お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ウチダスペクトラム、エンタープライズサーチ製品「SMART/InSight」の業務特化型パッケージ製品2種を新発売

~ ソフトウェア開発向け、マーケティング業務向け製品を皮切りに業務特化型パッケージをシリーズ化へ、業務の特性に合わせた機能やユーザーインターフェースの提供で生産性向上と導入期間の短縮を実現 ~

ウチダスペクトラム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:町田潔、以下ウチダスペクトラム)は、エンタープライズサーチを核とした次世代情報系サービス・プラットフォーム製品「SMART/InSight? 2.0」に業務の特性に
合わせた機能やユーザーインターフェースをあらかじめ設定した業務特化型パッケージ製品群を新たに提供開始します。第一弾として、ソフトウェア開発業務向けの「SMART/Developer(読み:スマート・デベロッパー)」およびマー
ケティング業務向けの「SMART/MarketWatcher(読み:スマート・マーケットウォッチャー)」の2種を新開発、本日より販売を開始します。
今回発表の2製品を皮切りに、今後検索を軸とした情報活用の大きな効果が想定される業務に特化したパッケージ製品を順次開発・投入していく計画です。

「SMART/InSight?」の業務特化型パッケージ製品では「SMART/InSight? 2.0」の基本機能に加えて、エンタープライズサーチを導入する際に必要な企業内の様々なデータの抽出、インデックス化やタグ付け、アクセス権限の設定、ユーザーインターフェースの開発、業務にあわせた複雑なパラメータ設定、適用業務専用のモジュールなどをあらかじめ組み込んでいます。これにより、現場の業務に最適化された情報検索・活用基盤システムを短期間で構築可能になり、業務における問題解決から生産性向上へとすばやく導きます。

「SMART/Developer」のライセンス価格は税別で年額360万円(税別:100ユーザー/15万ドキュメント)から、SMART/MarketWatcher」は年額684万円(税別:250ユーザー/15万ドキュメント)からとなります。出荷開始は「SMART/Developer」が本年12月、「SMART/MarketWatcher」が本年11月の予定です。

ウチダスペクトラムでは、今回発表した業務特化型パッケージ製品において、今後2年間で60社への販売を目標にしています。また、こうした導入しやすいパッケージ製品を用意することで、将来的にはそれぞれの業務に強いシステム・インテグレーターとの協業も視野に入れ、「SMART/InSight?」の販売施策をより一層拡充してまいります。

■「SMART/Developer」の機能と特徴
「SMART/Developer」は、ソフトウェアの開発現場固有の環境において、検索をベースとした情報共有と重要情報の関連付けを強化する機能を追加したパッケージ製品です。通常巨大なソフトウェア開発を行う際は、一つのプロジェクトに対して複数人数が担当ごとに分担して開発を行っていきますが、開発が進むに連れて仕様変更や修正がさまざまなパートに分かれて行われるようになります。そのため、設計や開発、仕様変更などに伴う膨大な量のドキュメントがパートごとに分散されることがあり、ドキュメント管理の不備が原因となる品質低下のリスクが発生します。

「SMART/Developer」は、ソフトウェア開発の品質を高めるため「成果物管理機能」、「情報伝達管理機能」、「課題管理機能(*)」が標準搭載されています。「成果物管理機能」では、開発に伴うさまざまなドキュメントに「フェーズ名」「担当者」「バージョン」「課題」などの分類情報をタグとして付加することができ、これによりドキュメント検索の精度を高めることが可能です。さらに分類情報をツリー表示検索にすることが可能です。ソフトウェア開発の工程にかかわる全てのドキュメントをツリー表示し全体を把握することで、ドキュメントの分散による見落としや重複を最小限にすることができ、品質管理のしやすい開発環境を構築することができます。また、「情報伝達管理機能」と「課題管理機能」では、開発工程において問題や課題の状態がドキュメント上で変更された場合に、自動的に担当者にアラートを通知することができます。ドキュメントの関連付け、更新の通知などが遅滞なく行われるため、開発の手戻りやプロジェクト内のミスコミュニケーションを最小限にすることが可能となります。既存のドキュメント管理やプロジェクト管理などの専用ソフトウェアの代替製品として最適です。
(*) 本機能は2007年3月提供予定

