logo

アルカテル、IBM、マイクロソフトの3社がトリプルプレイ/IPTV向け統合サーバー・ソリューションの提供に関し協力

 (5月23日、パリ発) 通信システム・機器メーカー世界大手のアルカテル(本社:フランス、会長兼CEO:セルジュ・チュルク)と米マイクロソフト(Microsoft Corp.)は5月23日、キャリアクラスのトリプルプレイ/IPTV(インターネット・プロトコル・テレビジョン)サービス用ソリューションの提供に向け、米IBMのサーバーシステム技術を採用することを発表しました。

 IBMとアルカテルの既存のOEM契約と今回の提携により、IBMは、アルカテルとマイクロソフト共同のIPTVエコシステムの主要メンバーとなります。3社は、トリプルプレイ・サービスを展開している通信事業者にこれらの先端システムを提供するため、協力していきます。

 IBMのサーバーとストレージ・ソリューションを最適化し、アルカテルの「Triple Play Service Delivery Architecture(TPSDA)」のソフトウェア・プラットフォームである「Microsoft(R) TV IPTV Edition」の優れたサポート性能を提供します。また、3社は、世界市場への製品投入に向けて、販売とマーケティング活動も共同で行います。

 アルカテルのネットワーク・アクセスに関するノウハウ、IBMの実績あるサーバー・ソリューション、マイクロソフトのソフトウェア技術および包括的なソフトウェア・プラットフォーム「Microsoft(R) IPTV Edition」を組み合わせることにより、通信サービスプロバイダのシステムの性能とアーキテクチャの拡張性を改善し、サービス開始までにかかる時間を短縮することができるものと期待しています。さらに、本協力体制には、パフォーマンス・テストと統合への先行投資により、サービスプロバイダのパフォーマンスを向上し、CAPEXを抑える可能性を秘めています。

 アルカテル、固定通信ソリューションビジネス事業部プレジデント、モニカ・マウラー(Monika Maurer)氏は次のように述べています。
 「トリプルプレイ・サービスを提供しようとしている世界大手サービスプロバイダの主要なパートナーおよびサービス・インテグレーターである当社の顧客は、プロジェクトの全般において当社のガイダンスを頼りにしています。IBMやマイクロソフトなど定評のあるリーダー企業と協力することによって、当社は、次世代ネットワークの展開に必要な柔軟性や信頼性を顧客に提供すると同時に、エコシステムの性能について非常に大きな自信を持ち続けることができます。」

 IBM、システムズ・アンド・テクノロジー・グループ、バイス・プレジデント、ジム・ペルツボーン(Jim Pertzborn)氏は次のように述べています。
 「IBMは、アルカテルとマイクロソフトの顧客に、統合IPTVソリューション向けの主要なサーバー・プラットフォームを提供することができ光栄です。IBMの幅広い『xSeries(TM)』技術や『BladeCenter(TM)』技術を利用することにより、アルカテルとマイクロソフトは、信頼性と拡張性があり、コスト効率の良いIPTVソリューションを顧客に提供することができます。」

 マイクロソフト、TV部門マーケティング担当ゼネラル・マネージャ、クリスティーヌ・ヘッカート(Christine Heckart)氏は次のように述べています。
 「アルカテルとIBMとのジョイント・コラボレーションは、成長するIPTV業界の妥当性確認を意味するものです。業界をリードするこれらの企業と協力することにより、当社は、サービスプロバイダが面白く新しいテレビサービスを消費者にコスト効率良く提供できるようにすると同時に、『Microsoft(R) IPTV Edition』プラットフォームを強化し続けることができます。」


<マイクロソフトについて>
 1975年創業のマイクロソフト(Microsoft)は、ソフトウェア、サービス、ソリューションの提供において世界をリードしており、個人や企業がその可能性を最大限に引き出すことができるようサポートしています。

<アルカテルのユーザー・セントリック・トリプルプレイについて>
 アルカテルは、高まりつつある個人向けおよびインタラクティブサービスへのニーズに応えるため、世界中の通信事業者がネットワークを移行し、エンドユーザが新たにサービスを利用できるようにします。アルカテルのユーザー・セントリック・トリプルプレイは、ブロードバンド技術、IPネットワーキング、光通信、新マルチメディア・アプリケーションおよびビデオ・アプリケーション、エンド・トゥ・エンドのサービス統合などの分野でのリーダーシップが生かされています。エンドユーザは、様々なデバイスやネットワークを通じて簡単かつシームレスに提供されるビデオ・オン・デマンド、パーソナルテレビ、コミュニティ・チャンネル、オンラインゲーム、音楽・写真・ホームビデオの共有など、ユニークでエキサイティングなサービスを利用することができます。
 現在、アルカテルは、米AT&T(SBC)、ベルサウス、フランステレコム、スイスコム、ファストウェブ、中華電信など、全世界で35件以上のトリプルプレイ・ネットワーク・プロジェクトに関わっています。詳しくは、リンク をご覧ください。

<アルカテルについて>
 アルカテル(ALCATEL)は、フランスを本拠とする世界屈指の電気通信システム・機器メーカーで、通信事業者やサービスプロバイダ、一般企業に対し、音声、データ、ビデオ・アプリケーションなどへの通信ソリューションを世界規模で提供しています。固定および移動体通信向けブロードバンドネットワーク、アプリケーション、サービスの分野において主導的な地位を占め、ユーザー視点の“ブロードバンドワールド”の創造に寄与しています。
 世界130ヶ国以上でビジネスを展開し、連結総売上高は131億3,500万ユーロ(約1兆8,500億円)(2005年度)。URL:リンク

<日本アルカテル株式会社>
 日本では1987年より事業を展開、アルカテルの各事業部門の統合的なサービスを提供しています。
所在地:〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティー A棟27F/
代表取締役社長:西山直人/創業:1961年12月、設立:1987年5月/
資本金:4億6,400万円/従業員数:80名/URL:リンク


  ………………………………………………………………………
            本件に関するお問い合わせ先:
             日本アルカテル株式会社
         TEL:03-5715-6300 FAX: 03-5715-6333
            E-mail:info@alcatel.co.jp
  ………………………………………………………………………

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。