お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ジェムプラスが、中小規模企業向けのワンタイムパスワードによる、ネットワークアクセス用認証ソリューション「GemEvidence(TM)」をリリース

~リモートアクセス時のセキュリティ強化と、導入のしやすさが特長~

日本ジェムプラス株式会社
2006/04/21 20:00

本リリースは、2006/4/11に、Gemplus International S.A.より発表されたリリースの翻訳版です。原文は、こちらをご参照ください。リンク


セキュリティ・ソリューションの世界的なリーディング・プロバイダーであるジェム
プラス・インターナショナル(Gemplus International S.A.)(Euronext:LU0121706294 - GEMおよびNASDAQ: GEMP)は、本日「GemEvidence(TM) (ジェム・エビデンス)」のリリースを発表しました。GemEvidenceは、中小規模企業向けの、ワンタイムパスワードをトークンで発行するネットワークアクセス用認証ソリューションです。このソリューションは、例えば外回りの営業担当者や在宅勤務者などが社内イントラネットへアクセスする時などのネットワーク・セキュリティを強化します。

GemEvidenceは導入が簡単で、ワンタイムパスワードの発行機であるトークンにはICカードが内蔵されているため、高いセキュリティを実現し、かつ、低コストで実現でき、中小規模企業が導入しやすいソリューションです。

GemEvidenceは、ジェムプラスがB2Bおよび企業セキュリティ分野での多くの経験を活かして開発したソリューションです。不正利用されやすい固定の静的パスワードから、動的なワンタイムパスワードへ簡単に切り替えることができ、外部ネットワークからの攻撃やなりすましによるネットワークへのアクセスから自社のネットワークを保護することができます。

ジェムプラスの企業セキュリティ・マーケティング部門のヴァイス・プレジデントであるMarc Chancerelは、「これまでにあったセキュリティ対策用のリモートアクセス・ソリューションは、大企業を対象としたものが主でした。システムの管理や運用コストは、中小規模企業には、比較的大きな負担となっていましたが、GemEvidenceは、コスト効率が高く、かつシームレスに導入・運用を行なうことができるため、大企業を対象としたソリューションと同等のスキームで提供することができます」と述べています。

GemEvidenceは、Windowsベースの認証サーバー、トークン、およびサポートと管理(メンテナンス)をトータルで迅速に提供し、さらにカスタマイズを必要としないソリューションです。GemEvidenceは、極めてシンプルなインストールが可能であるため、企業のIT担当者は、Microsoft Active Directory上へのインストールから、構成・展開まで簡単に行なうことができます。また、ワンタイムパスワードの発行トークンは、従業員や関係スタッフに確実かつ簡単に提供することができます。クライアント・ソフトウェアの整備や、スタッフへの使い方のトレーニング、インテグレーション・コストが不要(構成と設定を定義するだけ)なため、トータルコストを抑えられる点も、このソリューションのメリットとして挙げられます。

GemEvidenceは、ジェムプラス・エキスパートネットワークの販売店、VAR(付加価値再販業者)、パートナー企業を通じて販売されます。

GemEvidenceは、SafesITe(TM) や GemAuthenticate(TM) といった金融機関や大企業向けの強力な認証ソリューションを補完するものです。

なお、GemEvidenceは、4月25日(火)~27日(木)、ロンドンで開催されるInfosecurity Europe のジェムプラスのブース(514番スタンド)で展示しています。ソリューションの詳細については、こちらをご参考ください。リンク


以上


ジェムプラスについて
Gemplus International S.A. (Euronext: LU0121706294 - GEMおよびNASDAQ: GEMP)は、セキュリティ・カード業界で世界第1位の売上高および出荷量をあげるリーディングカンパニーで、これまでに世界で55億枚以上のICカードを出荷しています(2005年ガートナーデータクエスト、Frost & Sullivan、Datamonitor調べ)。

ジェムプラスは、個人認証、モバイル・テレコミュニケーション、公共通信、バンキング、リテール、交通機関、ヘルスケア、無線LAN、Pay-TV、電子政府、入退室管理など、幅広い分野にソリューションを提供しています。

ジェムプラスの2005年度における売上高は、9億3,900万ユーロです。

www.gemplus.com(本社英語サイト)
www.gemplus.com/japan(日本語サイト)

※2005年度第4四半期業績報告を弊社ホームページに掲載しております。
詳しくは、以下URLのニュースリリース(英語)をご覧下さい。
リンク



日本ジェムプラス株式会社 広報担当
石橋
Tel: (03) 3238-8980
Fax: (03) 3238-8301
Email: press.japan@gemplus.com

エデルマン・ジャパン株式会社
市野
Tel: (03) 6403-5206
Fax: (03) 6403-5201
Email: go.ichino@edelman.com


(C) 2006 Gemplus. All rights reserved. ジェムプラス、ジェムプラスのロゴはGemplus S.A.の商標及びサービスマークであり、ある国々で登録されています。他の全ての商標又はサービスマークはある国々で登録されているか否かに関わらず、それぞれの所有者に帰属しています。

本プレスリリースには、現在の見通しに基づいた「将来に関する記述」が含まれています。これらの記述は、今後の事業や事象、またはジェムプラスの業績に関連するものであり、これらの見通し情報により明示または暗示されるジェムプラスまたは業界の業績、事業、実績に著しく影響を与え、実際の結果とは異なった結果をもたらしうる予測可能または不可能なリスク、不確定要素を含んでいます。

ジェムプラスは、合理的な根拠に基づいて、これら見通し情報に触れていますが、将来の業績、事業、実績についてここで保証することはできません。本プレスリリースにある現時点での見通しと異なる結果を生じうる要素や事象には次のものがありますが、これらは限定されたものではありません。ワイヤレスコミュニケーション及びモバイルコマース市場、ジェムプラスの技術開発力、新たに競合する技術からの影響並びに当市場で予想される熾烈な競争、ジェムプラスの拡大戦略における利益性、弊社の知的財産権に対する権利の主張またはこれらの喪失、主な事業にて戦略的な協力関係を維持するジェムプラスの能力、新たなソフトウェア及びサービスを開発し利用するジェムプラスの能力、並びに将来起こりうる買収及び投資によるジェムプラスの株価への影響。さらに、ジェムプラスまたはその他のいかなる第三者もこれら将来に関する記述についての正確性及び完全性に対し責任を負うものではありません。本プレスリリースに含まれる将来に関する記述は本プレスリリースに限ったものであり、ジェムプラスはこれら将来に関する記述を更新し、実際の結果と一致させたり予測される結果を反映させたりするいかなる義務も負いません。

このプレスリリースの付帯情報

GemEvidence Easy Token(ジェム・エビデンス・イージー・トークン)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。