logo

ソフィア・クレイドル、携帯Javaアプリ圧縮ツール ”ソフィア・コンプレス” を 4.1 にリリースアップ

~ 他の携帯 Java圧縮ツールとの併用により、圧縮率が従来比 10 % アップ ~

携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドルは、 2006 年 4 月 28 日からSophiaCompress(Java) 4.1 の出荷を開始します。今回のリリースアップでは、オブファスケータ ProGuard や ZIP 圧縮ツール KZIP など、他の携帯Java 圧縮ツールとの併用が可能になり、以前のバージョンと比較して平均 10 % 、最大 18 % 、圧縮率が向上しました。

[概要]

携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドル(本社:京都市、代表取締役社長:杉山和徳、以下 ソフィア・クレイドル)は、 2006 年 4 月 28 日からSophiaCompress(Java) 4.1 【※1】の出荷を開始します。今回のリリースアップでは、オブファスケータ【※2】 ProGuard やZIP圧縮ツール【※3】 KZIP など、他の携帯Java 圧縮ツールとの併用が可能になり、以前のバージョンと比較して平均 10 % 、最大 18 % 、圧縮率が向上しました。


[詳細]

ソフィア・クレイドルは、携帯Java専用アプリ圧縮ツールSophiaCompress(Java)を 4.1 にリリースアップし、2006年4月28日より出荷開始します。今回のリリースアップでは、 ProGuard などのオブファスケータや、 KZIP などのZIP圧縮ツールの併用が可能です。例えば、 ProGuard との併用では、6 ~ 7 %、KZIPの併用では、3~4%、両ツールを併用すると従来比 10 % の圧縮率の向上が得られました。

SophiaCompress(Java) にはクラス融合機能やJavaVM とアプリ間でのデータ項目の共有化機能等、ProGuardなどの他の携帯 Java 圧縮ツールにはない独自機能があります。一方、ProGuardには定数式の計算などSophiaCompress(Java) で実装されていない機能が備わっていたりします。今回のリリースアップで、圧縮率が向上した背景にはこのような他ツールとの機能補完があります。

◎SophiaCompress(Java) 4.1 の主な拡張機能

 1. オブファスケータとの併用が可能になりました。
 2. JAR ファイル作成オプションとして、任意のZIP 圧縮ツールが利用可能になりました。
 3. GUI が使いやすくなりました。

なお、同社サイトにて、バージョンアップした本製品の無償トライアル版の申し込み受付を 2006 年 4 月 28 日より開始します。本製品の価格は 1 ライセンス 30 万円(税抜)。

SophiaCompress(Java) URL: リンク

無償トライアル版受付 URL : リンク

本プレスリリース URL : リンク

以上


■会社の説明

株式会社 ソフィア・クレイドル

代表者: 代表取締役社長 杉山和徳
設立日: 2002 年 2 月 22 日
所在地: 京都市左京区田中関田町 2 番地 7
資本金: 2645 万円
事業内容:
  モバイルインターネットに関する:
    1. ソフトウェア基礎技術の研究開発
    2. ソフトウェア製品の製造及び販売
    3. システム企画及びインテグレーション
ホームページ: リンク


■本件に関するお問合せ先

株式会社ソフィア・クレイドル
マーケティングセンター 長谷川なつこ
Tel. 075-754-5155 Fax. 075-754-5156
E-Mail : product@s-cradle.com

このプレスリリースの付帯情報

SophiaCompress(Java) 4.1 のアーキテクチャ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

【※1】 SophiaCompress(Java)
読み方:ソフィア・コンプレス・ジャバ
ソフィア・クレイドルが 2002 年 7 月に発表した、世界の携帯Java 仕様に対応した携帯電話専用の Java アプリ圧縮技術。コンパイル後の JAR 形式 Java アプリをそのまま圧縮し、実行できる携帯Java 専用アプリ圧縮ツール。大手コンテンツプロバイダや大手ゲームメーカー、大手システムインテグレータなどを中心に多数の導入実績があり、事実上の業界標準 Java アプリ圧縮ツールとなっている。

【※2】 オブファスケータ
Javaアプリは逆コンパイルすると元のソースコードに復元される。そのため、商用アプリなどの開発ではソースコードが簡単に解読されてしまう問題があった。オブファスケータは、プログラム中のフィールド名やメソッド名を 1 ~ 数文字程度の短い文字列にするなどして、逆コンパイルしても解読困難なようにプログラムを書き換えることで、その問題を解決してくれるツールである。結果的に、アプリのサイズが小さくなるので、携帯 Java アプリ圧縮ツールとして広く利用されている。代表的なものとして ProGuard、RetroGuard がある。

○ ProGuard の URL : リンク

○ RetroGuard の URL : リンク

【※3】 ZIP 圧縮ツール
携帯 Java アプリの 「JAR ファイル」 は クラスファイル や リソースファイルを ZIP 形式で圧縮したものであり、原理的に JAR ファイル作成時に任意の ZIP 圧縮ツールを使用できる。ZIP 圧縮ツールの中には、Java 標準の JAR ファイル作成ツール "jar.exe" よりも圧縮率の高いものがあり、"jar.exe" の代わりに利用することで高い圧縮率を実現できる。
代表的な ZIP 圧縮ツール として KZIP、7-Zip がある。

○ KZIP の URL : リンク

○ 7-Zip のURL : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事