logo

Cybertrust社、マネージド・セキュリティ・イベント・ マネジメント(SEM)を発表

~マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)プロバイダとして 初のマネージドSEM提供、さらなるMSSポートフォリオ強化へ~

2006年4月19日バージニア州ハーンドン発 - ビートラステッド・ジャパン株式会社のパートナ企業Cybertrust(r)社が株式の過半数を所有する子会社Ubizen(r)が新たなマネージド・セキュリティ・イベント・マネジメント(略称SEM)の提供を開始したと発表しました。これによって、セキュリティ・デバイスやアプリケーションのリアルタイム監視および管理を必要とする組織を対象にCybertrust社が用意する多様なマネージドセキュリティサービス(略称 MSS)ポートフォリオがさらに拡充されます。また、この新マネージドSEMサービスの提供開始にともなって、SEMのお客様は、世界的なMSS市場リーダーの協力のもと、24時間365日体制で自社のSEMプラットフォームを管理し、セキュリティ・インフラを監視できるようになります。

多くの組織は、SEM技術を内的および外的脅威のリアルタイム検出、セキュリティデータの分析および報告、システムのモニターとセキュリティポリシーの遵守状況の報告に利用しています。Cybertrust社は新マネージドSEMの提供を通して、人材とプロセスとともにお客様の技術投資を最大限に活用し、セキュリティ・プロファイルをさらに強化します。マネージドSEMの具体的なサービスには、SEMツールによってフィルタリングされたセキュリティのインシデントおよび事故の常時監視、SEMプラットフォームのマネジメントおよびチューニング、真の脅威の深刻化および緩和勧告、オンラインおよびオフライン・レポーティングの組み合わせなどがあります。またサービスプロバイダをArcSight、Cisco、e-Securityなど、Cybertrust社のパートナから自由に選び、SEM技術を柔軟に選択できるようになります。

Yankee Groupのシニア・アナリスト、Sandra Palumbo(サンドラ・パルンボ)は次のように述べています。「多くの企業がネットワーク関連の脅威拡大に対処し、セキュリティ・インフラを総体的に把握すべく、SEM技術に投資しています。このような企業は、マネージドSEMをMSSポートフォリオに盛り込むことによって、SEM投資を最大限に活用しながら、自社のセキュリティ・インフラの管理および監視を大手MSSPに任せることができるようになりました。これは、社内イベント・マネジメントとアウトソーシング・モニタリングとを組み合わせた強力なモデルといえるでしょう」。

Cybertrust社のグローバル・サービス担当シニア・バイス・プレジデント、Kerry Bailey(ケリー・ベイリー)は次のように述べています。「企業は、リスク管理と規制要件遵守という課題に対処するために、セキュリティ運用に日々注意を払わなければなりません。しかし、社内能力や社風などの要素によって、セキュリティ運用の方法は組織ごとに異なっています。マネージドSEMの提供開始によってお客様の選択肢がさらに拡充され、ビジネス要件や社内能力に最も適したソリューションの選択が可能になりました」。

世界的なMSS市場のリーダーであるCybertrust社にとって、セキュリティ管理は単なるセキュリティ・デバイスの管理ではありません。本当に重要なのは、脅威の評価、事故に対する敏速な対応、是正措置の導入、およびセキュリティポリシーの実施です。Cybertrust社のMSSオプションは、各企業の戦略、規制環境、社風、社内能力のニーズに最も合うように、お客様がセキュリティ環境を自社の社員を活用して管理・監視するか、またはそれらをアウトソースするかを選択できる唯一のソリューションです。Cybertrust社の専門技術とインテリジェンスは、お客様が既存の人材、ポリシーおよび技術を利用して攻撃を自発的に予防し、セキュリティの脅威に対処する能力を提供します。

Cybertrust社のマネージド・セキュリティサービスに関する詳細は、リンクをご覧下さい。


■Cybertrust社について
Cybertrust社は、世界的な情報セキュリティのスペシャリストであり、企業や政府機関がリスクを顕在化しかつコントロールできるための専門知識やマネージドサービスとテクノロジーを提供しています。15年を超える経験をもとに、Cybertrust社は、アイデンティティ管理、脅威の管理、脆弱性の管理、コンプライアンス管理の4つの重要なセキュリティ分野に焦点をおき、セキュリティ・ライフサイクル全般にわたって包括的に取り組んでいる初めての企業です。情報セキュリティ製品の認定に関して世界的なリーダであるICSA Labs(r)(本部:米国バージニア州)や世界で30を越えるオフィスをはじめとするリソース、比類ないセキュリティに関する知識と経験をベースに、ビジネスを展開しています。Cybertrust社は、世界中における4,000を超える顧客にとって、情報セキュリティに関する信頼のおけるアドバイザです。
リンク

■ビートラステッド・ジャパン株式会社について
 2004年9月 米国にて、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダCybertrust社が誕生いたしました。Cybertrust社は、電子認証及びアイデンティティ管理のグローバルカンパニーBetrusted社と、マネージド・セキュリティ・サービスの欧州トップベンダUbizen社、インテリジェントリスクマネジメント領域におけるリーディングカンパニーTruSecure社の3社が合併した企業です。
電子認証に関するテクノロジソリューション企業であった日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社は、Cybertrustグループとの資本業務提携により、ビートラステッド・ジャパン株式会社として生まれ変りました。
さらに昨年6月に発表されたソフトバンクBBとの戦略的資本提携により、一層の事業拡大を目指してまいります。 
リンク

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■一般からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
Tel:03-6889-1575  Fax:03-6215-5266
E-mail:info@betrusted.co.jp
URL:リンク

■報道関係者からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
広報: 柴田
Tel:03-6889-1577  Fax:03-6215-5266
E-mail:press@betrusted.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。