logo

パケッティア、WAFS製品ベンダーのタシット・ネットワークスを買収

 WAFS(ワイドエリア・ファイル・サービス)製品に注目が集まり始めたのは、2005年半ば。個人情報保護法案の施行、日本版SOX法(仮称)の施行が2008年に控えている中、セキュリティおよびコンプライアンスの観点とクライアントと分散されたサーバ間の通信を最適化する事が可能となるソリューションの需要が急速に高まってきました。
 そのような背景の中、パケッティア(Packeteer(R), Inc. (NASDAQ: PKTR))は、米国時間 2006年5月9日、WANアプリケーション最適化のグローバルリーダーであるタシット・ネットワークス(Tacit Networks、本社:米国ニュージャージー州)を約7,800万ドルで買収したと発表しました。

 タシット・ネットワークスは、CIFS(Common Internet File System)、WAFSとマイクロソフト社のDNS、DHCP、プリントサービスを含めるサービスを提供し、拠点支社サーバの維持・管理を不要にします。また、本社 または、データセンタ、支社、支店、モバイル環境に至るまで顧客のオフィス環境を全て網羅できる唯一のソリューションを提供しています。

 パケッティアは、今回の買収により、WANアプリケーション高速化ソリューションを単一の企業として提供可能となりました。

<パケッティアについて>
パケッティア(Packeteer(R), Inc., (NASDAQ: PKTR))は、WANアプリケーション・トラフィック管理分野におけるリーディング・カンパニーです。全世界50カ国以上で7,000社を超える企業に導入され高い信頼性を得ています。パケッティア社は、その独自の通信制御の特許取得技術により、ネットワーク・トラフィックの統合管理、分析、制御、高速化を可能にし、柔軟性、拡張性のあるITインフラを提供し、企業がネットワーク資産を有効活用することを実現します。同社詳細につきましては、www.packeteer.co.jpをご参照ください。


   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            読者からのお問い合わせ先:
       パケッティア ジャパン インク マーケティング部
     TEL:03-5339-7925 E-mail: marketing@packeteer.co.jp
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事