logo

インターネットショップの電話注文サービス「Voice osCommerce」提供開始!

APIを利用した「osCommerce」への電話注文機能を追加提供

多くの国で普及・利用されているインターネットショッピング構築システム「osCommerce」に「Voice osCommerce」を利用した電話注文サービスの提供が可能に

 株式会社ボイスバンク(兵庫県西宮市、代表:木ノ川義英、以下「ボイスバンク」)は、3月13日より、インターネットショップの電話注文サービス「Voice osCommerce」をASPサービスとして提供開始します。

 「Voice osCommerce」は、多くの国で普及・利用されているインターネットショッピング構築システム「osCommerce」(※1)に電話注文サービスを追加提供するもので、「osCommerce」を一切カスタマイズすることなく導入できるものです。

 近年、インターネットショッピング市場規模は年々拡大していますが、更なる拡大のためには、携帯電話やパソコンを積極的に使うことのない世代をどのように取り込んでいくかが課題となっています。
 本サービスを利用することで、「ご注文はWEBサイトで!」という発想に加えて、「電話でどこでも簡単に注文!」という要素を追加できるようになります。
例えば、外出先である商品を購入したくなった時、手元でWEBサイトが見れないような時でも、電話での即注文受付が可能になります。

 もちろんこれまでも、インターネットに加えて、電話でも注文ができるようにすればよいという考えがありましたが、専用の電話注文サービスの導入には多額の投資が必要となるため、これまでは一部の大手企業に導入は限られていました。

 「Voice osCommerce」の登場によって、運営側はASPサービスを利用することで、非常に少ない投資で顧客への電話注文サービスの提供が可能となりました。ボイスバンクでは、レンタルサーバー事業者様やSE,SIer様、WEBサイト制作者様、マーケティング会社様と共に、インターネットショッピングサイトを運営する中小企業様へ「Voice osCommerce」の導入提案を進めてまいります。

 電話応答システム部には、インタラクティブな音声応答サービスの構築が容易な、Webベースの共通的な記述言語「VoiceXML2.0」を利用し、VoiceXML2.0 に準拠して作られたボイスアプリケーション・インタープリタとマネージメントツールとして、Plum-voiceportalsのPlum VoiceXML IVRプラットフォームを利用しております。(※2)
また、同時にボイスバンクは音声サービス普及のためのVXML(VoiceXML2.0)開発者支援を行い、日本国内における音声サービスの普及を進めて参ります。

このプレスリリースの付帯情報

Voice osCommerceの仕組み

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■Voice osCommerce概要
カスタマイズすることなく設置(インストール)されたosCommerceに対して、電話注文サービスを提供
する電話注文ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)です。
Voice osCommerceは、インターネットで音声サービスを提供可能とする標準規格「VXML2.0」の仕様に基づいて開発されており、多言語対応しています。このASPを使用することで、顧客は電話から商品を注文することができ、運営者はシステムのカスタマイズをすることなく、簡単に電話注文サービスを提供することが可能になります。

  WEBサイト リンク


※1 osCommerce概要
インターネットショッピングサイトを構築できるパッケージシステム全世界で6300以上のサイトで利用されています。英語版をはじめ、様々な言語に対応。オープンソースで無償利用でき、国内企業による有償カスタマイズサービスも提供されています。
(ご参考)日本語版osCommerceの説明サイト リンク


※2 Plum-voiceportals概要
米国:ニューヨークに本社を置く、PLUM社が開発したVoiceXML IVRプラットフォーム。日本では、ボイスバンクが総代理店として販売。 

ー音声サービス普及のためのVXML(VoiceXML2.0)開発者支援ー
ボイスバンクでは、ユビキタス社会の到来に向けて情報格差解消のためには、インターネットと音声サービスの融合が必要であると考えています。音声サービス普及のためのVXML(VoiceXML2.0)開発者支援を行い、日本国内における音声サービスの普及を進めて参ります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。