お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

LinuxでC言語によるプログラミングを楽しみながら学習できるロボットキット 「TurboRobo」を発表

ターボリナックスとアイ・ビーが共同開発 ~Turbolinux FUJIからのBluetooth通信によるリモートコントロールを実現~

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、アイ・ビー株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長/COO:本堂 晃氏)の技術協力により、LinuxでC言語によるプログラミング開発が可能なロボットキット「TurboRobo(ターボ・ロボ)」を発売することを発表いたしました。

TurboRoboは、大学の研究室や専門学校における、Linuxの操作およびC言語によるプログラミングの学習教材として最適なLinux版プログラミング開発キットです。本開発キットを利用することで、プログラミング学習を楽しみながら行うことができます。今回の製品化は、昨今の教育現場におけるLinuxクライアント導入の拡大に伴い、市場からの要望を受け実現しました。

TurboRoboは、ノートPCやデスクトップPCへ「Turbolinux FUJI」をインストール後、USBポートへBluetoothアダプタを接続して(RS232Cポートが無いPCにはUSBシリアル変換ケーブルが別途必要※別売)デバイスを認識させることにより、Linuxとロボットのリモートコントロールを実現できます。
これにより、二足歩行ロボットによる格闘競技大会「ROBO-ONE」への参加製品としても活用できます。ターボリナックスでは、TurboRoboを使用してプログラミング技術を競う「ロボットダンスコンテスト」や「ロボット徒競走」の開催を予定しています。

Turbolinux FUJIは、Windowsとの優れた互換性、国産OSならではの最先端の日本語環境を備えた最新デスクトップリナックスOSです。業界最高水準の日本語入力ソフト/フォント、オフィスツールをはじめ充実したマルチメディア機能、ウィルス検知率No.1エンジン搭載の「Turboアンチウィルス」など、厳選された多彩なソフトウェアを収録し、ビジネスからホビーユースまで幅広く対応した日本発の標準デスクトップを提供します。

【ROBO-ONE委員会 委員長 西村輝一氏 コメント】
ROBO-ONE委員会代表として、このたびのターボリナックス様、アイ・ビー様による「TurboRobo」発売を心よりお祝い申し上げます。ROBO-ONEを通じて多くの二足歩行ロボットが商品化されました。そのハードウェア技術は成熟しつつありますが、もっと安定性を求めて行くとどうしてもセンシング技術、そしてそれをフィードバックして制御する技術などソフトウェアの技術がますます重要となります。今後、Linux開発環境「TurboRobo」がROBO -ONEにおいて、ソフトウェアの技術革新となることを期待いたします。

なお、2006年6月1日から6月3日、東京ファッションタウン(TFT)ビルに於いて開催される教育関係者向け展示会「New Education Expo 2006」にて、同製品を出展いたします。イベントの詳細は以下のURLでご覧いただけます。
リンク

※製品のイメージ画像は、以下よりダウンロードしてご利用いただけます。
リンク


【製品概要】
■製品名:TurboRobo (ターボ・ロボ)
■発売日:2006年6月30日(金) Turbolinuxオンラインショップにて受付開始
リンク
■価 格:未定 (35万円~40万円予定)
■パッケージ内容:
 OS:Turbolinux FUJIパッケージ
 ロボットキット(バッテリー/充電器)1体、USB Bluetoothアダプタ、
 TurboRobo開発キットCD-ROM 1枚、TurboRoboマニュアルCD-ROM 1枚
■システム要件:PentiumⅢ以降、メモリ256MB以上、IDE/SCSI HDD8GB以上、CD-ROMドライブ
※USBポート1個+RS232Cポート1個の空きが必要(RS232Cポートが無いPCにはUSBシルアル変換ケーブルが必要:別売)


<報道関係者お問合せ>
ターボリナックス株式会社 マーケティング本部
TEL:03-5766-1660 press@turbolinux.co.jp


LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。ROBO-ONEは株式会社ベストテクノロジーの登録商標です。全ての著作権は株式会社ベストテクノロジー内ROBO-ONE委員会に帰属します。

このプレスリリースの付帯情報

TurboRobo

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。