logo

店頭POPディスプレイ用7インチワイド液晶モニタ搭載ポータブル・メディア・プレイヤー「i-AD7"」新発売

株式会社テクノベリーは、店頭POPディスプレイ用動画/静止画再生表示ツールとして、各種メディアカードに記録した動画MP3サウンドを再生し、7インチワイド液晶モニタに表示するポータブル・メディア・プレイヤー「i-AD7"」を2005年11月より発売します。

株式会社テクノベリー
平成17年10月31日

店頭POPディスプレイ用7インチワイド液晶モニタ搭載ポータブル・メディア・プレイヤー
「i-AD7"」発売のお知らせ

PC周辺機器および店頭PR用各種機器の総合商社、株式会社テクノベリー(本社:東京都世田谷区瀬田 熊丸孝浩社長)は、店頭POPディスプレイ用動画/静止画再生表示ツールとして、各種メディアカードに記録したMPEG動画、MJPEG動画、JPEG静止画、MP3サウンドを再生し、7インチワイド液晶モニタに表示するポータブル・メディア・プレイヤー「i-AD7"(アイアドセブン、希望価格:オープンプライス、税込み販売予想価格:約45,000円前後)を2005年11月より発売します。

「i-AD7"」はコンパクトフラッシュ、マイクロドライブ等の各種メモリーカードに記録したMPEG1/2/4動画データ、MJPEG動画データ、JPEG静止画データ、MP3サウンドデータの6フォーマットのAVデータをPCを使わず単体で連続再生することが可能なポータブル・メディア・プレイヤーです。コンパクトなボディながら7インチの高精細TFTワイド液晶ディスプレイとステレオ・スピーカーを備え、店頭POP用販促ツールとして優れたパフォーマンスを発揮します。テクノベリーは大型販売店を中心とした小売業全般、および店頭ディスプレイ業者、PRプランニング企業などに向け、契約代理店を通して販売します。

従来、店頭プロモーションで使用する動画/静止画POPディスプレイ機器には液晶ディスプレイ搭載DVDプレイヤーやVTRを流用したものがほとんどでしたが、テクノベリーは耐久性や利便性からメモリーカードによるPOPディスプレイ機器「i-ADシリーズ」を各種提案してきました。メモリーカードを利用したメディア・プレイヤーはDVDプレイヤーやVTRのような駆動部分が無いため、業務用機器に求められる安定性・耐久性に優れ、長時間のリピート再生においても安心して使用できます。今回発売する「i-AD7"」はそうした店頭POP業界のニーズに応え、多目的に使用が可能です。

「i-AD7"」は動画再生において高圧縮のMPEG4に対応し、容量の小さなメモリーカードでも比較的長時間の動画再生を可能としました。1枚のメディアカードに複数ファイルの動画データが書き込まれている場合も連続リピート再生ができ、またVTRのような巻き戻し作業も不要なため、確実な店頭プロモーションをエンドレスでおこなえます。

またMPEGファイルとJPEGファイルといった形式の違うAVデータも1枚のメディアカードに混在させ、連続して再生することもできます。高画質MPEG動画と高精細JPEG静止画をプロモーション演出の必要性に応じて再生するなど、よりイメージ通りのプロモーション・コンテンツ制作も可能です。JPEG静止画は再生間隔が設定可能なスライドショーとして連続再生できます。さらにMP3のサウンドデータとの同時再生もできBGMやナレーション付スライドショーによるプロモーションが可能です。電源ON/OFFおよび動作がタイマーで設定できるオプション機能登載機(約5,000円アップ)も準備しました。

「i-AD7"」は本体のメモリーカード・スロットを完全に覆う、ビス止めプロテクトカバーを標準装備しメモリーカードの盗難を防止します。その他「i-AD7"」はAV入力端子も備えており、DVDプレイヤーやVTRなどと接続し、簡易ポータブルモニターとして使用することも可能です。

さらに既存POPディスプレイ機器が標準モニタータイプのアスペクト比4:3であるのに対し、「i-AD7"」はアスペクト比16:9のワイドモニターを採用しました。展示商品に近接して設置する小型プロモーション機器の場合、同画面サイズであればワイドモニターの方が情報量を多く感じ取ることができ、注目度もはるかに高くなります。また従来のPOPディスプレイ機器が1インチ10,000円台で販売されるケースが多いのに対し、「i-AD7"」は実売価格40,000円台を実現しました。テクノベリーは「i-AD7"」発売を機に、販売代理店の拡充も図る計画です。

◆「i-AD7"」の特長
●コストパフォーマンスに優れた店頭POP向け業務用・ポータブル・メディア・プレイヤー
●7インチワイド液晶モニタを搭載
●モーターレスによる優れた耐久性
●メモリーカードに記録された動画/静止画/サウンドが再生可能
●自動再生機能/エンドレス再生機能搭載
●JPEG静止画とMP3サウンドの同時再生が可能
●高画質なMPEG2再生と高圧縮MPEG4再生に対応
●メディアカード盗難防止用ビス止めプロテクトカバーを装備

■「i-AD7"」商品概要
●希望価格:オープンプライス

■「i-AD7"」商品構成
●「i-AD7"」本体×1
●ACアダプタ×1
●リモコン×1
●リモコン試験用ボタン電池×1
●3.5φミニプラグ⇔RCAピンプラグ・ケーブル(映像入力用)×1
●3.5φミニプラグ⇔S-VIDEOケーブル(映像入力用)×1
●3.5φステレオミニプラグ⇔ステレオRCAピンプラグ・ケーブル(音声入力用)×1
●メディアカバー(ビス付き)×1
●ユーザーズ・マニュアル×1
●1年間保証書×1

▼「i-AD7"」仕様
●消費電力:DC12V,1A/h
●本体サイズ:高さ118mm×幅220mm×奥行き42mm
●重量:490g
●ディスプレイ:TFT液晶ワイド7インチ
●音声出力:最大1W+1W
●映像入力:3.5φミニジャック
●音声入力:3.5φステレオミニジャック
●対応メディアカード:コンパクトフラッシュ(TypeI/II)、マイクロドライブ、マルチメディアカード、SDメモリーカード、スマートメディア、メモリースティック、メモリースティックPro(アダプター使用でメモリースティックDuo)
●再生AVフォーマット:MPEG1/2/4、MJPEG(AVI)、JPEG、MP3(ビットレート96~320kbps)
※動画コンテンツ制作時のコーデックによっては、コマ落ちや音ズレ等の発生、さらに再生できない場合があります。動画再生はMPEG1デコードが最も再生時安定性が高いため、MPEG2/4で不具合が発生する場合はMPEG1をお勧めします。
※MPEG2/4動画ファイルを再生する場合には転送速度が8Mbps以上コンパクトフラッシュのみ対応します。

本プレスリリースおよび誌面等掲載用読者お問い合わせ先
株式会社テクノベリー
〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-29-14
TEL:03-5797-5516 FAX:03-5716-5053
e-mail i-ad@technoberry.jp
URL リンク

このプレスリリースの付帯情報

i-AD7"

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。