logo

ケーブルインターネット「ZAQ」:迷惑メール対策強化として、送信ドメイン認証「SPF」を導入

~ ドメインを詐称した迷惑メール「なりすましメール」防止に向けた取り組みを推進 ~

関西においてケーブルインターネット「ZAQ(ザック=ブランド名)」を企画・運営しております、関西マルチメディアサービス株式会社(略称:KMS、本社:大阪市北区、社長:今川 哲夫、資本金:4.8億円)は、迷惑メール対策強化の一環として3月22日(水)より、送信ドメイン認証「SPF」(※1)を導入いたします。

今回の送信ドメイン認証「SPF」導入により、ZAQメールサーバから送信されたメールのうち、ZAQドメインを詐称した迷惑メール「なりすましメール」を受信側のメールサーバで判別することが可能となります。今回の対策は送信側の対応のみで、受信側の対応については、今後の通信業界におけるSPF普及状況などを見ながら、送信ドメインが保証されていないメールを判別する「迷惑メールフィルタリングサービス」導入の検討も進めて参ります。

ZAQはこれからも、会員の皆様に安心してお楽しみいただけるインターネット環境の充実に注力するとともに、業界全体で推進していく迷惑メール対策にも対応するなど、「JEAG」(※2)の活動とも連携し、迷惑メール撲滅に向けて鋭意努力して参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会社概要:関西マルチメディアサービス株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
設立:1998年4月23日

関西24局のケーブルテレビ事業者と提携し
「ZAQ」(ザック)というサービスブランドにて
ケーブルインターネット接続サービスを提供
(2006年2月末現在の加入世帯数:約40万世帯)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■関連リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・関西マルチメディアサービス株式会社 リンク
・ケーブルインターネット「ZAQ」 リンク
・提携先のケーブルテレビ リンク
・ZAQセキュリティ 送信ドメイン認証「SPF」についてリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本件に関するお問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関西マルチメディアサービス株式会社
広報担当 中村 / 広部
tel :06-6449-3695 
fax :06-6449-3697 
mail:info@kmsc.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

「ZAQ」オリジナルキャラクター 『ざっくぅ』

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※1 SPF(Sender Policy Framework)
差出人のドメインで送信可能な正規メールサーバの情報を管理し、メール受信時に、正規メールサーバから送られてきたメール
なのか、送信元を偽ったメールなのかを判断する技術。「なりすましメール」、「フィッシングメール」等は通常送信元を偽っている
ため、この技術を利用することにより、メールの正当性の判別が可能になる。

※2 JEAG(Japan Email Anti-Abuse Group)
2005年3月に日本の通信業界が設置した、迷惑メール対策に関する技術検討グループ。大手のインターネットサービスプロバイダ(ISP)や携帯電話事業者など数十社が参加。迷惑メールの送信を防止するための各種の技術を検討し、業界に向けて導入すべき技術などをまとめた提言を行なっている。関西マルチメディアサービス株式会社はJEAGの参加メンバーです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。