logo

ハイパーマルチドライブLITEON「SHM-165P6S」とスペックアップした2層DVD+R8倍速対応DVD±R/RWドライブLITEON「SHW-1635S」を発売

株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川島 義之)は、2005年11月19日より全国のパソコン専門店にてLITEON 「SHM-165P6S」(店頭推定価格:6,500円前後)とLITEON 「SHW-1635S」(店頭推定価格:6,000円前後)の発売を開始いたします。DVD-RAM対応の「SHM-165P6S」と、DVD-RAM非対応の「SHW-1635S」を揃え、よりお買い求めやすい性能/品質/コストパフォーマンスに優れた製品ラインナップを提供いたします。

LITEON「SHM-165P6S」は、DVD-RAMおよびDVD±R DLを含むすべてのDVD仕様に対応したハイパーマルチドライブです。性能面においては、DVD-RAM書込み5倍速、DVD+R DL書込み8倍速、DVD-R DL書込み4倍速、DVD±R書込み16倍速、DVD+RW書換え8倍速、DVD-RW書換え6倍速、CD-R書込み48倍速、CD-RW書換え24倍速の高速ライティングを実現しております。読込み速度は、DVD読込み16倍速、CD-ROM読込み48倍速になります。

LITEON「SHW-1635S」は、LITEON「SOHW-1693S」のスペックアップモデルになります。性能面においては、DVD+R DL書込みが4倍速から8倍速に向上しています。DVD-R DL書込み4倍速、DVD±R書込み16倍速、DVD+RW書換え8倍速、DVD-RW書換え6倍速、CD-R書込み48倍速、CD-RW書換え24倍速の高速ライティングを実現しております。読込み速度は、DVD読込み16倍速、CD-ROM読込み48倍速になります。

両製品ともに、LITEON独自のSMART-BURN テクノロジー / SMART-X テクノロジー / ランニングOPC機能 / VAS振動吸収システムなどの最新の書込み技術で安定した高速ライティングを実現し、MTBF(平均故障間隔)においては70000時間と優れた品質をもっております。また奥行き17㎝のショートドライブ設計を採用しており、キューブ型PCでも安心してお使い頂けます。付属品はDVD再生ソフトの定番「PowerDVD 5」、ライティングソフト「nero OEM版」、付替え可能な黒ベゼルを同梱しています。


■LITEON SHM-165P6S/SHW-1635S 主な特徴

・LITEON独自のSMART-BURN テクノロジー
AI 自動適応制御技術により、バッファアンダーランを防ぎライティングメディアの品質を自動的にチェックし、最適なライティングスピードに制御することにより、書込み品質を確保します。

・SMART-X テクノロジー
音楽CDなどのリッピング時に適切な読出し速度を自動的に設定して、読出しエラーを最小限に抑え高速なリッピングが可能になります。

・ランニングOPC機能
書込みながら実際のディスクの表面状態に合わせて、レーザーパワーをコントロールするオプティマル・パワー・キャリブレーション(Optimal Power Calibration) を採用しライティングの信頼性を高めます。 

・VAS振動吸収システム
振動吸収機構を内蔵することにより、安定した書き込み、読み込みを実現します。

・対応メディア
書込み:2層DVD+R,2層DVD-R,DVD-R,DVD+R,DVD-RW,DVD+RW,CD-R,CD-RW,※DVD-RAM
読込み:DVD-ROM,CD-ROM,※DVD-RAM
※DVD-RAMはSHM-165P6Sのみ対応しております。またカートリッジタイプのDVD-RAMは非対応です。

・Orange Bookに準拠
Part 2 CD-R Volume 1, Part 2 CD-R Volume 2 Multi Speed ,Part 3 CD-RW Volume 1 (1x, 2x, 4x),Part 3 CD-RW Volume2 : High Speed ,Part 3 CD-RW Volume 3 : Ultra Speed

・読込み適合フォーマット
CD-DA, CD-ROM, CD-ROM / XA, Photo-CD, Multi-session, Karaoke-CD, Video-CD, CD-I FMV, CD Extra, CD Plus, CD-R, and CD-RW  、CD/DVDサイズは 8 cm と12 cm に対応

・MTBF (平均故障間隔) 70,000 時間
MTBF 【平均故障間隔】について : ある機器やシステムが故障するまでの時間の平均値です。使用を開始、あるいは故障回復から、次に故障するまでの平均時間とされます。 稼動時間の和をその間に生じた故障回数で割った値として与えられ、機器やシステムの安定性の指標として用いられています。値が大きいほど故障間隔が長く、安定したシステムとなります。

・奥行き17㎝のショートドライブ設計
ドライブの奥行きが短いドライブ設計を採用しており、小型なキューブ型PCでも安心してお使い頂けます。

・PIO mode4, DMA mode2, Ultra DMA mode 2 対応
・Variable Packet、TAO、SAO、 DAO、RAW、Over-Burn 対応
・Flash ROM設計により、ファームウェア書換えによるアップデート可能

詳しい製品詳細はこちらをご確認下さい。
リンク


-発売日
2005年11月19日

-店頭推定価格
SHM-165P6S:6,500円(税込)(オープン価格)
SHW-1635S:6,000円(税込)(オープン価格)

-プレスリリース
リンク

-LITEON本社 製品情報
リンク
リンク

-メディア向け高解像度
・SHM-165P6S外箱画像
リンク
・SHM-165P6S本体ドライブ画像
リンク 
・SHW-1635S外箱画像
リンク
・SHW-1635S本体ドライブ画像
リンク

-リリースPDF
リンク

このプレスリリースの付帯情報

SHM-165P6S

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。