logo

ジョインベスト証券、シンプレクス・テクノロジーの最先端リアルタイム・トレーディング・ツール 「SPRINT(スプリント)」をベースとした「ジョインベスト・エクスプレス」を2007年2月サービス開始予定

ジョインベスト証券独自の逆指値注文機能も搭載

野村ホールディングス株式会社の100%子会社である、ジョインベスト証券株式会社は、金融機関の収益業務(フロント業務)に特化したシステムソリューション開発事業を展開する株式会社シンプレクス・テクノロジーの最先端リアルタイム・トレーディング・ツール「SPRINT」の採用を決定し、ジョインベスト証券独自の機能を追加、2007年2月「ジョインベスト・エクスプレス」としてサービスを開始する予定です。

野村ホールディングス株式会社(東証一部:8604)の100%子会社であるインターネット専業証券会社、ジョインベスト証券株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:福井 正樹 以下 ジョインベスト証券)は、金融機関の収益業務(フロント業務)に特化したシステムソリューション開発事業を展開する株式会社シンプレクス・テクノロジー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:金子 英樹 東証一部:4340 以下 シンプレクス・テクノロジー)がASPサービスとして提供する最先端リアルタイム・トレーディング・ツール「SPRINT(スプリント)(*1)」の採用を決定し、ジョインベスト証券独自の機能を追加、2007年2月「ジョインベスト・エクスプレス」としてサービスを開始する予定です(*2)。


【ジョインベスト・エクスプレスの特徴】
(下記特徴に関する画面イメージは、添付資料でご覧いただけます)

■ マウス操作だけで簡単に注文の発注・訂正・取消が可能な注文画面
・ リアルタイムに自動更新される各種情報のうち、板画面の気配を見ながらマウス操作だけで、簡単かつスピーディーに発注ができます。
・ 板画面で表示されている自分の注文を、訂正したい価格にドラッグ&ドロップするだけで注文価格の訂正ができ、ゴミ箱アイコンにドラッグ&ドロップするだけで注文を取消しできます。
・ 約定結果はリアルタイムでポップアップ表示されます。
・ トリガー価格を設定しておくと、現在値がそれに達したときに、指定した指値注文(または成行注文)が速やかに発注できるジョインベスト証券独自の逆指値注文機能も搭載。


■ 自分の気になる銘柄の表示順や表示項目を自由に変更できる株価一覧
株価一覧画面では、自分の気になる銘柄グループごとに保存しておくことができ、その表示順はドラッグ&ドロップで自由に変更できます。また、前日比、騰落率、出来高をはじめとする多数の項目から、必要なものだけを選んで表示でき、項目の表示順も画面上で項目名をドラッグ&ドロップするだけで変更できます。


■ 高機能チャートを搭載
移動平均線や一目均衡表など、多数のチャートに対応。それぞれのチャートの設定も自由にカスタマイズできます。また、チャートのツールを使って、チャート上にトレンドラインなどの分析ツールやテキストを自在に書き込むこともできます。


ジョインベスト証券株式会社について
代表者 :代表取締役社長 福井正樹
所在地 :東京都港区港南2-15-1
資本金 :64億円(2006年12月12日現在)
主な事業の内容 :インターネットを利用した総合金融サービス
ホームページ :リンク

株式会社シンプレクス・テクノロジーについて
代表者 :代表取締役 金子英樹
所在地 :東京都中央区日本橋1-4-1
設立 :1997年9月
資本金 :3億4千万円(2006年3月31日時点)
従業員数 :143名(2006年3月期期中平均)
主な事業の内容 :金融機関の収益業務分野におけるシステム開発
ホームページ :リンク



【本件に関する問い合わせ先】
ジョインベスト証券株式会社
広報担当:小川、竹澤
TEL 03-5460-2006

株式会社シンプレクス・テクノロジー
アドミニストレーショングループ:瀬尾
TEL 03-3278-6750

このプレスリリースの付帯情報

画面イメージ(画像は開発中のものです)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

*1:「スプリント」は、シンプレクス・テクノロジーが証券会社など金融機関向けに提供するサービスです。「スプリント」を利用したトレーディングツールの個人投資家向けのサービスは、証券会社を通じて提供されます。シンプレクス・テクノロジーは、今後も証券会社を中心に「スプリント」の拡販を目指します。

*2:ジョインベスト証券に口座をもつ顧客は、「ジョインベスト・エクスプレス」を無料で利用することができます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事