logo

「2006年「センサーネット」先端&有望市場(ビジネス)探索総調査」の販売開始

2006年、最も注目・期待されているポテンシャル・ビジネス・テーマの「センサーネット」を多方面から徹底調査、ビジネス展開を探る!560ページ以上にもなる超詳細調査結果レポート

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、株式会社ESP総研(代表取締役 村岡 正悦 神奈川県川崎市)がセンサーネットワークについて調査・分析した資料「2006年「センサーネット」先端&有望市場(ビジネス)探索総調査」の販売を開始します。

報道関係者各位

平成18年2月3日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
「2006年「センサーネット」先端&有望市場(ビジネス)探索総調査」
                             の販売開始
~2006年、最も注目・期待されているポテンシャル・ビジネス・テーマの
  「センサーネット」を多方面から徹底調査、ビジネス展開を探る!
     560ページ以上にもなる超詳細調査結果レポート~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ
総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、株式会社ESP総研(代
表取締役 村岡 正悦 神奈川県川崎市)がセンサーネットワークについて調
査・分析した資料「2006年「センサーネット」先端&有望市場(ビジネス)探
索総調査」の販売を開始します。

【詳細URL: リンク


■■ 調査目的と背景 ■■

◆「センサーネット」市場は「市場黎明期」から「市場組成期」に移行

2006年度に向けて「センサーネット」市場は「市場黎明期」から「市場組成期」
に移行しつつあります。こうした中で「センサーネット」ビジネスが2005年末
時点で実態的にどの程度進み、且つどういったベクトル(方向性)に進もうと
しているのか?また「センサーネット」市場構成の中で短中期的に見てどうい
った分野から市場が形成され、最終的にどういった市場がマス・マーケットと
なるのか?「センサーネット」先端&有望ビジネス・シーズの「実態評価」
「有望度(成長性)」を鑑みながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰するこ
とが焦眉の急となっています。


◆「センサーネット」は産学官共に最も注目・期待している
 ポテンシャル・ビジネス・テーマ

「センサーネット」社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現に
は、人・モノの状況や周辺環境等を正確に感知(センシング)・認識し、状況
や(屋外、屋内、その中間といったエリア・セグメント毎の)環境に即した最
適なサービスへと結びつけるためのユビキタスセンサーネットワーク技術が不
可欠となっています。この一連の技術の実現により、防犯・セキュリティ(=
安心・安全)、食・農業、環境保全、ロボット/事務・業務、医療・福祉、施
設制御、(構造物)管理、物流・マーケティング、交通、防災、ホーム(HOME)
、土木・建築等、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されています。特に、
今後の少子高齢化社会に向けて安全・安心な社会を実現するために「センサー
ネット」の果たすべき役割は大きいと言えるでしょう。

今や「センサーネット」は産学官共に最も注目・期待しているポテンシャル・
ビジネス・テーマの一つといえます。


◆「センサーネット市場」の全貌、将来の見通しを明確化

「センサーネット(ビジネス)」に対する注目度が高まってから(2004年以降)
というもの、「センサーネット(ビジネス)」の最新実態(実状)について定
点観測したいといった要望(声)が高まりました。

これを受けESP総研は、「センサーネット(実態)市場」の全貌、将来の見通
しを明確化するべく、2005年10月~2006年1月の間で顕在化している「センサ
ーネット」先端ビジネス&シーズ88種類を抽出、当該主要企業・団体(20社・
団体)へのインタビューを多面的に実施し「センサーネット」関連ビジネス市
場規模、ターゲッティング分野×ポテンシャリティ探索を行いました。特に重
点を置いたのは「センサーネット(ビジネス)」実績評価と先端&有望ビジネ
ス・シーズの抽出、「センサーネット」先端ビジネス・シーズの「実績(方向
性)」「有望度(成長性)」の測定です。

既に「センサーネット(ビジネス)」は「フィールド・サーバー」「モジュー
ル」「デバイス」「アプライアンス」等といった「機器/システム製造・販売・
その他」を中心に「SI/カスタマイズ」「ソフトウェア販売」「ASP」といっ
た「ビジネス」が本格的に立ち上がりつつあります。
今回の調査によって、「センサーネット(ビジネス)」についてどの分野でど
の程度の規模のマーケットが創出され、どのようなスピード(時間)とベクト
ル(方向性)で拡大していくのか?を多面的に調査しました。


■■ 調査概要 ■■

【調査対象】
「センサーネット」ベンダ(主要20社・団体)に加えて多面的且つ網羅的に
「センサーネット」先端ビジネスAP(88種類)を市場から幅広く抽出し総合的
に調査・分析を行いました。

【調査方法】
ESP総研の専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー
取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査期間】
2005年10月24日(取材アプローチ開始)~2006年1月30日(多面的分析終了)

【企画・監修・編集】
(株)ESP総研

【調査・分析・レポーティング】
(株)ESP総研

【ビジネスイラスト作成】
後藤 英雄


■■ 資料目次 ■■

(1)
「センサーネット」先端&有望ビジネス・シーズが市場に与えるインパクトを
分析・イラスト化(28枚)

(2)
「センサーネット」先端&有望ビジネス×市場検証(先端ビジネス・シーズ×
関連ビジネス市場規模算出・推定/ターゲッティング分野×ポテンシャリティ
探索(10分野:防犯・セキュリティ=安心・安全/食・農業/環境保全/ロボ
ット&事務・業務/医療・福祉/施設制御/(構造物)管理/物流・マーケテ
ィング/交通/防災)
→2005年末時点での実態市場は?今後の有望ビジネス(分野/シーズ)は?短
中長期に見た当該市場(事業)の方向性/ベクトルを多面的に分析

(3)
多面的且つ網羅的に「センサーネット」先端ビジネスAP(88種類)を市場
から幅広く抽出×実績評価&「先端性」「市場性(成長性)」測定
→総合的にクロス分析!

(4)
「センサーネット」ビジネスに着眼する主要プレイヤー(20社・団体)の
マーケティング戦略キーワードを多面的に分析(個票分析)!

(5)
「センサーネット」×主要プレイヤー(20社・団体)の
個別ケーススタディ分析

さらに詳しい目次はこちらのページに掲載しています。
是非、ご覧下さい。

【詳細URL: リンク


■■ 概要 ■■

商 品 名:2006年「センサーネット」先端&有望市場(ビジネス)探索総調査
発 刊 日:2006年1月31日
判  型:A4版・565頁
発  行:株式会社ESP総研
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
頒  価:■印刷タイプ
      105,000円(税抜 100,000円+消費税 5,000円)別途送料500円
     ■CD-Rタイプ(報告書)
      105,000円(税抜 100,000円+消費税 5,000円)別途送料500円
     ■印刷+CD-R(報告書)タイプ
      157,500円(税抜 150,000円+消費税 7,500円)別途送料500円

【詳細URL: リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらよりお申し
込みいただく形となります。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報
http://ns-research.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。