logo

株式会社ミヤノ、株式上場にあたりSuperStreamを導入

月次決算が10営業日から5営業日に短縮/業務の標準化を実現

エス・エス・ジェイ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤祐次、以下 SSJ)は、自動旋盤メーカーとして、量産加工から高精度加工、周辺機器、システムまで、NC旋盤の専門メーカーとして、50年以上の歴史を持つ株式会社ミヤノ(本社:長野県上田市、代表取締役社長:齊藤佳春、以下 ミヤノ)が、SSJの統合業務パッケージSuperStream(スーパーストリーム)を導入し、月次決算の短縮、業務の標準化を実現し、上場企業としてより発展することを目指していることを発表致します。

ミヤノは1929年に東京亀戸で工業用精密ヤスリの工場から創設され、全国17営業所、2つの工場を持ち、「ものづくりを通じて、顧客、土地、従業員、株主の発展に寄与し、共に栄える企業」という企業理念を実践するため、顧客の「利益」の向上、共に栄える企業を目指すことを掲げています。そのため、ミヤノでは今年9月22日の株式上場を機に、会計システムにおける業務の効率化、最適化を積極的に進め、ものづくりを支えるシステムの導入を積極的に進めています。

ミヤノでは、旧システムの老朽化によるシステムの拡張性の問題や、株式上場で必要となる四半期決算対応などを解決するために、2004年4月頃から新しい業務システムの導入について検討を開始いたしました。いくつかのパッケージシステムを検討した中で、約4000社の導入実績やミヤノにおいて必要としていた業務を広くカバーできること、システム導入のサポート体制が整備されていることを評価し、2005年1月にSuperStream-CORE(基幹会計システム)、SuperStream-AP+(支払管理システム)、SuperStream-FA+(固定資産・リース資産管理システム)、SuperStream-PN+(手形管理システム)、SuperStream-field(分散入力システム)、SuperStream-Planning(戦略経営支援システム)の導入を決定いたしました。

SuperStreamの導入により業務の処理スピードが向上し、月次決算においては10営業日から5営業日に短縮され、休日対応や残業時間も大幅に削減されています。また、毎月作成する管理資料の作成時間も、SuperStreamで作成したCSVデータを利用して、従来半日を要していた管理資料の作成が、約1時間で作成できるようになりました。更に、SuperStreamにより業務の標準化が可能になり、データ入力などが分散され、負荷が大幅に軽減されました。

ミヤノは、「お客様の最高の削る技術パートナー」として、顧客満足に応えるため、より経営の発展に取り組み、業務の効率化を図っています。
 なお、今回のシステムの提案から導入、運用サポートにあたっては、富士通株式会社が担当しています。


■株式会社ミヤノについて
1929年に東京亀戸で工業用精密ヤスリの工場として誕生し、戦後のライターヤスリの製造から、AL-S25型という戦後初の自動旋盤の開発を行ってきました。以来、同社は自動旋盤、NC旋盤など自動機械の専業メーカーとして、セールス&サービス・ネットワークを世界35カ国以上に展開し、業界をリードしています。
設立:1929年5月 資本金:26億5,125万円(東証二部上場)
従業員数:380名(2006年6月30日現在) 売上高:218億5,300万円 (2005年度)
URL:リンク


■富士通株式会社について
設立:1935年6月20日 資本金:3246億2507万5685円 (東証一部上場)
従業員:158,491名(連結) / 36,820名(単独)(2006年3月31日現在)
URL:リンク
売上高:4兆7914億1600万円(連結) / 2兆8502億3500万円(単独) (2005年度)


■エス・エス・ジェイ株式会社について
エス・エス・ジェイ株式会社は統合業務パッケージ「SuperStream(財務会計・人事/給与)」の開発・販売を行っています。SuperStreamは1995年6月の発売開始以来、国内の中堅企業を中心に支持を受け、累計で4,284社(2006年3月現在)を超える導入実績があります。(そのうち約465社が店頭市場以上に公開。)販売開始から約10年間、様々な業種の業務ノウハウと日本の商慣習を充分にふまえた製品開発を続けており、基本的にノンカスタマイズ・ローコストでの短期間導入が可能です。特に機能の充実度については高い評価をいただいており、費用対効果の高い基幹システムの構築を実現します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事