logo

ウイングアーク、基幹帳票運用と集計レポーティングの 分野で.NET対応を加速

新たに.NET Framework 2.0対応帳票ツール「SVF for .NET Framework」を市場投入

 Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 内野弘幸)は、.NET環境でアプリケーション開発をすすめる企業様に対して、基幹の業務に不可欠な拡張性の高い帳票システムを早期に実現する.NET Framework 2.0対応帳票ツール「SVF for .NET Framework Ver2.0」を5月17日より出荷することになりましたので、お知らせいたします。

 ウイングアーク テクノロジーズでは、これまでに、企業の業務に欠かせない請求書や発注書、納品伝票等々の帳票システム分野で、.NET環境でのアプリケーション開発の効率化と本格的な帳票出力環境の短期構築を実現するソリューションとして2005年6月より「SVF for .NET Framework」を出荷し、.NET環境に対応する関連製品を提供してきました。
 また2006年3月22日には、企業に蓄積されるデータを営業や購買など業務担当者から、管理者層、経営者まで、利用者にあわせた形で一元的にデータの集計分析することができる、.NET Frameworkをベースとしたデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」を発表しています。

 このたび、.NET環境での帳票運用ならびに集計レポーティングの利用環境をより強力に推進し、エンタープライズ分野の帳票開発と運用をより最適化するため、.NET Framework 2.0対応の帳票ソフトウエア「SVF for .NET Framework」をはじめとする帳票ツールを以下のとおり発表いたしました。

【.NET Framework 2.0対応の帳票ツール製品】※製品の主な機能は後述
●帳票開発環境用キット「SVF SDK for .NET Framework Ver2.0」
           1クライアント/標準価格(税別)700,000円
●帳票運用モジュール 「SVF for .NET Framework Ver2.0」
           1サーバ1CPU/標準価格(税別)800,000円
●帳票運用モジュール 「SVF for .NET Framework MetaFrame Edition Ver2.0」
           1サーバ1CPU/標準価格(税別)300,000円

 SVF for .NET Framework Ver2.0をはじめとする.NET Framework 2.0対応の帳票ツール製品は、基幹の業務システムを.NETで構築することを検討する企業様、システムインテグレーション企業様に対してソリューションを提供します。

・帳票開発環境へのメリットについて
1つのツールで専用伝票、固定枠の帳票様式から可変するレポート形式のデザインに至るまで幅広いジャンルに対応します。さらに、いままでアプリケーション側に組み込まれていた帳票出力制御をツール側で定義することによって帳票設計の生産性・保守性を劇的に高めます。

・基幹業務でのさまざまな帳票運用に対するメリットについて
.NET Frameworkで構築する業務アプリケーションからの本格的な帳票運用をどう実現するか。固有のプリンタ環境に縛られず多様なメーカに対応した印刷環境、ずれない伝票発行、セキュアで効率的な文書管理を考えたPDF出力、月次の大量出力など、避けては通れない帳票開発の問題を一元的に解決します。
これにより、.NET Framework で開発する基幹業務系帳票アプリケーションから日本固有の繊細な帳票・伝票をシームレスに出力することができます。

 また、ウイングアーク テクノロジーズはマイクロソフト社との協業を深め、日本のエンタープライズ市場における帳票システム分野、さらに、データ活用に向けた集計レポーティング分野に対して、.NET Framework対応製品の提供をより一層推進していきます。第一弾として、.NET Framework 2.0対応の「SVF for .NET Framework」の発売に合わせ、過去のVisual Basicで業務アプリケーションを開発してきた企業様に対して、帳票システムの分野からVisual Basic 6.0アプリケーションの移行をより具体的な形でご支援するため、マイクロソフト社の「Visual Basic 6.0マイグレーション パートナー」に参加し、マイクロソフト社と協力して移行に有効な情報提供をイベントやWebサイトやセミナーを行っていきます。

<マイクロソフト株式会社より下記のご賛同コメントを頂きました。>
 「このたびのウイングアーク様の.NET Framework 2.0対応の帳票ソフトウエア「SVF for .NET Framework」の発売、誠におめでとうございます。また、「Visual Basic 6.0マイグレーション パートナー」にご参加くださり、ありがとうございます。レガシーシステムやVisual Basic 6.0から最新のWindows環境ヘの移行ニーズが高まる中、ウイングアーク様が培われたエンタープライズ分野での帳票開発と運用に関わる製品群が、最新の.NET Framework 2.0に対応し、Windowsアプリリケーション プラットフォームを採用くださるお客様にとって最適な帳票ソリューションになることを期待しています。今後もウイングアーク様およびその他のパートナー様と協力して、お客様に最適なアプリケーションプラットフォーム環境を提供してまいります。」

マイクロソフト株式会社
執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長 鈴木 協一郎

【製品の主な特徴】
●帳票運用製品
「SVF for .NET Framework Ver2.0」
.NET Frameworkで開発する帳票アプリケーションから、あらゆるプリンタの制御コマンドに対応したドライバを搭載し、プリンタの性能を最大限に引き出した高速印刷を実行できる.NET専用のプリンティング基盤です。

「SVF for .NET Framework MetaFrame Edition Ver2.0」
.NET環境による業務系印刷システムでのハイパフォーマンスな帳票出力環境を、クライアントサーバからも同様に実現することができます。

●帳票開発環境用キット
「SVF SDK for .NET Framework Ver2.0」
.NET Framework 対応「SVF設計部」と、開発用の「SVF for .NET Framework」を同梱しており、オールインワンで帳票出力まで実装できる帳票開発用キットです。

【.NET Framework関連の過去プレスリリース】
□2005年6月6日
Microsoft .NET Framework上でそのまま利用できるセキュアな標準プリンタドライバを提供。 .NET Framework環境でのシステム開発をさらに加速。併せて、開発フレームワーク組込み用の帳票開発デベロッパーズキットを無償提供
リンク

□2005年8月29日
ウイングアーク、.NET 環境下で構築する物流拠点や出荷部門の業務システムに請求書、伝票、ピッキングリスト、ラベルまでの帳票印刷環境を一元化
リンク

□2006年3月22日
ウイングアーク、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」の集計機能を
飛躍的に向上させる「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」出荷
リンク

 なお、「SVF for .NET Framework」詳細については下記URLをご参照ください。
 リンク


[Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズについて]
帳票・レポート・ドキュメントの分野で、システムの「データ」と業務用途に合わせた「フォーム」を使い、より見やすくわかりやすい形にする技術、それが「フォーム&データ」です。ウイングアークテクノロジーズは、企業の情報システム部門や大手SI企業が取り組む業務アプリケーション開発の効率化を目指し、お客様の要件に合わせてソフトウエア部品を繋ぐ・組み合わせることで、システム開発の現場に効率と運用負荷の軽減をはかり、業務の現場に生産性の向上と業務改善をもたらす価値あるソフトウエアを提供しています。

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:51億円(2005年2月期)
従業員数:140名(2005年10月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<<製品に関するお問合せ先>>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
TEL:03-5766-2833  FAX:03-5766-2835  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

SVF for .NET Frameworkの画面サンプル

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。