logo

ヨシダカマガサコ、「Spear(R)」に リアルタイム通信対戦ゲームに有用な3つのマッチング機能を追加

株式会社 吉田鎌ヶ迫 2006年06月09日 00時00分

株式会社吉田鎌ヶ迫(代表取締役社長:吉田将人、以下ヨシダカマガサコ)は、この度、BREW用P2Pフレームワーク「Spear(R)」に「キーワード・マッチング機能」、「範囲指定マッチング機能」および「相互ID指定マッチング機能」を追加したことを発表いたします。

■Spear(R)について
「Spear(R)」はヨシダカマガサコによって世界で初めて実用化に成功したケータイ用P2Pフレームワークです。Spear(R)をケータイ向けコンテンツ・プロバイダが利用することにより、コンテンツ・プロバイダは容易に“リアルタイム通信対戦ゲーム”等のP2P通信コンテンツを開発することが可能となります。

「Spear(R)」を利用する主なメリットは以下のようになります。

【エンドユーザにとって】
・従来のクライアント・サーバ型の通信コンテンツに比べ圧倒的に速いレスポンスタイムを享受でき、真の“リアルタイム通信対戦ゲーム”の面白さを体験できる(レイテンシー: 0.1秒)
【コンテンツ・プロバイダにとって】
・P2P通信コンテンツ開発の経験やノウハウを持たずとも、容易に“リアルタイム通信対戦ゲーム”等のP2P通信コンテンツを開発することができる
・従来の通信コンテンツ開発に必須であったサーバ部分の開発を省略し、開発工数、開発期間を削減できる
・サーバ運用に関するアウトソーシング費用やトラブル対応などの物理的・心理的コストを削減できる 

●採用実績
「パズルボブルONLINE!」(株式会社タイトー)

 ●無償評価版申し込みウェブサイト
リンク

-----------

【詳細】
2005年6月より市場に出されたauのBREW3.1対応端末では世界で初めて「モバイルP2P」が可能となり、クライアント・サーバ型の通信では実現不可能な、真の意味での“リアルタイム通信対戦ゲーム”が可能となりました。このような状況の中、ヨシダカマガサコは「モバイルP2P」のメリットを1社でも多くのコンテンツ・プロバイダに提供すべく、BREW用P2Pフレームワーク「Spear(R)」を開発いたしました。

そして、この度「Spear(R)」に「キーワード・マッチング機能」、「範囲指定マッチング機能」および「相互ID指定マッチング機能」の追加を完了したことをここに発表いたします。

これまで、上記機能を実現する為にはコンテンツ・プロバイダが独自にマッチング機能を開発する必要がありました。今回の改善により、コンテンツ・プロバイダは独自開発をすることなく、多様なマッチング機能を“リアルタイム通信対戦ゲーム”等のP2P通信コンテンツに組み込むことが可能となり、さらなる開発工数、開発期間を削減することが可能となります。

各機能の概要とその効果は以下の通りとなります。

【キーワード・マッチング機能】
 同じキーワードを入力したエンドユーザ同士がマッチングされる機能です。
この機能により、エンドユーザはより容易に知り合い同士での対戦ゲーム等を楽しむことが可能となります。
 
【範囲指定マッチング機能】
指定された数字を中央値として、一定の範囲に分布するエンドユーザ同士をマッチングする機能です。
この機能により、エンドユーザはランキングの近い相手や、スコアの近い相手と対戦ゲーム等を楽しむことが可能となります。

【相互ID指定マッチング機能】
エンドユーザ同士がお互いを指定した時にのみ、マッチングが行われる機能です。
この機能により、エンドユーザは対戦履歴等からお互いを指定する等、キーワード・マッチング以上に厳密なマッチングが可能となります。

ヨシダカマガサコは上記機能の組み込まれた「Spear(R)」を6月12日より有償版契約を締結されたコンテンツ・プロバイダへ提供いたします。

ヨシダカマガサコの代表取締役社長、吉田将人は「弊社は創業当初より全精力をSpear(R)に注ぎ込んでおり、“ケータイ+P2P”に関する技術力は日本のみならず世界においてもトップクラスにあるものと確信しております。この度、Spear(R)に対する多くのお客様のご要望に万全な形でお応えできたことを大変嬉しく思います。今後も1人でも多くのお客様に“ユビキタス・コンピューティングによる真の豊かさ”をご提供すべく、最善を尽くし、改善を重ねて参りたいと思います。」と述べています。

また、ヨシダカマガサコは「Spear(R)」の要素技術について、現在世界125ヶ国に対して特許を出願しています(※)。

(※) 出願番号: PCT/JP2005/002861



■株式会社吉田鎌ヶ迫について
吉田将人と鎌ヶ迫正俊によって2004年4月に設立された研究開発型ベンチャー。創業以前よりケータイ用P2Pフレームワーク「Spear(R)」の研究開発を開始し、世界で初めて実用化に成功した。
現在、株式会社タイトーより「Spear(R)」を採用した「パズルボブルONLINE!」がau by KDDIにて好評発売中。
リンク



●本リリースに関するお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部
岩切梨栄 (いわきりりえ)
TEL / FAX:03-3237-6990
E-Mail: press@yoshidakamagasako.com



*Spearは、株式会社吉田鎌ヶ迫の日本国における登録商標です。
*BREWおよびBREWに関連する商標は、Qualcomm社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事