お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本BEA、SOAのノウハウをパッケージ化した「SOA/ESBベストプラクティス」をリリース

SOAの方法論とESB製品の組合せにより、迅速、低コストでSOAを推進

日本BEAシステムズ株式会社は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)実現を推進するために、これまで蓄積してきたSOAのコンセプトを実際のシステム構築に導く方法論やノウハウをパッケージ化した「SOA/ESBベストプラクティス」の提供を4月11日から開始いたします。

日本BEAシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:アリイ・ヒロシ)は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)実現を推進するために、これまで蓄積してきたSOAのコンセプトを実際のシステム構築に導く方法論やノウハウをパッケージ化した「SOA/ESBベストプラクティス」の提供を4月11日から開始いたします。

 このパッケージには、SOA分野をリードする米国BEAシステムズが開発した「SOA 6 Domain Model™」という方法論に基づいて、日本BEAが国内10社以上の企業で実践してきたノウハウ、実装技術に欠かせないESB製品「BEA AquaLogic Service Bus™」、そのサポートやトレーニングが含まれます。本パッケージをお客様に利用していただくことで、SOAのリファレンス・アーキテクチャから、分析・設計、および実装までをいち早く理解、習得することができます。また、日本BEAが提供するコンサルティングや製品を組み合わせることによって、SOAを適用したプロジェクトを迅速、かつ低コスト・低リスクで進めることも可能です。

「SOA/ESB ベストプラクティス」のパッケージ内容

1)SOA/ESB ベストプラクティス・セット(BPセット)
・ SOAリファレンス・アーキテクチャ
・ サービス分析・設計ガイド
・ サービス構築ガイド(Java EE)
・ サービス連携ガイド
・ テンプレート集
・ サンプルアプリケーション
2)SOA/ESB ベストプラクティス 1 日実践指導 (質疑応答、進め方相談を含む)
3)SOA/ESB ベストプラクティス・サービス提供(5日分)
・ 各フェーズのレビュー、ロードマップ策定
4)BEA AquaLogic Service Bus 2.1、1ライセンス
5)BEA AquaLogic Service Bus 2.1、プロダクション・サポート
6)BEA AquaLogic Service Bus「SOAのためのサービス統合と管理トレーニング」、1名分

■価格:498万円から/セット(税抜)、ユーザ1社1セットに限定

本パッケージの使い方お薦めパターン:
1)ユーザ企業
自社システム構築の全体最適に向けた取り組みの一環として、SOAやESB製品の導入計画、検証、研究、評価、または全社的なSOA標準手法の確立を目指す

2)コンサルティング・SI企業
SOAビジネスへの進出加速に向けて、自社のSOA方法論確立、SOA・ESB分野にお
ける人材育成、システム提案におけるSOAの適用


 なお、本パッケージの詳細につきましては、日本BEAシステムズに直接お問い合わせください。

【お問い合わせ先】
 営業本部
 Tel:03-5545-5440
 e-mail:sales.jp@bea.com
以上

日本BEAシステムズ株式会社について
 日本BEAシステムズは、BEA Systems, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、Nasdaqシンボル:BEAS)の日本法人です。BEAは、エンタープライズ・インフラストラクチャ・ソフトウェアの世界的なリーダとして、情報とサービスの安全な流れを加速する標準ベースのプラットフォームを提供します。BEA製品 — WebLogic®、Tuxedo®、JRockit®および新たなサービス・インフラストラクチャ・ソフトウェアから成るAquaLogic™製品群 — は、ユーザ企業がITの複雑さを軽減し、サービス指向アーキテクチャ(SOA)を成功裏に導入して、ビジネスに俊敏に対応する後押しをします。(リンク)


Copyright © 2006 BEA Systems, Inc. All rights reserved. BEA, Built on BEA, Jolt, Joltbeans, Steelthread, Top End, Tuxedo, BEA WebLogic Server, BEA Liquid Data for WebLogic およびWebLogicはBEA Systems, Inc.の登録商標です。 BEA AquaLogic, BEA AquaLogic Data Services Platform, BEA AquaLogic Enterprise Security, BEA AquaLogic Service Bus, BEA dev2dev Subscriptions, BEA eLink, BEA MessageQ, BEA WebLogic Communications Platform, BEA WebLogic Enterprise, BEA WebLogic Enterprise Platform, BEA WebLogic Enterprise Security, BEA WebLogic Express, BEA WebLogic Integration, BEA WebLogic Java Adapter for Mainframe, BEA WebLogic JDriver, BEA WebLogic Log Central, BEA WebLogic Network Gatekeeper, BEA WebLogic Platform, BEA WebLogic Portal, BEA JRockit, BEA WebLogic SIP Server, BEA WebLogic WorkGroup Edition およびBEA WebLogic Workshopは BEA Systems, Inc.の 商標です。BEA Mission Critical Supportは、BEA Systems, Inc.のサービスマークです。それ以外の会社名、製品名はそれぞれ関係する企業の商標または登録商標である可能性があります。

 本プレスリリースは、一般的な報道のための参考資料として提供させて頂いています。投資判断のための第一義的な資料になるものでも、投資家の特定の目的にそった助言を提供するためのものでもないことをご了承ください。なお、第三者より供給されている情報の正確性につきましてはできる限り確認をしておりますが、内容の変更がある場合もございます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。