logo

アズジェント、IPアドレスを管理することにより、ネットワークのセキュリティを向上させるIPアドレス管理ソリューション「IPScan」を販売

アズジェント、韓国ViaScope社と販売提携

コンピュータ・ネットワークの存在がビジネスの前提となっている今日、ウイルス対策、不正アクセス対策といった外部要因へのセキュリティ対策は最低限のルールとなっています。そして、新たに検討されているのが、様々な情報漏えい事件で浮かび上がってきた内部セキュリティ対策です。多くの企業が、私用PCの社内への持込禁止を行っています。これは、ウイルスの持ち込みや情報漏えいといったセキュリティ上の懸念が存在するためです。すべてのパソコンのOSやウイルス対策ソフトのパターンファイルが最新である保証はなく、万が一、大規模な情報漏えいが発生したら、企業の実質的な損害はもちろん、イメージダウンははかりしれないものとなります。
しかしながら、企業内に何百台もあるPCの中から、接続許可のないPCを探し出すことは大変手間のかかる作業です。また、社内にあるすべてのIPアドレスをExcelシート等で作成した台帳で管理することは手間がかかるとともに、重複等のミスを起こす原因となりかねません。
このため、簡単にネットワーク内に接続されたPCの情報を収集し、管理するための商品が求められていました。

 
アズジェントの販売する「IPScan」は、ネットワークに存在するすべてのIP・MACに係る情報を自動収集し、ネットワーク管理者が許可していないIP・MACアドレスに対するネットワーク接続を制御します。また、リアルタイムで台帳が更新されるため、どのIPアドレスが使用されているのか、未使用のIPアドレスはどれかを一目で理解することができます。さらに、ルータや共有サーバ、プリンタといった重要な機器のIPを保護することにより、一般のPCのIPアドレス競合の問題を防ぎ、ネットワークの安定運用を図ります。
「IPScan」は、導入が簡単で既存ネットワークに追加するだけで、IPアドレスの収集を開始できます。また、各PCへのエージェントソフトのインストールは不要なので、ネットワーク管理者はすぐに管理を開始することが可能です。

このプレスリリースの付帯情報

IPアドレス管理ソリューション IPScan

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事