logo

機能テストツールの最新版「QuickTest Professional 9.0」を発表

大規模プロジェクト対応のための機能を強化し、操作性をさらに向上 SOA / Webサービスにも対応

マーキュリー・インタラクティブ・ジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 石井 幹、以下 マーキュリー)は、機能テストツールの最新版「Mercury QuickTest Professional 9.0 日本語版」(以下 QTP9.0)を発表し、6月30日より販売開始いたします。

QuickTest Professional (以下QTP)は、開発されたアプリケーションがユーザの要求した機能(入出力画面や操作性など)を満たしているかを検証し、欠陥を識別するテストツールです。ユーザのアプリケーション操作を自動的に記録し、テストシナリオを自動生成して実行するので、複雑で多岐にわたる機能テストや回帰テストを短期間で確実に実施できます。
現行バージョンでは、テスト経験の浅いユーザでも使いこなせるよう、コーディングせずにテストスクリプトの作成・メンテナンスができる「キーワード駆動型テスト機能」や、テストステップを平易な日本語で表示しテスト内容の理解度とメンテナンス性を向上させる「自動ドキュメント化機能」などを搭載した結果、操作性が向上し、開発プロジェクトにおけるQTPの利用度が高まりました。

今回リリースするQTP9.0では、数百ユーザが同時にテストを行う大規模な開発環境をサポートするために、オブジェクトレポジトリ管理機能が強化されました。オブジェクトレポジトリは、QTPが認識するアプリケーション上のオブジェクトに関する情報を格納する場所で、QTPユーザはこのオブジェクトレポジトリを共有します。しかし、開発が大規模になるとアクセスが増加し、パフォーマンスの低下やファイルのロッキングによる問題が発生することがあります。
QTP 9.0では、QTPスクリプトが複数の共有オブジェクトレポジトリを参照できるようにするとともに、レポジトリ管理機能を強化し、レポジトリ間でのオブジェクトのコピー、ペーストやオブジェクトレポジトリの結合などができるようにしました。また、作成したテストスクリプトに含まれるリソース(オブジェクトレポジトリ、サブルーチンなど)が実際に存在しない場合に、テストを実施する前にそれらを欠陥リソースとして自動的に発見する機能やユーザインターフェースのカスタマイズ機能など、操作性の向上も図られています。
さらに、WebService Add-Inのリリースにより、SOA(サービス指向アーキテクチャ) / Webサービスへの対応機能を強化しました。

QTP9.0は、Mercury Functional Testingパッケージの一部として、2006年6月30日より出荷開始を予定しています。


●Mercury QuickTest Professional 9.0 日本語版の主な機能強化
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
QTP9.0は、既存ユーザの要望を反映し、以下のような機能強化を行いました。

(1) オブジェクト管理機能
QTPのテストスクリプトはアクション(Action)という複数の記録単位で構成されます。
現行バージョンでは、すべてのアクションが参照できるのは1つの共有オブジェクトレポジトリだけでしたが、最新バージョンでは、QTPの利用が高まり、より大規模な開発環境で数百ユーザが同時にテストを行う場合に対応するため、アクションと共有オブジェクトレポジトリ間にN:Nの関係を持たせ、複数の共有オブジェクトレポジトリを利用可能にしました。また、複雑化するテストオブジェクトを管理する新機能としてオブジェクトレポジトリマネージャを追加しました。
これにより、パフォーマンスの低下やロッキングなどの問題が解消されます。

(2) アプリケーション領域の機能拡張
QTP9.0では、アプリケーションのビジネスプロセスを検証する「Business Process Testing」(BPT)と連携するための定義ファイル作成機能や管理機能を強化し、QTPエンジニアと業務設計者、両方の使い易さを向上させました。

(3) 効率性と操作性の向上
テストを実施する前に、テストスクリプトに含まれる欠陥を自動的に発見し、通知する機能を強化しました。これにより、さまざまなエラーによるテスト中断のトラブルを事前に回避することができ、テストの大幅な効率化がはかれます。また、表示機能を改善し、操作性をさらに向上させています。

(4) サポート環境の充実
エンタープライズアプリケーションとして注目されるSOA(サービス指向アーキテクチャ)、Webサービスなどへの対応を強化し、指定したWSDL(Web Service Definition Language)サービスに関してWeb サービスのアプリケーションが正しく機能するかどうか、検証する機能を提供します。
また、リッチクライアントアプリケーションのCurl、Mozilla Firefoxブラウザなどの新しい環境をサポートしており、今後もサードパーティのアプリケーションへの対応を推進します。

※詳細は、このメールの最後の添付資料をご覧ください。
また、以下でもご覧いただけます。

______________________
■Mercury Functional Testingパッケージ
販売・出荷時期 / 価格
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
販売・出荷開始:2006年6月30日
販売価格 :1,280,000円(税別)~

