logo

ソフィア・クレイドル、BREWアプリ開発環境“ソフィア・フレームワーク”のC++機能を強化

~スピードとメモリに関して携帯電話ハードウェア制約を克服し、BREW向けC++開発環境を実用化~

携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドルは、BREWアプリをC++で開発できる“SophiaFramework”をバージョンアップしました。スピードとサイズ、信頼性の観点からC++ライブラリの体系を見直し、刷新しました。その結果、BREWアプリをC++によって実用的に開発することが可能になりました。2005年10月3日より同製品β版無償トライアル受付を同社ホームページにて開始します。

[概要]
携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドル(本社:京都市、代表取締役社長:杉山和徳、以下 ソフィア・クレイドル)は、BREW【※1】アプリをC++【※2】で開発できる“SophiaFramework”【※3】をバージョンアップしました。スピードとサイズ、信頼性の観点からC++ライブラリの体系を見直し、刷新しました。その結果、BREWアプリをC++によって実用的に開発することが可能になりました。2005年10月3日より同製品β版無償トライアル受付を同社ホームページにて開始します。

[詳細]
携帯電話向けアプリは大規模化し複雑化する一方、開発期間は逆に短縮化される傾向にあり、開発生産性の向上はこの業界最大の課題です。PC向けアプリ開発では、再利用可能な“クラス”と呼ばれるモジュール群の組み合わせによってアプリを開発する、“オブジェクト指向アプローチ”によりこの課題は解決されています。

“オブジェクト指向アプローチ”では生産性は向上するものの、一般にそのアプリはスピードが遅く、サイズも大きくなるという欠点があります。PCと比較してハードウェア資源が圧倒的に劣る携帯電話ではこれが最大のボトルネックとなり、これまでこのアプローチが採られることはありませんでした。

この度、ソフィア・クレイドルはBREW向けアプリ開発環境“SophiaFramework”を“C++”と呼ばれるオブジェクト指向プログラミングの機能を中心にバージョンアップしました。それによって世界で初めてBREWアプリを“C++”で開発できる環境の実用化に成功しました。特長はスピード劣化を抑えた上で、コンパクトなサイズで、しかも信頼性の高いBREWアプリを簡単かつ短期間で開発できることです。“オブジェクト指向アプローチ”の再利用性を活かして、より高度なアプリを過去のアプリ資産をベースにして重層的に開発することすら可能です。また、理解しやすく、不具合が生じにくいプログラミングスタイルも提供します。

2005年10月3日より同製品β版無償トライアル受付を同社ホームページにて開始します。価格は1ライセンス30万円(税抜)から。ソフィア・クレイドルは年間500ライセンス以上販売することを見込んでいます。

無償トライアル受付URL : リンク
SophiaFramework URL : リンク
本プレスリリースURL : リンク

SophiaFramework Ver.3.0 の主な機能拡張
1.新しいクラスおよび関数の追加
・乱数クラス
・日付クラス
・DNS 解決クラス
・ブロックアロケーションをサポートするヒープ管理クラス
・POP3・SMTP プロトコルを扱うメール送受信クラス
・ARM 組み込みライブラリを利用可能にする関数
2.既存ライブラリの改良による開発支援の強化
・コードサイズと速度の最適化
・シミュレーター上でのメモリの確保・解放追跡機能強化
3.BREW 3.1対応
4.Visual Studio.NET とRealView Compilation Tools for BREWに対応

以上

このプレスリリースの付帯情報

SophiaFramework 3.0 β1 を用いた開発画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

【※1】BREW
読み方:「ブリュー」または「ブルー」
2001年1月に米国クアルコム社が発表した携帯電話向けソフトウェアの規格。「ブリュー」もしくは「ブルー」と読む。異なる携帯電話機のOSの仕様差を吸収し、単一のコンパイル後のプログラムをインターネットからダウンロードし、さまざまな携帯電話機でそのまま高速に動作できるように設計されている。日本ではKDDIが2003年2月よりBREWサービスを提供開始。NTT ドコモの一部の機種でBREWが採用されている。2005年10月現在、世界で24ヶ国45 の通信キャリアが採用しており、世界的な規模でその普及が急速に進んでいる。 

【※2】C++
読み方:「シープラスプラス」または「シープラプラ」
再利用可能なモジュールを組み合わせてプログラミングする、オブジェクト指向アプローチの観点からC言語を拡張したプログラミング言語。モジュール性と再利用性の観点から、C++によってプログラムの開発生産性が向上するに止まらず、保守性にも優れるというメリットがある。プログラムのスピードが遅くなり、サイズも大きくなるという点をデメリットとして挙げることができる。

【※3】SophiaFramework
読み方:ソフィア・フレームワーク
ソフィア・クレイドルが2002年8月に発表した、BREWアプリをC++プログラミングで開発することを世界で初めて実現した唯一のBREW向けC++オブジェクト指向開発環境。ユーザーインターフェース、通信、グラフィック描画、文字列処理など、ビジネス、コンテンツ、ゲームなどジャンルを問わず、あらゆるBREWアプリを開発するのに必要十分な“クラス”と呼ばれるプログラムモジュール群がラインナップされている。すでにKDDI公式EZアプリ(BREW)やビジネス系BREWアプリで多数の導入実績がある。

詳細情報URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。