■「SMART/MarketWatcher」の機能と特徴
 ネットワーク社会の発達により様々な種類の情報が簡単に入手できるようになった一方、企業の経営者やマーケティング担当者にとって、その膨大なニュースソースから真に役立つ質の高い情報をタイムリーに的確に選別・活用することが事業戦略やマーケティング戦略の立案に不可欠となっています。

 「SMART/MarketWatcher」は、検索プラットフォームとしての「SMART/InSight? 2.0」と信頼性の高い有料ニュースサービスを組み合わ
せた企業の経営スタッフやマーケティング担当者向けパッケージ製品です。マーケティング業務にあわせてクロスタブ分析、時系列分析などのユーザーインターフェースを組み込んでおり、市場分析や競合分析などを支援します。ビジネスニュースと企業情報をグローバルに提供するファクティバ ダウジョーンズ&ロイター社(本社:米国ニューヨーク州)との協業により、同社のモニターニュース・サービス「ファクティバ・セレクト」から115の日本語ニュース、ビジネス統計情報、タクソノミー(関連を階層構造で表した分類)を利用できます。「SMART/MarketWatcher」を利用することでインターネットに偏在する膨大な情報の中から時間と労力を費やして必要な情報を探し出すのでなく、社内外の情報とデータを一括検索できるエンタープライズサーチの特徴を活かし、質の高いニュースと社内の関連情報、他企業Webサイトの情報を自由に連携させることにより、事業パートナーや顧客についての状況把握や競合他社・競合製品の動向分析、自社の市場でのポジション分析などが可能になります。ビジュアライズ機能を活用し、簡単にグラフ化することもできます。また、利用者が情報の価値を客観的に評価し、それに応じたタグ(分類情報)を自由に付加することができます。多くの利用者が有益と認める情報が優先度の高い情報として上位に表示されるため、タグを通して他の利用者と情報共有することでマーケティング業務に必要な高精度の市場分析につなげることができます。

■「SMART/InSight?」について
「SMART/InSight?」は、企業の内外に存在するあらゆる情報を横断的に迅速かつ的確に収集し活用することができるエンタープライズサーチ・プラットフォームです。ウチダスペクトラムでは2005年10月の製品発売以来、エンタープライズサーチを企業の競争力強化のための戦略的な情報活用を実現する次世代情報システムの中核として位置付け、本製品の継続的な機能強化を図ってきました。現代の企業や組織では、データベース上の構造化データやメールや電子化された資料などの非構造化データが企業内のネットワーク上に膨大に存在し、さらに広大なインターネット上にも様々な情報が存在します。既存のデスクトップ検索やインターネット検索では、これら全ての一括した情報検索は難しく戦略的な情報活用の障害となっていました。「SMART/InSight?」を利用することで、あらゆる情報の一括検索が可能となり企業における戦略的な情報活用と意思決定速度の向上を実現できます。

■ウチダスペクトラム株式会社について( リンク )
ウチダスペクトラム株式会社は、株式会社内田洋行と米国ソフトウェア・スペクトラム社のジョイントベンチャーです。ソフトウェア・ライセンス販売とマネジメント・サービス、ライセンス・コンサルティング、テクノロジー・コンサルティング、および「SMART/InSight?」を中核としたデジタル・コンテンツ・ソリューション事業を展開しています。
1995年3月設立。

【商標について】
SMART/InSight?はウチダスペクトラム株式会社の登録商標です。


■本件に関するお客様のお問い合わせ先
ウチダスペクトラム株式会社 マーケティング・グループ
TEL: 03-5543-6801 FAX:03-5543-3745
contact@spectrum.co.jp
〒104-0033東京都中央区新川1-16-14アクロス新川ビル・アネックス

■報道関係者の皆様のお問い合わせ先
ウチダスペクトラム株式会社 マーケティング・グループ 山本
TEL: 03-5543-6801 FAX:03-5543-3745
press@spectrum.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

SMART/Developer 画面イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。