logo

【アイ・ビー・エス・ジャパン】Windows Mobile 5.0対応の無線LANバーコードリーダ『MS860-W8AI』の販売を開始

最近各キャリア様から続々と発売されていますWindows mobile5.0の携帯電話やPHSにも対応できる、無線LANバーコードリーダ「MS860-W8AI」の販売を開始します。

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社 2006年11月15日 14時15分

「MS860-W8AI」はPCはもとより、最近増えてきておりますWindows mobile5.0搭載の電話機やPDAなどで通常の一次元バーコードを読むことが出来るのが本製品の大きな特徴で、検針業務などにも利用可能になります。

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:望月 成浩)は、 無線LANバーコードリーダ『MS860-W8AI』を、本日2006年11月15日より販売を開始することを発表します。

【特長】
●IEEE802.11b準拠のバーコードスキャナ
●無線通信なので、ケーブルレスでのバーコード読み取りが可能
●30メートルの使用範囲、見通し距離で100メートルまでサポート
●自然落下は、1.5m迄保証されており悪環境にも対応
●充電可能なLi-Ionバッテリーにより最大16時間の運用が可能
●持ちやすいガンタイプなので、長時間の利用でも疲れにくい
●Windowsベースソフトウェアまたはバーコードスキャンによる簡単設定
●Windows PCはもちろん、Windows Mobile 5.0のモバイルでも利用可能
●V-COM(ヴァーチャルCOMポート)及びVirtual Keyboard(キーボードウェッジ)ソフトウェアを添付

【概要】
『MS860-W8AI』は無線LANバーコードリーダです。『MS860-W8AI』は既存の無線LAN環境を利用して、ケーブルやベースステーションのない快適な作業性・経済的なソリューションを実現します。広いエリアでのバーコード読み取りが行えるため、倉庫内などの流通、在庫業務、伝票管理、小売り等の現場で移動の制限やアクセスの障害物を避けたいあらゆる場所での、リアルタイムバーコードデータ収集に最適です。大量の荷物についたバーコードを、到達に不便な場所であっても容易に、しかもリアルタイムにスキャンすることができます。

『MS860-W8AI』は内蔵のバッテリパック(3.7V 1900mAH)で動作し、約10時間の使用が可能です。大容量バッテリーとケーブルのない自由さ、持ちやすいデザインにより長い時間快適に使用することができます。『MS860-WAI』を利用すれば、作業時間の速度を速め、待機時間を短くし、よりリアルタイムなバーコードソリューションを実現可能です。

『MS860-W8AI』には、WINDOWS XP/2000の任意のアプリケーションのアクティブフィールドに対して、バーコードデータをキーボード出力するソフトウェアも添付されているため、インストールするだけでバーコードソリューションが簡単に構築できます。更に、無線LAN搭載のWindows Mobile 5.0搭載の携帯電話・PHSにも対応しているので、バーコードの読み取りを可能にするため、幅広いシーンでバーコードソリューションが実現可能です。

本製品の価格はオープンプライスで、実勢価格¥65,800(消費税込み)を想定しております。

このプレスリリースの付帯情報

無線LANバーコードリーダ『MS860-W8AI』

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事