お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アリエル・マルチスケジューラ 4.6を公開

~ 新たにToDo機能やマイルーム機能を追加し、今後はライフハックツールとしての機能を強化 ~

アリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小松宏行、以下アリエル・ネットワーク)は、本日2006年10月26日(木)より無料のスケジュール管理ソフトであるアリエル・マルチスケジューラの最新版となる、バージョン4.6を公開致します。

【マルチスケジューラに個人用のToDo管理機能が追加】
アリエル・マルチスケジューラは、インターネット経由で手軽にスケジュールの共有を実現することができる、新しいコンセプトのスケジュール管理ソフトです。
 これまでマルチスケジューラでは、予定表の共有機能のみを実装していましたが、このたびバージョン4.6においては、利用者の方々から数多く頂いていたご要望に対応し、マイルーム機能とToDo管理機能を実装いたしました。
 これにより最新のマルチスケジューラは、グループ単位でのスケジュール共有ツールとしてだけでなく、個人のToDoや作業メモなどのタスク管理ツールとしても、利用できるようになります。

【マイルームにおいて個人の予定やToDoを効率的に管理が可能】
 マルチスケジューラ 4.6では、利用者は「マイルーム」という今回新たに実装された個人用スペースにおいて、自分の予定及びToDoの入力・管理を行うことができます。併行して会社やプロジェクトのメンバーと、複数の「ルーム」という情報共有スペースを作成することで、LAN内やインターネット経由でのスケジュール共有が可能です。
 マルチスケジューラにおいては、各ルームの予定は他のルームには詳細が表示されないようになっていますので、マイルームに作成した予定は完全にプライベートの予定として、また各ルームで作成した仕事の予定は、それぞれ詳細を別のルームのメンバーに見せることなく、セキュアに一元管理することができます。
 また、今回実装されたToDo機能においては、ToDoの期限を管理するだけでなく作業時間の見積や実績を入力することができ、グラフ表示機能やステータス・コメント機能、データの変更履歴管理等も利用できるため、個人レベルで詳細なタスク管理を実施することも可能です。

 アリエル・ネットワークでは、今後マルチスケジューラを、「ライフハック」と呼ばれる個人の仕事の効率化や、効果的な情報管理を支援するライフハックツールとして位置づけ、ウェブサービスや他のソフトウェアとの連携などの機能追加を積極的に行っていく予定です。

【関連リンク】
■アリエル・マルチスケジューラについてはこちら
リンク

このプレスリリースの付帯情報

画面イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。