logo

スターリングコマース2006 年度第1四半期マジック・クアドラントにおいてB2Bゲートウェイ プロバイダーのリーダーに位置付けられる

米国時間2006 年2 月28日付けにて、米スターリングコマース社から発表されたリリースの抄訳です。

マルチエンタープライズ・コラボレーション・ソリューションを提供する世界的プロバイダーであり、米AT&T社(NYSE:T)の子会社であるスターリングコマースは、ガートナーのB2Bゲートウェイの2006年度第1 四半期マジック・クアドラント(注1)において、同社がリーダー・クアドラントに位置付けされたことを発表しました。2006年1月19日発表のインテグレーション サービス プロバイダーの2006年度第1四半期マジック・クアドラント(注2)においてリーダー・クアドラントに位置づけられたという発表に引き続き、2つめの発表となります。

ガートナーによれば、「リーダー・クアドラントに位置づけられたベンダーは、市場において高収益をあげ、市場に貢献し、高い市場シェアと導入実績を持ち、製品自体が広範囲なユーザに高い興味をもたれているベンダーであるといえます。また、この分野におけるリーダーは、意図的か否かにかかわらず、進出した市場に対し、専門知識と説得力のあるメッセージを提示してきました。」

「B2Bゲートウェイは、業界特性にかかわらず、あらゆる規模の企業において、継続的に高い需要があります。ベンダーは、データの容量や形式にかかわらず、企業のB2Bコミュニケーションの統合や集中化手段の提供にはじまり、内部統合(結果的に統合されたデータは外部化を伴う)や取引先間のサービス交換基盤の提供にいたるまで、そのB2Bゲートウェイの機能を拡張してきました。」と、レポート作成者は語っています。

「B2Bゲートウェイの市場の発展は、当社製品の強みおよび当社のビジョンであるマルチエンタープライズ コラボレーションに直接的に結びつきます。B2Bゲートウェイにおけるリーダー・クアドラントに位置づけられたことは、企業が、企業の枠を越え、顧客、ベンダー、取引先との相互接続を統合、拡張、管理、改善することを支援するという当社の方針をより確実なものとすると信じています。」と、スターリングコマース社の社長兼CEOであるサム・スターは語っています。

マルチエンタープライズ コラボレーションは、企業が、サプライヤ、顧客、取引先、投資家などとの相互接続を改善するために、コラボレーションの阻害要因を取り除きます。スターリングコマースは、Sterling Integrator (北米における製品名:Gentran Integration Suite)の広範囲にわたるB2Bインテグレーション機能により、マルチエンタープライズ コラボレーションを実現します。サービス指向アーキテクチャ(SOA)ベースで構築されているため、Sterling Integratorは、バックエンド システムや世界中に点在するビジネス パートナーで構成される企業の拡張企業との間におけるビジネスプロセスを円滑に行う、プロセス指向で標準ベースの単一プラットフォームを提供します。

取引先管理、安全な通信、インテグレーション、データフォーマット変換、Webサービス、ビジネスプロセス管理(BPM)、マネージド ファイル転送、ビジネス アクティビティ モニタリング(BAM)を含むB2Bのための包括的な機能の提供により、Sterling IntegratorはITの複雑性の解消、ビジネス パートナーの効率的管理、拡張企業全体にわたるエンド・ツー・エンドの可視性の向上を実現します。Sterling Integratorは、費用効果の高いソリューションの提供により柔軟性を提供し、AS2、RosettaNet、ebXMLなどのオープンスタンダードやインターネット/レガシープロトコルによる、迅速かつ確固たる法規制対応を実現し、また、長年にわたりお客様が望んでいたマルチエンタープライズ統合、ビジネスプロセス管理、B2B機能など一連の機能を、段階的に追加導入していくことができる戦略的プラットフォームを提供します。


注1: ガートナー マジック・クアドラントについて
本マジック・クアドラントは、2006年2月22日(注1)、2006年1月19日(注2)にガートナーが著作権を有しており、その許諾を得て再掲したものです。マジック・クアドラントは、特定の時点や期間における、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナーの採用した定義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた場合の評価をガートナーが分析したものです。ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。マジック・クアドラントの用途はリサーチ・ツールに限定されており、特定の行為に導く意図を有しておりません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

(注1) Gartner, Inc., “Magic Quadrant for B2B Gateway Providers, 1Q06,” by Frank Kenney, 22 February 2006.
(注2) Gartner, Inc., “Magic Quadrant for Integration Service Providers, 1Q06,” by Benoit J. Lheureux and Paolo Malinverno, 19 January 2006, GJ06079

スターリングコマース株式会社について  URL:  リンク
スターリングコマース株式会社(本社:東京都港区)は、米国スターリングコマース社の日本法人であり、日本国内におけるビジネスインテグレーションソリューションおよびサービスを提供しています。

スターリングコマース社について   URL:  リンク
スターリングコマース社(Sterling Commerce, Inc. 本社:米国オハイオ州)は、2005年に創立30周年を迎え、企業の枠を超えて、取引先、サプライヤ、顧客、従業員のプロセスを拡張させ、ビジネスの可視化を実現する分野において活動をつづけてまいりました。AT&T社の100%子会社であり、マルチ・エンタープライズ・コラボレーション・ソリューションの世界最大手プロバイダーです。流通、消費財、製造、金融、ヘルスケア、通信などさまざまな業種の29,000を超える世界中のお客様の、コラボレーティブなマルチ・エンタープライズ・コミュニティの構築を支援しています。

AT&T社について   URL:   www.TheNewATT.com/
AT&T Inc.は世界最大の通信事業会社であり、米国国内において最大規模の企業です。AT&Tブランドのもと、グローバルな事業展開をするAT&Tグループは、企業向けIP通信サービスで世界的な企業であり、さらに高速DSLインターネット、市内および長距離通話、電話帳出版および広告サービスにおいても米国最大の事業社です。AT&T Inc.は、米国No.1の携帯通信事業社として5,200万以上の顧客をもつシンギュラー・ワイヤレス社(Cingular Wireless)の株式を60%保有しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事