※Mercury Functional Testingパッケージには、
(1)今回発表するQuickTest Professional 9.0
(2) WinRunner 8.2
(3) QuickTest ProfessionalとWinRunnerのすべてのアドインが含まれています。
______________________
■QuickTest Professional 9.0稼働環境
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
OS :Microsoft Windows
Webブラウザ:Internet Explorer、Netscape Browser、Mozilla Firefox

※バージョン情報ほか詳細は添付資料をご覧ください。

━【添付資料】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………
●Mercury QuickTest Professional 9.0の主な新機能
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◇オブジェクトレポジトリマネージャ
オブジェクトレポジトリマネージャはMDI(Multiple Document Interface)をサポートしており、複数のオブジェクトレポジトリをリストさせて、ドラッグ&ドロップによ
り一方のオブジェクトレポジトリから他方にテストオブジェクトをコピーすることができます。
また、オブジェクト結合ツールにより2つのオブジェクトを1つに結合することができます。結合時、オブジェクトレポジトリ間に不整合が発見された場合は、メッセージが表示され、ユーザが自分で不整合を解決するか、あらかじめ定義したルールにしたがって不整合を解決するか決定することができます。

◇キーワード管理ビュー
特定のアプリケーション領域に関連付けられているキーワードのリストを表示するビューが加わりました。このビューを使うとそれぞれのキーワードが何を行うのか知ることができるほか、キーワードを使用可・不可にすることができます。

◇新しいルック&フィール
テストスクリプトのフォントや文字サイズ、色などを自由にカスタマイズできるようになりました。また、ウィンドウズのテーマにあわせて画面の見た目を変えることができるようになりました。

◇カスタマイズ可能なレイアウト
アクティブスクリーンやデータテーブル、欠陥リソースなどのウィンドウを自由に移動させることができるようになりました。ウィンドウはQTPの外に移動することもできます。

◇欠陥リソースペイン
テストスクリプトを開いたときにスクリプト内に以下がないかチェックし、あれば欠陥リソースとして表示します。
・アクションやアクションの呼び出しが指定されているが存在しない。
・関連付けられている共有オブジェクトレポジトリが存在しない。
・テスト内に省略値を持たないレポジトリパラメータを使ってパラメータ化されたプロパティ値を持つテストオブジェクトがある。

◇スクリプトエラーの情報ペイン
エキスパートビューからキーワードビューに切り替える時に、スクリプトのシンタックスをチェックし、エラーがあれば情報ペインに表示します。

◇エキスパートビューの機能拡張
複数の行を一度にコメント化・コメント化解除できます。
また、複数行を一度にインデント・インデント解除することができます。

◇関数定義ジェネレータの機能拡張
以前のバージョンではツールに含まれていた関数定義ジェネレータがQTP本体のメニューに組み込まれ、エキスパートビューを使って関数のコンテンツ自体もプログラミングできるようになりました。
また、テストスクリプトをデバッグするときには、関数の中身もチェックされるため、シンタックスエラーがあるとその部分が指摘されます。

◇Web Service Add-in(オプション)
指定したWSDLサービスに関してWeb Serviceサーバのアプリケーションが正しく機能するかどうか、検証する機能を提供します。


………………………………………………………………
●Mercury QuickTest Professional 9.0の動作環境
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________
[1] QuickTest Professional 9.0
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇CPU : Pentium III以上のマイクロプロセッサ
(Pentium IV以上を推奨)を搭載したIBM-PCまたは互換機

◇OS : Windows 2000 SP4
Windows XP SP2(32bit), Windows XP SP1(64bit)
Windows Server 2003 SP1(32bit)
Windows Server 2003 R2(32bit x86)

◇メモリ :256 MB以上(512 MB以上を推奨)

◇ディスク:アプリケーションファイルとフォルダ用に345 MB、
およびシステムディスク用に120 MB。
QTPをインストールしたら、正しく実行させるためにOSおよびQTP用に
空きディスクスペースを少なくとも150MB確保することをお勧めします。

◇ブラウザ:Internet Explorer 6.0 SP1, 7.0 Beta 1
Netscape Browser 8.0
Mozilla FireFox 1.5

_________________________
[2] QuickTest Professional Web Services Add-In 9.0
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇必須ソフトウェア
QuickTest Professional 9.0
Web Services Add-Inを使用するためには、動作環境がQuickTest Professional 9.0の動作環境を満たしている必要があります。

◇ディスク容量
QuickTest Professional のインストールに必要なディスク領域に加え、Web Services Add-Inをインストールするディスクに 85 MB のハード・ディスクの空き容量が必要。
さらに、システムディスクにはWeb Services Add-Inのインストール中に 85MB のハード・ディスクの空き容量が必要。

◇サポートするツールキット
・Microsoft .NET Framework 1.1 WSE 2.0 SP3
・Apache Axis 1.2.1, 1.3

◇その他
・Apache Axisツールキットを使うときにはWeb Serviceオブジェクトの学習
および実行のためにSun JDKもしくはJRE 1.4.x, 1.5.xが必要。
・WSDLの相互運用性を検証するためにWS-I Interoperability Testing Tool 1.1が
必要。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事