logo

エスマテック、R&D およびプロダクト部門を再編成、製品開発とマーケティングへの注力を強化

エスマテック株式会社 2006年05月11日 16時00分

[スイス、チューリッヒ州デューベンドルフ発----2006年5月11日]
通信、双方向メディア、家庭用電気製品市場向けに世界水準のソフトウェアソリューションとサービスを提供する大手プロバイダのエスマテック(SWX:ESMN)は本日、同社が組込みソフトウェア製品の開発とマーケティングをこれまで以上に重視し、この分野への注力を強化していく方針を明らかにすると共に、これに伴ってプロダクトおよび R&D 部門を再編成したと発表しました。新設されたモバイル・オペレータ事業部はこの再編成の対象とはならず、今後も引き続き独立した事業部として業務を展開する予定です。

プロダクトおよび R&D 部門は、Embedded Mobile、Interactive Multimedia Solution、End-to-End Mobile Solutions及びMobile Advertisingという 4 つの製品ラインに沿って構成され、各製品ライン部門が、製品改革、研究開発、製品戦略およびロードマップ策定から顧客への製品納入に至るまで、製品のライフサイクルを一貫して管理します。

最高マーケティング責任者として新しいプロダクト部門の戦略とオペレーションの指揮を執るジョルジュ・ブロアは、次のように語っています。「エスマテックは、短期間で、最高の技術による携帯電話用の Java バーチャルマシン ソフトウェアの大手プロバイダへと急成長しました。今回の再編成は、将来的な市場の需要に応えるソリューションを提供することを目的としており、コンシューマ向けのインタラクティビティ機能やパーソナライズ機能の向上を目指したアプリケーションやソフトウェアソリューションの統括的な製品群に特に注力していきたいと考えています。」

最高技術責任者(CTO)として、エスマテックの主要目標を達成したアン=マリー・ラーキンは、新たなキャリアへの挑戦を目指すこととなりました。同氏は、2004 年初めに同社の CTO に就任し、組込み Java 分野における技術のリーダーとしてのエスマテックの地位を確立する上で重要な役割を果たしてきました。また、エスマテックの株式公開にあたり、特筆すべき貢献を果たしました。同氏は、2006 年 6 月末日をもって退社する予定です。

また、エスマテックの共同設立者であるビート・ヒーブ博士およびダニエル・ディエス博士も、キャリア開発における新たな可能性と分野を試したいという希望により、2006 年 6 月末付で退任することとなりました。両氏は、今後もテクノロジ・コンサルタントおよびアドバイザとしてエスマテックへの支援を継続します。

エスマテック会長兼最高経営責任者であるアラン ブランカートは次のように述べています。「ラーキン氏、ヒーブ氏、およびディエス氏がエスマテックを去ることを残念に思っています。ヒーブ氏とダニエル氏は、設立当初からエスマテックの中心的な存在でした。新たな挑戦と変化を求める 3 人の決意は十分に理解しており、新しい環境での成功を祈っています。また、ラーキン氏は、卓越した技術力へのこだわりと強固なリーダーシップを以って、同社の重要な成長過程において多大な貢献を果たしてきた人物です。同氏の献身的な姿勢と功績に感謝の意を表するとともに、次の挑戦での成功を祈っています。」


Esmertecは、エスマテックAGの商標です。
JavaはSun Microsystems Inc.の商標です。


エスマテックについて
エスマテックは通信、双方向メディア、家電品市場向けに世界水準のソフトウエア・ソリューションとサービスを提供する大手プロバイダです。小型化と大量採用を追求するエスマテックのワイヤレスJava™ MEソリューション、携帯用アプリケーション、オブジェクト指向ソフトウエアプラットフォーム(OSVM™)は、さまざまなハードウェア環境から最大の性能を発揮するように設計されています。エスマテック・セリシウムの携帯ブラウジングのソリューション、アプリケーション、サービスは、携帯通信事業者向けに最高級ターンキー・ソリューションとして設計されたものです。
エスマテックは1999年に創立され、スイス・チューリッヒに本社を置くグローバル企業です。スイス、中国、デンマーク、フランス、日本、シンガポール、韓国、台湾、英国、米国の各地に拠点を置き、開発、販売、顧客サポートを行っています。エスマテックが提供している製品その他詳細につきましては、www.esmertec.comをご覧下さい。

エスマテック株式会社について
エスマテック株式会社はスイス エスマテック社80%出資の日本法人です。Javaの先端技術及び日本市場を熟知した営業・技術活動により、半導体、携帯電話、家電製品メーカ向けに、エスマテックの製品、ソリューション及び技術サポートを提供しています。

本件についてのお問い合わせ先

エスマテック株式会社
山本 三緒
Tel; 03-5456-5654
Email: mio.yamamoto@esmertec.com

Esmertec AG
Leng Stricker-Wong
Tel; +41 44 823 8954
Email: lstricker@esmertec.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。