logo

兼松エレクトロニクス(KEL)、米国ARKIVIO社と Information Lifecycle Management(ILM)ソフトウェア製品の販売代理店契約締結

-自動化されたILMソリューションソフトウェア「ARKIVIO auto-stor」 効果的な情報活用と効率的なストレージ投資を実現、内部統制ソリューションの提供強化-

兼松エレクトロニクス株式会社(社長:榎本 秀貴、本社:東京都 以下KEL)はこの度、Arkivio, Inc. (アーキビオ、本社:米国カリフォルニア州 以下ARKIVIO社)の日本国内における販売代理店契約を締結し、同社情報ライフサイクル管理(Information Lifecycle Management:以下ILM)ソフトウェア製品の取り扱いを11月17日より開始いたします。

1.【 契約締結の背景について 】
現在企業では情報(電子データ)が年々増加する中、データの重要性や保存期限の管理、データの使用頻度に応じた最適なストレージへの配置やキャパシティプランニングなど、データ管理上多くの課題を抱えております。
KELでは、効果的な情報運用と効率的なストレージ投資を実現するILMソリューションの強いニーズを見込んでおり、当社のマーケティングの結果、ILMソリューションのリーディングカンパニーであるARKIVIO社と販売契約することとなりました。ARKIVIO社のKELに対する高い評価と日本国内における両社のILMソリューション市場におけるベストなパートナーシップを築けるという戦略が合致し、販売代理店契約の締結を決定いたしました。

2.【ARKIVIO社ILM管理ソリューションソフトウェア製品 「ARKIVIO  auto-stor」について】
 ARKIVIO社「auto-stor」 は、自動化されたライフサイクル情報管理ソリューションであり、以下のような機能を提供します。「auto-stor」は、企業のストレージに格納された文書、画像、音声などの非構造データのメタ情報(オーナー、属性、作成日、更新日、最新アクセス日など)を収集・分析し、データの価値や分類、ライフサイクル上での有効性、保有期間、配置など設定されたポリシーに基づき簡単にサーバーとストレージの整理統合など自動化された効率的なデータマイグレーションを可能とします。

ライセンス価格:\2,200,000~
・リモート管理ストレージとして指定したサーバーに対し自動的にデータとストレージ利用について詳細な情報を収集します。
・管理者によってデータやストレージ リソースに対するビジネス価値の分類や割当てを行えるため、特定のグループにおける監視や管理を行うためのポリシーを実行することが可能です。
・ライフサイクル上でのデータの分類や価値の変化を伴うファイルを管理するための自動化されたデータ管理ポリシー(データ移行、複製、アーカイブ、移動、削除など)を提供します。
・リモート管理ストレージの監視を連続して実行し、「ストレージ容量の使用状況」「ファイルやユーザグループによる使用容量」「使用状況の傾向」「ポリシー効果」などに関する詳細なレポートを提供します。
・実際に実行する前に、管理者によるポリシーのシミュレーションが可能です。
(※4TBまたは、4千万ファイル毎にリモートサーバーを追加します。)
(※電子メールやデータベースなど特定のアプリケーションには対応しておりません。)

3.【今後の展開について】
KELでは、今後日本版SOX法への対応やCSRへの取り組みなどの顧客企業の経営課題に対する有効なITインフラによるソリューションの提供を強化してまいります。今回のARKIVIO社との販売代理店契約もその一環であり、KELのこれまでのインフラソリューションと組み合わせ、データ統合時のデータ管理の効率化を検討しているIT運用管理部門などを対象として初年度20システムの販売計画を見込んでおります。

KELコメント  
「今回のARKIVIO社とのパートナーシップ締結は、ARKIVIO社の卓越したILMソリューション技術力と複雑な環境における導入実績、またテクニカルサポート力が決定の大きな要因となりました。効果的な情報資源の活用と効率的なストレージ投資を実現するauto-storをベースとしたILMソリューションを当社のソリューションに加え顧客に提供することができることを大変嬉しく思っております。」
兼松エレクトロニクス株式会社 第二システム営業本部長 鹿野 淳

ARKIVIO社コメント
「我々はKELのこれまでのIT市場における実績とスキルを高く評価しております。今回のパートナーシップ締結により、世界規模のファイルシステムでのILMソリューションを日本国内市場においてKELとともに顧客に提供できることを大変嬉しく思っております。KELはこれまでのストレージソリューションやITインフラに関する高い専門知識に加えARKIVIO社製auto-storをベースとして、日本国内市場においてマルチプラットフォーム、SAN、アプリケーションなど混在するヘテロジーニアスなストレージ環境に最適なILMソリューションの提供を推進し、ARKIVIO社製品のバリューを高めてくれるものと期待しております。」
Arkivio, Inc. 副社長 Bob Grewal氏

4.【兼松エレクトロニクス株式会社の概要】
(1)商号:兼松エレクトロニクス株式会社(英文表記:Kanematsu Electronics Ltd.)
(2)事業内容:IT(情報通信技術)を基盤に企業の情報システムに関する設計・構築、運用サービスおよびシステムコンサルティングとITシステム製品およびソフトウェアの輸出入販売、賃貸・リース、保守および開発・製造
(3)本店所在地:東京都中央区京橋2-17-5
(4)代表者:代表取締役社長 榎本 秀貴
(5)資本金:90億3,000万円
(6)売上高:594億円(平成18年3月期)
(7)従業員:777名(連結)・494名(単体)
(8)URL:リンク

5.【Arkivio, Inc.の概要】
(1)本社所在地:米国カリフォルニア州マウンテンビュー市
(2)設立:2000年12月
(3)代表者:Giovanni Paliska
(4)URL:リンク

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

【営業に関するお問い合わせ先】
兼松エレクトロニクス株式会社
第二システム営業本部第一ストレージシステム営業部担当:篠原
TEL:03-5250-6035/FAX:03-5250-6168
e-mailアドレス:shino@kel.co.jp

【報道関係からのお問い合わせ先】
兼松エレクトロニクス株式会社  広報課 辻 / 山川
TEL:03-5250-6803/FAX:03-5250-6800
e-mailアドレス:info@kel.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

【auto-stor システム構成イメージ】

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事