチブを分析している。また、2011年までの市場予測を記載している。


◆調査レポート
日本と韓国のフリートマネジメントシステム市場:商用テレマティックスの動向、主要プレイヤー、アプリケーションと市場予測
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事