お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

認証スイッチ「Apresia」と統合IT資産管理ソフトウェア「LANDesk」との 動作連携を確認

 日立電線株式会社はこのたび、認証スイッチ「Apresia」*1 と、情報技術開発株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:竹田 征郎、以下「tdi」といいます。)が販売する統合IT資産管理ソフトウェア「LANDesk」*2 の検疫ソリューションとの動作連携を確認しました。これにより、社外から持ち込まれたノートパソコン等から社内ネットワークへのウィルス感染を防ぐPC検疫LANソリューションのラインアップを強化するとともに、tdiには、当社の推進するセキュリティアライアンスプログラム「EnSEC」*3 に参加いただくことになりました。

 近年、企業の情報ネットワークに対する安全意識が高まっております。外部からの自社ネットワークへの攻撃対策だけでなく、セキュリティ対策が不十分なパソコン等の接続によるウィルスの拡散や、接続が許可されていないユーザーによる情報の漏えい、ネットワークの不正利用等、従来は安全と考えられていた内部からのネットワーク接続においてもセキュリティの確保が重要となっております。
 そのため、当社では従来から国際標準規格であるIEEE802.1X*4 による認証に加え、Apresia独自の認証機能である「Apresia NA(Network Authentication)」を利用したPC検疫LANソリューションを提供しており、これをより多くのお客様に導入していただくため、Apresiaと各社が提供する検疫システム、デバイスとの連携を拡大し、多様なニーズへの対応を進めております。
 このたび当社とtdiは、イーサネットスイッチ*5 Apresiaとtdiの販売するLANDeskの検疫ソリューションとの動作連携を確認いたしました。
 LANDeskの検疫ソリューションを導入することにより、お客様はセキュリティポリシーに合わせて検疫の条件を、統合管理コンソール(設定画面)から簡単に設定することが可能です。ApresiaとLANDeskの検疫ソリューションの連携により、お客様のセキュリティポリシーに柔軟に対応可能なPC検疫LANソリューションを実現することが可能となります。
 当社では、パートナー各社との連携により、セキュリティソリューションのラインアップを強化するとともに、Apresia販売パートナーの販路を活用することで、これまで以上にエンタープライズ向け及びサービスプロバイダー向け市場のイーサネットスイッチにおけるシェア拡大を図ってまいります。

用語解説

*1 Apresiaは、日立電線株式会社の登録商標です。
*2 LANDeskは、LANDesk Software株式会社の登録商標です。
*3 EnSEC(エンセック)は、Enforcement for SEcure Connectivity(安全な接続性の施行)の意味で、当社が進めているセキュリティアライアンスプログラムです。認証スイッチApresiaとRADIUSサーバーや検疫ソフトウェア等、各種デバイスやソフトウェア、サービスとの連携を進め多様化するセキュリティ-ニーズに対応してまいります。EnSECパートナーは下記の【EnSECパートナー一覧】をご参照ください。
*4 IEEE(米国電気電子技術協会)によって定められた認証規格で、主にRADIUSを使用した認証によってポートごとのアクセス制御を行うものです。OSはWindows2000/XPに標準対応しています。
*5 イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。