logo

ほぼあらゆる携帯電話でウェブサーフィンが可能に: Opera Software、Opera Mini の世界リリースをアナウンス

Opera Software 社は本日、ローエンド、ミッドエンドを含むほぼ全ての携帯電話上で実行するフルウェブブラウザである Opera Mini の世界リリースをアナウンスいたします。

ほぼあらゆる携帯電話でウェブサーフィンが可能に: Opera Software、Opera Mini の世界リリースをアナウンス

Oslo、Norway - 2006年1月24日

Opera Software 社は本日、ローエンド、ミッドエンドを含むほぼ全ての携帯電話上で実行するフルウェブブラウザである Opera Mini の世界リリースをアナウンスいたします。今回の世界リリースは、2005年秋の北欧諸国およびドイツ国内での 実験的な Opera Mini のサービスに続くものであり、同サービスは100万を超えるユーザの皆様にご利用いただくという成果を達成しました。Opera Mini は WAP のダウンロードの場合は無料でご利用になれます。SMS 経由の場合ですと小額の手数料が発生しますのでご了承ください。

詳細およびダウンロードの手順は リンク をご覧ください。

「Opera Mini を利用することで、ほとんどの方が今お使いの携帯電話でもウェブサーフィンをできるようになります。」と Opera Software の CEO、Jon S. von Tetzchner は述べています。「業界に先駆けて、全世界の携帯電話のユーザの圧倒的多数の皆様にモバイル・フルブラウジングをご提供できることことを誇らしく思います。」

着メロやゲームのダウンロード同様、Opera Mini も簡単にインストールすることができます。 リンク に SMS を送信するか、もしくはお使いの携帯の WAP ブラウザで同アドレスにアクセスしてください。Opera Mini は最大 80% までウェブページを圧縮し、スモール・スクリーン・レンダリング(TM)技術を利用してページを再フォーマットし、携帯電話の小さなスクリーン上で高速かつ見やすいブラウジングを可能にします。これにより、エンドユーザの皆様にとって、ブラウジングがより高速となり、KB 単位でデータ転送に応じて課金される通話料金が大幅に削減されることになります。

Opera Mini の開始画面には Google の検索フィールドが表示されているので、簡単にウェブを検索することができます。さらに、カスタマイズ可能なブックマークリストで、お気に入りのサイトを保存し、いつでもサーフィンすることも可能です。

Opera Mini は当初、2005年8月にノルウェーにて実験的にサービスが開始され、この小さいながらパワフルなブラウザは、JupiterResearch 社の副社長兼リサーチ・ディレクタ、Michael Gartenberg 氏によって「モバイル空間にとっては非常に大きな進歩」と評されました。Opera は現在、モバイルオペレータやハンドセット製造業者の皆様、自社ブランドのフル・モバイルブラウザを顧客に提供するご意向をお持ちの企業の皆様向けに、カスタマイズ可能な Opera Mini バージョンもご提供しています。

[ご利用方法]

Opera Mini は無償でダウンロードすることができます。お使いの携帯の WAP ブラウザから リンク にアクセスしてください。また、小額の手数料が発生しますが、SMS のダウンロード経由でのダウンロードも可能です。Opera Mini のご利用にあたっては、お使いの携帯電話が Java(MIDP) をサポートする必要がありますのでご注意ください。

Opera Mini は以下の言語でご利用になれます: 英語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、ポーランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語、フィンランド語。その他の言語もまもなくご提供予定ですのでもう少々お待ちください。

- Opera Mini のオフィシャルサイト
リンク
- SMS ダウンロードの番号および手数料一覧
リンク
- プレス向け Opera Mini 画像
リンク

[Opera Software ASAについて]

Opera Software ASAは、デスクトップ、スマートフォン、PDA、ホームメディア、特定機器市場向けのウェブブラウザ技術開発におけるリーディングカンパニーです。IBM、Nokia、Sony、Motorola、Adobe、Macromedia、Symbian、Canal+ Technologies、Sony Ericsson、Kyocera、Sharp、Motorola、Metroworks、MontaVista Software、BenQ、Sendo、AMDなどの企業とパートナーシップを構築しています。Operaブラウザは、他のウェブブラウザと比較して、小さく、高速かつ厳格な標準対応により、世界中のエンドユーザー、産業界のエキスパート、プレスから高い評価を得ています。

Operaのブラウザ技術はモジュール化されており異なるプラットホーム上で動作します。現在利用可能なオペレーティングシステムは以下のとおりです:Windows、Linux、Mac OS、Symbian OS、Windows Mobile、BREW、QNX、TRON、FreeBSD、Solaris、Mediahighway

Opera Software ASAの本社はオスロにあり、開発センターがスウェーデンのLinkopingとGothenburgにあります。会社の株式はOPERAのティッカーシンボルでOslo証券取引所で取引されています。Operaについてのより詳しい情報は、jp.opera.comをご覧下さい。

このプレスリリースの付帯情報

Opera Mini

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事