logo

アッカ・ネットワークスとシステムズナカシマ、 設備業のIT化促進に向けて協業し、情報共有ソリューションを開発

~ 事業協同組合会員間を専用ネットワークでつないだ情報共有システムを提供 ~

株式会社アッカ・ネットワークス、株式会社システムズナカシマ 2006年10月16日 13時00分

株式会社アッカ・ネットワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂田 好男、リンク、以下 アッカ)と株式会社システムズナカシマ(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:中島 義雄、リンク、以下 システムズナカシマ)は、電気工事設備業や管工設備業などの事業協同組合向けに、組合会員間を専用ブロードバンドネットワークでつなぎ安全な環境下で情報共有やコミュニケーションの改善を実現するソリューション「Net Master(ネット マスター)」を共同開発しました。
「Net Master」は、まず11月1日よりテストサービスを展開し実際の利用環境における機能性確認を行い、2007年1月に本格サービス展開を開始する予定です。

電気工事設備業や管工設備業などの設備業界は、全国に約6万4000社の事業者があり、地域単位で約1200の事業協同組合が組織されています。これらの設備業組合では、会員事業者の業務効率改善や経営基盤の強化などを目的に、情報交換や各種講習会などが実施されています。しかし、会員にはIT/通信の利用環境が未整備の中小事業所が多く、従来のFAXや電話のみというコミュニケーション手段が、組合活動の効率化、スピード化における課題となっておりました。

今回開発した「Net Master」は、組合会員間とデータセンタを閉域ネットワークでつなぎ、このネットワーク上でグループウェアを利用することで、会員事業者同士のコミュニケーション向上、情報共有化を促進させ、組合活動の効率改善を実現するソリューションです。「Net Master」の高セキュリティ性と、特別なITスキルを必要としない簡単な操作性から、従来はデジタル化が進んでいなかった設備業においてもIT活用の情報共有基盤として効果的であり、顧客情報や公募/入札情報、設計図面データ、自治体への各種申請フォーマットなどを限定されたメンバー間で共有することにより、効率的な経営戦略の実現が期待されます。


≪「Net Master」の主な特長≫

[1] 安全な情報共有基盤を構築
インターネットに接続しない、組合会員のみが利用できる専用ネットワークをADSL回線によって構築することで、外部からの不正アクセスやウイルス感染、情報漏洩のリスクが少ない安全なネットワーク上で組合会員間の情報共有が実現されます。

[2] コミュニケーションを向上させるグループウェア機能
組合が開催する行事の通知/出欠確認機能、情報共有メンバーを指定可能な掲示板機能、事業関連資料などを共有保存するファイル分類/検索性に優れた文書庫機能など、情報共有のための豊富な機能により、組合活動のスピード、業務効率、コミュニケーションが向上します。

[3] 中小事業所にとっても導入/運用負担が少ない提供形態
ASPサービス(ネットワークを通じたレンタル提供形態)として提供されるため、導入時のコスト負担が少なく、またインストールやバージョンアップなどシステム管理も不要であり、ITマネージャなどが不在の中小事業所でも容易に導入が可能です。

[4] モバイル端末で社外からの利用も可能
株式会社ウィルコムのW-ZERO3での利用が可能なため、営業先や工事現場でのデータ利用など積極的なIT活用によって業務効率化を実現します。


システムズナカシマでは、約20年にわたり設備業に特化したCADシステムをはじめとした数多くのITソリューションを手がけており、2006年5月には設備業界内のIT活用支援を目的に、IT関連企業15社と「全国設備業IT推進会」を設立し、事務局として積極的な展開を行っています。この「全国設備業IT推進会」では、全国の設備業組合を対象として各種IT関連セミナーを無償で実施すると共に、専用サイトとして「設備経革広場」を立ち上げ、IT化に関する全国の組合活動を公開するなど、組合間の交流を促進しています。

またアッカでは、自社のADSL回線と中継網による閉域ネットワークを大規模事業所のみならず中小事業所にも幅広く拡販するために、ソフトウェア/ハードウェアベンダやASP事業者などとの協業によるITシステムと組合せたソリューションサービス展開を進めてまいりました。特にIT/通信の活用環境構築が遅れている業種/業態においても、積極的な市場開拓を目指して「安全」「簡単」「低コスト」なソリューション型サービスの提供を進めており、製造/教育/医療分野などでの展開に続き2006年5月には「全国設備業IT推進会」の推進メンバーに加盟して設備業という新たな分野への展開を開始しました。

両社はこの「設備業のIT化促進」という共通のビジョンのもと、ITとブロードバンドネットワークの効果的な利用による業務改善ソリューションの検討を続けた結果、アッカの中小事業所ニーズに即したセキュアで低コストなネットワーク構築ノウハウと、システムズナカシマの設備業に特化したソリューション開発力を集結させた「Net Master」の開発に至りました。

本ソリューションは、設備業組合を対象にシステムズナカシマよりネットワークを含めたワンストップサービスとして一括提供されます。ユーザにとっては問合せ窓口の一本化によって、従来のようなITシステムとネットワークを切り分けて考える必要がなくなり、導入/運用時における負担が軽減されます。

さらに今後両社では、全国の組合への導入を促進するために、情報共有の必要性などをテーマとした組合単位でのセミナーを積極的に開催するとともに、企業単位での閉域ブロードバンドネットワークの導入も促進します。また、設備業以外のマーケットに関してもIT化推進に寄与するサービスの開発および提供を共同で進めるなど、さらなる協業関係の強化によって両社の事業拡大を目指します。


【本件に関する問合せ先】

株式会社アッカ・ネットワークス インフォメーションセンタ
 Tel:0120-2044-39  Eメール:info@acca.ne.jp
株式会社システムズナカシマ 東京支店 営業一課
 Tel:03-5821-9761  Eメール:snc.inoue@nakashima.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Net Master サービスイメージ図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事