logo

ICインサイツ社が主要O-S-Dサプライヤトップ20社をランキング

ランキングに含まれないアジア太平洋地域の企業

米国の半導体専門調査会社であるICインサイツ社は、オプトエレクロニクス、センサ/アクチュエータ、ディスクリートの3つの半導体製品群(O-S-D)の販売高から、2005年の上位20ベンダをリストアップした。

米国の半導体専門調査会社であるICインサイツ社は、オプトエレクロニクス、センサ/アクチュエータ、ディスクリートの3つの半導体製品群(O-S-D)の販売高から、2005年の上位20ベンダをリストアップした。ICインサイツ社の調査レポート「OSD市場調査 2006年:オプトエレクトロニクス、センサ、ディスクリート半導体市場分析・予測 - OSD Report 2006 :Optoelectronics Sensors, and Discretes」によると、2005年のO-S-D売上の首位は25億ドルの東芝、20位は6億ドルのOsramだった。

図1に示されるように、20社のO-S-Dベンダの内、9社が日本、7社が米国、4社がヨーロッパの企業である。日本以外のアジア太平洋地域の企業は2005年のO-S-Dランキングのトップ20社にはなかった。主要なアジア太平洋地域の半導体参入企業は、過去25年間O-S-D市場セグメントを全く無視しており、トップ20社のO-S-Dベンダランキングは日本、米国、ヨーロッパの企業だけが占めてきた。

O-S-Dベンダランキングのトップ20社にアジア太平洋地域の企業が含まれていないのと同様に、オプトエレクロニクス、センサ/アクチュエータ、ディスクリートのそれぞれの半導体製品における2005年の上位10位にもはいっていない。しかし、今後数年の間に、台湾や中国のデバイスメーカーが、オプトエレクロニクスとディスクリートのランキングに登場するとICインサイツ社は見ている。2005年には、台湾のLite-On Technologyが惜しくもトップ20社を外れたが、2005年のO-S-D半導体収益は、20位から2400万ドルだけ下回る5億5400万ドルだった。

ICインサイツ社の調査レポート「OSD市場調査 2006年:オプトエレクトロニクス、センサ、ディスクリート半導体市場分析・予測 - OSD Report 2006 :Optoelectronics Sensors, and Discretes」は、オプトエレクロニクス、センサ/アクチュエータ(MEMSを含む)、ディスクリートの3つの半導体製品市場を調査している。市場概観、最終アプリケーション、開発動向、主なベンダランキングを約200ページにわたって詳述している。半導体市場で成長しているオプトエレクロニクス、センサ/アクチュエータ、ディスクリートについての市場分析と予測データを提供している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
OSD市場調査 2006年 :オプトエレクトロニクス、センサー、ディスクリート半導体市場分析および予測
OSD Report 2006 :Optoelectronics Sensors, and Discretes
A Market Analysis and Forecast for Optoelectronics, Sensors, and Discretes
リンク

ICインサイツ (IC Insights) について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

[図1] O-S-D 半導体サププライヤートップ20

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。