logo

セキュリティ管理の強化を背景に8インチ液晶搭載4連式モニタを¥98,000-から発売

CRT並の低価格を実現しつつ、19インチラックマウント、チルトなどの機能も搭載

液晶情報端末開発の日本テクト株式会社(本社:東京都港区芝1丁目8-25 芝TKビル 3F 代表取締役社長:増岡 厳)では、8インチ液晶パネルを4台搭載した19インチラックサイズの「4連液晶式セキュリティモニタ NT-5000」を12月1日に発売いたします。

NT-5000は、危機管理策の一環として、監視・防犯カメラ設置が増加していることを背景に製品化したものです。現在は、カメラからの映像は、CRTモニタで再生・表示しているのがほとんどですが、CRTモニタを複数台稼動させるには、大きな設置スペースの確保、消費電力、モニタ自体から発生する熱、CRTを設置し得る堅牢なラックの用意、CRT・ラックの総重量への床対策など多くの問題を抱え、セキュリティ性向上の阻害要因となっています。このようなマルチセキュリティモニタ導入時の問題を省電力・省スペース、軽量で実現するのが、「4連液晶式セキュリティモニタNT-5000」です。

NT-5000は、8インチLCDモニタを田の字にレイアウトして、19インチラックにマウント可能なサイズに収めました。上下2台ずつが連動してチルトする設計で、最適な視野角でのモニタを可能にします。電源部を共用しているため、電源ケーブル1本で4台分の電源を供給。入力はモニタ1台毎にアナログピンジャックを装備し、独立した映像信号を入力することができます。
上下左右に組み合わせ易い構造で、追加増設も容易なため、8画面、16画面などの多チャンネルカメラ対応マルチモニタシステムを簡単、コンパクトに構成することができます。自立も可能ですし、複数増設などの場合にはモニタ同士を接続し、壁に固定してウォールモニタ化することも容易です。

また、大幅なコストダウンでCRTモニタ並みの低価格を実現するため、バックライト等の消耗部交換で再生したリサイクル液晶を採用しています。保証は新品のパネル同様に1年間の保証としています。
弊社は5年ほど前より液晶パネルの再生及びモニタ製品への採用に取り組んでおり、一部
上場企業の産業機器組み込みモニタなどに数万台の供給実績があり、その実績を背景とし、
自社にて保証を行っています。

このように、コンパクトで手軽な液晶マルチモニタですから、企業や店舗のセキュリティモニタ以外にも、ロケ車などの狭いスペースでの画像モニタに、飲食店、カラオケボックス、レコード、ビデオショップなどでは店内装飾にもお使いいただけます。
このNT-5000は、さらに安価なチルト機構なし、取り付け位置ヒンジの有無など、数種のバリエーションで用意しオープン価格を設定していますが、実勢価格で@98,000-から@180,000-(数量により随時見積もり)程度を想定し、年間1500台の販売を見込んで、自社サイト又は代理店経由で展開してまいります。

 日本テクトは、今後もこのようなシンプルな製品から、KIOSK端末やシンクライアント端末など、液晶やタッチパネルを中心とし、モジュールからシステムまでのワンストップソリューションをご提供して参ります。

このプレスリリースの付帯情報

NT-5000

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。