logo

ソフィア・クレイドル、携帯Javaアプリ圧縮ツール "ソフィア・コンプレス"をリリースアップ

~Eclipse統合開発環境から携帯 Java アプリを圧縮できるプラグイン機能を搭載 ~

株式会社ソフィア・クレイドルは、 2006年11月21日から、携帯Javaアプリ圧縮ツールSophiaCompress(Java) 4.3の出荷を開始します。本バージョンでは、Eclipse統合開発環境から携帯Javaアプリを圧縮できるプラグイン機能が搭載されました。圧縮率は従来と比較して平均1%向上しました。

[概要]
携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドル(本社:京都市、代表取締役社長:杉山和徳、以下 ソフィア・クレイドル)は、 2006 年 11 月 21 日から、携帯Java アプリ圧縮ツールSophiaCompress(Java) 4.3【※1】の出荷を開始します。本バージョンでは、Eclipse【※2】統合開発環境から携帯 Java アプリを圧縮できるプラグイン機能が搭載されました。圧縮率は従来と比較して平均 1 % 向上しました。

[詳細]
ソフィア・クレイドルは、2006 年 11 月 21 日から、統合開発環境 Eclipse に対応した、携帯Java アプリ圧縮ツール SophiaCompress(Java) 4.3を出荷開始します。

Eclipseは、海外の携帯Javaアプリ開発、NTTドコモのiアプリ開発など、世界的に最も利用されている統合開発環境です。SophiaCompress(Java) のEclipse プラグイン機能により、携帯Javaアプリの圧縮が統合開発環境 Eclipseの中で他の開発作業とシームレスに行えるようになり、開発生産性が向上します。

また、StackMap最適化機能、インターフェース削除とメソッドのインライン展開の機能強化により、圧縮率は従来のバージョンと比較して平均 1 % 向上しました。SophiaCompress(Java) 4.3から、Standard版でもCUI(コマンドラインインターフェース)が利用可能になりました。

SophiaCompress(Java) 4.3 の主な拡張機能
1. Eclipse プラグイン機能
2. インターフェース削除、メソッドインライン展開、StackMap削減の機能強化
3. Standard版でCUI(コマンドラインインターフェース)が利用可能

なお、下記 URLにて、2006 年 11 月 21 日から、本製品の無料評価版のお申し込みを受け付けます。本製品の価格は 1 ライセンス 30 万円(税抜)から。

SophiaCompress(Java) 4.3 無料評価版お申し込み受付 URL :
リンク

SophiaCompress(Java) 製品概要 URL :
リンク

本プレスリリース URL :
リンク

以上

このプレスリリースの付帯情報

Eclipse統合開発環境から携帯 Java アプリを圧縮する画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

【※1】SophiaCompress(Java)
読み方:ソフィア・コンプレス・ジャバ
ソフィア・クレイドルが 2002 年 7 月に発表した、世界の携帯Java 仕様に対応した携帯電話専用の Java アプリ圧縮技術。コンパイル後の JAR 形式 Java アプリをそのまま圧縮し、実行できる携帯Java 専用アプリ圧縮ツール。大手コンテンツプロバイダや大手ゲームメーカー、大手システムインテグレータなどを中心に多数の導入実績があり、事実上の業界標準 Java アプリ圧縮ツールとなっている。

【※2】Eclipse
読み方:エクリプス
Eclipseは、元々はIBMによって開発された、プラグイン機能により柔軟に機能拡張ができるオープンソースの統合開発環境である。JavaやC++などのアプリケーション開発で広く利用されている。近年では、携帯Javaアプリ開発でも利用が急増している。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事